▲ ページ上へ


















赤塚博美・水野佐知香・神谷百子 2018 in 銀座

 メッセージ・フォー・ユー 2018 赤塚博美・水野佐知香・神谷百子 2018 in 銀座ヤマハホール

メッセージ・フォー・ユー 2018 in 銀座ヤマハホール
赤塚博美 El-org  水野佐知香 Vn  神谷百子 Mar


Message for You     ~ 新しいサウンドへの挑戦 ~

渡辺 俊幸   Prayer to the future world
N. ヘス     ラヴェンダーの咲く庭で
渡辺 俊幸   おひさま
梶谷 修     Fifth Labyrinth for Muse
山下 康介    委託作品 ( 初演 )


 赤塚博美 あかつかひろみ 電子オルガン奏者 赤塚 博美     電子オルガン
水野 佐知香     ヴァイオリン、弦楽器製作家 坂本忍 さかもとしのぶ イタリア・クレモナ在住 ヴァイオリン
神谷 百子     マリンバ


お問い合わせ : 050-5326-4332 ( Message for You )


2018年04月27日 (金) 19:00

於 : 銀座ヤマハホール     ≫ アクセス
〒104-0061 東京都中央区銀座 7-9-14 銀座ヤマハビル 7F   ☎ 03-3572-3171

 赤塚博美・水野佐知香・神谷百子 2018 in ヤマハホール

   ≫ 小諸高校 音楽科ニュース

 コンサート ご感想ページ へ


【 館主敬白 】 かつて一時期、爆発的なブームを引き起こしたエレクトーン。 クソガキ時代、将来的にピアノは市場から消滅してしまうのではないかと大人たちが語っていたのを覚えてます。 現在の商品がどのくらの機能を誇っているのか知りませんが、40年前ですら、素晴らしく格好よく多機能でした。 ただ、その頃、ある意味絶頂期を迎えた頃からエレクトーンは巷の話題に上がらなくなっていき、ピアノが楽器店から消える事もなく … 今では店頭の片隅に、ずらりと並んだピアノの向こう側にひっそりと1台のエレクトーンを見かける事が多いような気がします。

原因として、一つにはシンセサイザーの台頭があるかと思いますが、エレクトーンの多機能ゆえの苦悩、一つ一つの機能にさらなる深みを表現出来ていない部分が最大の問題ではないかと個人的には思っており、この想いは基本的に今も変わりません。

が … 2016/12/03、小諸高校音楽科、第20回卒業演奏会という、音楽科の高校生の卒業試験も兼ねたコンサートで、ある生徒さんが電子オルガンでブラームスの交響曲1番 ( 第一楽章 ) を弾かれたのを聴かせて頂き、その想いに変化が生じた事も事実です。 編曲も展開部くらいまでは本当に見事でした。 あ、この表現力は凄い。 こういうやり方もあるのか って思いました。 冨田勲さんの最初のシンセサイザー・アルバム 『 月の光 』 を初めて聴いた時の驚きが まざまざと体中によみがえって来るのを感じました。

今回ご出演の赤塚博美さんは、小諸高校の講師も務めていらっしゃいます。 小諸高校音楽科に電子オルガンの講師は2名いらっしゃり、上記生徒さん ( 松下紗弓 クン ) が直接赤塚先生のご担当かどうか存知上げないのですが …

赤塚さんばかり採り上げて参りましたが、このメンバーは素晴らしく、その中に赤塚さんがいらっしゃる事も誇らしいです。 小諸高校の生徒さんは幸せだと思います。 赤塚先生、若者たちにぜひ厳しいご指導をお願いしたいです。

そして、このコンサートで、私のささやかなエレクトーンへの認識も、この楽器って もっと可能性のあるものである事を、赤塚先生に厳しくご指摘頂きたいものです。


エレクトーンってヤマハの商品名なので、一般的には電子オルガンと呼ぶのが正しいらしいです。 ピアニカも鍵盤ハーモニカだし、味の素を化学調味料 ( 現在はうま味調味料なのだとか ) と呼ぶようなものでしょうか。 っても 、もう ほとんどの日本人がそういう認識になっちゃってるんだから、味の素は味の素でいいと思うんですけどねー。

[ 2018/04/19 22:13 ] 公演予定・元 公演予定 | TB(-) | CM(-)

大森晶子 ショパンピアノ協奏曲 2018 in メセナ

 須坂メセナホールオーケストラ演奏会 2018 大森晶子 ショパン ピアノ・コンチェルト 第1番  大森晶子 おおもりあきこ ピアノ奏者 ピアニスト  大森晶子 おおもりあきこ ピアノ奏者 ピアニスト  須坂メセナホールオーケストラ  須坂メセナホールオーケストラ

 大森晶子 ショパンピアノ協奏曲 2018 in 須坂メセナホール

須坂メセナホールオーケストラ演奏会 2018
大森晶子 ショパン ピアノ・コンチェルト 第1番



モーツァルト   歌劇 『 皇帝ティートの慈悲 』 K621 序曲

モーツァルト   ヴァイオリン協奏曲 第3番 ト長調 K216

ショパン       ピアノ協奏曲 第1番 ホ短調 作品11

ラヴェル      組曲 『 クープランの墓 』


工藤 俊幸     指揮
 細川奈津子 ほそかわなつこ ヴァイオリン奏者 ヴァイオリニスト 細川 奈津子     ヴァイオリン、弦楽器製作家 坂本忍 さかもとしのぶ イタリア・クレモナ在住 ヴァイオリン
 大森晶子 おおもりあきこ ピアノ奏者 ピアニスト コレペティトール プロデューサー クラシック音楽指導者 大森 晶子     ピアノ

須坂メセナホールオーケストラ   管弦楽


主催 : (一財) 須坂市文化振興事業団 / メセナホール友の会
( お問い合わせ : 須坂市文化会館 メセナホール   ☎ 026-245-1800 )


2018年04月29日 (日)  14:00

     13:15 開場   13:30 ~ 13:45 ロビーコンサート 開催

於 : 須坂市文化会館 メセナホール 大ホール     ≫ アクセス
〒382-0098 長野県須坂市墨坂南4-5-1   ☎ 026-245-1800

 須坂メセナホールオーケストラ演奏会 2018 大森晶子 ショパン ピアノ・コンチェルト 第1番

   ≫ 小諸高校 音楽科ニュース

 コンサート ご感想ページ へ


【 館主敬白 】 昨年 ( 2017 ) 10月、日本音楽コンクールの本選会 を採り上げさせて頂きました。 当時、当館に掲載したいコンサートが見当たらず困り果て美女に相談したところ 「 厳密にはコンサートじゃないんですけどね 」 というコメント付きで提案して頂いたのです。

若い頃、コンサート通いに明け暮れていた時期があり、音コン ( 当時は 毎コン と呼ばれてました ) の本選会にも足しげく通わせて頂いておりました。 誰が優勝するか、とか、当時からあまり興味はなく、例えばメンデルスゾーンのコンチェルトを別の人の演奏で続けて4回聴ける ってのが楽しかったのです。 もちろん個人的な好き嫌いは生じますし、残念ながらうまくいかない人も出てくるのですが … まぁ 個人的には そんな事はどうでもよく、それぞれ、みんな違ってみんないいのでした。 多少ミスがあったって、その人の伝えたい気持ちは充分伝わってきます。

そんなこんなで、音コンのホームページから過去の受賞者などを懐かしく眺めていて … そっかぁ、中村紘子さんと前橋汀子さんは同期なんだぁ、とか、千住真理子さんと堀米ゆず子さんも同期なんだぁ、ヴィンテージだなぁ、なぁ~んて思っていたら、その千住さんのすぐ上に 大森晶子 の活字が! 目に飛び込んで来たではないですか!

大森さんのプロフィールは当館でもまとめさせて頂いており、音コン3位も漠然と知っていたはずなのですが … 申し上げたとおり、私、優勝者とかには興味が薄く、千住さんも堀米さんも聴かせて頂いてるはずなのですが覚えてなく、もちろん大森さんも同様でした。 でも、森正指揮の東フィル、日比谷公会堂でのショパンの1番だったら、ほぼ間違いなく聴かせて頂いてると思います。 大森さんとは、こんな頃からご縁があったのかなぁ と、( 大森さんにはご迷惑かもしれませんけど ) 嬉しくなってしまいます。 ごめんなさいね。 ^^

彼女、当時はどんなピアノ、弾かれていたのでしょうか。

今年こそは大森晶子関係は年1回以下にするぞ! って決意は固いのですが、採り上げさせて頂きたいと思っているコンサートは本公演ではありません。 でも、大森さんとの想い出深いショパンの1番だとしたら、老いた体も血沸き肉躍るってもんです。

[ 2018/04/19 22:12 ] 公演予定・元 公演予定 | TB(-) | CM(-)

アールリリック 2018 春 フランスオペラの誘惑

 アール・リリック 2018 春 フランスオペラ・コンサート  アール・リリック 2018 春 フランスオペラ・コンサート

アトリエ・デュ・シャン 村田健司 歌工房 フランスオペラの誘惑
アール・リリック 2018 春 ( 前期 ) フランスオペラ コンサート



2018年04月30日(月・祝) 19:00        ( 全字幕付き )

サン = サーンス 『 黄色いプリンセス

 村田健司 むらたけんじ 声楽家 バリトン

   西尾 京子     レナ
   琉子 健太郎   コルネリス
   石川 真帆     ピアノ

メサジェ 『 お菊夫人 』 より

   国分 晴香     お菊
   尾崎 千鶴     お雪
   浅田 亮子     お梅
   中川 裕子     いちご
   所谷 直生     ピエール
   木村 雄太     イヴ
   石井 怜      勘五郎
   相田 久美子   ピアノ



2018年05月13日(日)    19:00

トマ 『 ハムレット 』 より

   岩田 健志     ハムレット
   鈴木 亜希子   オフェリー
   別府 聡子     王女
   大塚 博章     国王
   小田桐 貴樹   亡霊
   安田 結衣子   ピアノ

プーランク 『 カルメル派修道女の対話 』 より

   石井 揚子     ブランシュ
   秋田 薫      コンスタンス
   谷 和美      メール・マリー
   久利生 悦子   院長
   増田 紋子     新院長
   石井 怜      司祭
   北野 晃司     騎士 ( ブランシュの兄 )
   伊坪 淑子     ピアノ


2018年05月25日(金)    19:00

マスネ 『 マノン 』 より     ≫ あらすじ

   田村 きの      マノン
   奥山 晋也     デ・グリュー
   上田 早智子   ピアノ

プーランク 『 人の声 』

   糸田 陽子     女
   伊坪 淑子     ピアノ

ドリーブ 『 ラクメ

   秋津 緑      ラクメ
   中川 誠宏     ジェラール
   東 ゆか      マリカ
   吉永 研二     ニラカンタ
   菊地 沙織     ピアノ


2018年05月27日(日)    19:00

トマ 『 ハムレット 』 より

   四津谷 泰子   オフェーリア
   木村 雄太     ハムレット
   清水 佐和子   ピアノ

グノー 『 フォースト 』 より   ( ファウスト )

   齋藤 育子     マルグリート
   玉川 誠治     フォースト
   清水 佐和子   ピアノ

マスネ 『 サンドリヨン 』   ( シンデレラ )

   川口 詩子     サンドリヨン
   進 美沙子     王子
   福山 絵里     妖精
   中原 和人     父
   池上 祥子     母
   梅原 薫      姉
   東 ゆか      妹
   岩田 健志     国王
   伊藤 友香     ピアノ


主催・お問い合わせ : アトリエ・デュ・シャン   ( 村田健司・歌工房 )


2018年04月30日(月・祝) 19:00
2018年05月13日(日)    19:00
2018年05月25日(金)    19:00
2018年05月27日(日)    19:00

於 : 大泉学園 ゆめりあホール     ≫ アクセス
〒178-0063 東京都練馬区東大泉 1-29-1   ☎ 03-5947-2351

 アール・リリック 2018 春 フランスオペラ・コンサート  アール・リリック 2018 春 フランスオペラ・コンサート
※ ご出演者でウェブサイト等をお持ちの方はリンクを貼らせて頂きます。 ただし、1年以上更新の無いブログはお控え下さい。 返礼のための相互リンクなどは一切不要です。 ウェブサイトをお持ちでない方はプロフィール・ページをお作り致します。 また、既にプロフィール・ページのある方の画像の差し替え、テキストの修正などもお受け致します。 削除依頼も含め、お気軽にお申し付け下さい。 まずはメールフォームよりお願い致します。

 コンサート ご感想ページ へ


【 事務局便り 】 ワイン搾りの、最初の一滴みたいなコンサートです。 古いワイン・ボトルの底に静かに沈む澱 ( おり = 沈殿物 ) 、みたいな言い方も出来るかもしれません。 毎年春と秋、それぞれ3日ほど ( 今回は4日 ) 開催されており、せめて年に一度、数年通い続けるとあなたもいっぱしのフランス・オペラ通、というシリーズ企画です。 事務局といたしましてはラクメのデュエットなんかを ゆったり聴かせて頂きたいかも。 Bell Song はやってくれるのかなぁ、秋津さん、見せ場ですよね。 4月30日の日本シリーズ ( 今年の日本シリーズはどうなるのでしょうか ) なども必聴です。 プッチーニの 『 蝶々夫人 』 のフランス版です。

ラクメで思い出しましたが、以前 『 まりか 』 さんというピアニストさんがご出演されてなかったでしょうか。 どういう字だったのかも覚えてませんが、ラクメと聞くと 『 まりか 』 さんを思い出します。

このコンサートにつきましては、上記パンフレットの裏面に、主催されている村田健司さんの文章が載っており、それに尽きます。 今年で15年目、100回を超える公演を続けてこられたことに敬意を表するばかりで、当館として申し上げる事はあまりありません。 画像をクリックして頂くと拡大画面が表示されますので、ぜひ そちらにも目を通して頂きたいと思います。


追記 : 上記 『 まりか 』 さんですが、早速お客様より長崎麻理香さんではないかと投稿を頂きました。 たしかにそのとおりで、当館の過去の記事にもお名前が載っておりました。 麻理香さん、てか、長崎さん、ベロフさんに師事されてるんですね。 私は演奏家を一人あげるとしたら、やはりミシェル・ベロフかなぁ って思っているベロフ・ファンで … 知り合いにコンセルヴァトワール卒の方が何人かいらっしゃり、そういう方たちが 「 あ、廊下で見かけた 」 とかって言ってるだけで猛烈に羨ましくなってしまうのですが … そうですか、ベロフさんとお話されてるんだ。 握手くらいされてますよね。 いいなぁ。

※ 私事で申し訳ありませんが、この度、2018/04/04 付けの人事異動により、事務局員として再出発する事となりました。 よって、コメントのタイトルを 【 事務局便り 】 とさせて頂いております。

[ 2018/04/19 22:11 ] 公演予定・元 公演予定 | TB(-) | CM(-)

松本バッハ祝祭アンサンブルⅥ 2018

 松本バッハ祝祭アンサンブル6 2018 松本市音楽文化ホール  松本バッハ祝祭アンサンブル6 2018 松本市音楽文化ホール

コーヒー・カンタータ in ザ・ハーモニーホール ( 松本 )
小林道夫 & 松本バッハ祝祭アンサンブル Ⅵ 2018



バッハ

   カンタータ 第54番 『 罪に断固立ち向かうべし 』 BWV 54 
   カンタータ 第184番 『 待ち望みし喜びの光よ 』 BWV 184
   カンタータ 第211番 『 おしゃべりはやめて、お静かに 』 BWV 211
                “ コーヒー・カンタータ ”


松本バッハ祝祭アンサンブル     ≫ メンバー紹介

   小林 道夫   指揮

    金成佳枝 かねなりよしえ 声楽家 ソプラノ 金成 佳枝   ソプラノ
   小原 伸枝   アルト
   松原 友     テノール
   小原 浄二   バス

   桐山 建志 、 鍋谷 里香廣海 史帆   第1ヴァイオリン
   大西 律子 、 花崎 淳生            第2 ヴァイオリン、弦楽器製作家 坂本忍 さかもとしのぶ イタリア・クレモナ在住 ヴァイオリン
   深沢 美奈 、 長岡 聡季            ヴィオラ
   花崎 薫      チェロ、弦楽器製作家 坂本忍 さかもとしのぶ イタリア・クレモナ在住 チェロ 
   櫻井 茂     コントラバス
   北川 森央    第1フルート
   岩崎 花保    第2フルート
   大塚 直哉    チェンバロ


主催・お問合わせ : 松本市音楽文化ホール   ☎ 0263-47-2004


2018年05月06日 (日)  15:00

於 : 松本市音楽文化ホール ( ザ・ハーモニーホール )     ≫ アクセス
〒390-0851 長野県松本市島内 4351   ☎ 0263-47-2004

 松本 バッハ祝祭アンサンブルⅥ 2018 in 松本市音楽文化ホール  松本 バッハ祝祭アンサンブルⅥ 2018 in 松本市音楽文化ホール

 コンサート ご感想ページ へ


【 館主敬白 】 大好きなバッハですが、音楽を聴いても肖像画を眺めても、どう見ても いかついおっさん ですよね。大巨匠様ですしね。 それが 学生連れて喫茶店で定期的 にカジュアルなコンサートやってたなんて … なんか、すっごく ぶっ飛んでる っつうか、懐の深さを感じさせるエピソードです。 今回も、ちくわの耳 を持つお嬢さんと、そのお嬢さんに翻弄される可哀想なお父さんとのやり取り、とっても楽しみです。 改めて、バッハ、凄げぇー! って思います。

   ≫ コーヒー・カンタータ 解説と対訳   ≫ バッハとコーヒーとの関係とは?


大変失礼な物言いで申し訳ないのですが、小林道夫さん、まだご健在で コンサートにご出演されてたんだー! という事で、一年半前 ( 2016/12/11 ) に コンサート を採り上げさせて頂いたのですが、その時はドイツ・リートのピアノ伴奏者としての小林さん、というコンセプトでした。

私の若い頃の小林道夫って、チェンバロ奏者や指揮者ばかりでなく声楽の伴奏者としても高名で、来日するソリストが競うように小林さんをご指名されてました。 共演されたアーティストの一覧を見れば その人気度を察する事が出来ると思います。 という訳で、上記コンサートは充分満足のいくものでしたが、これだけでは小林道夫の 1/3 程度? 半分にはとても届きません。

やっぱ、小林道夫のバッハ、聴かせて頂きたいですよね。

という訳で お見かけしたのが このコンサートです。 もう6回目を迎えられるんですね。 ご出演のメンバーは、小林さんが永年にわたりその充実と発展に貢献されてきた藝大バッハカンタータクラブ OB 、OG の方々、小林さんの教え子の皆さんみたいです。 まだ学生さんもいらっしゃるのかな? 当館が応援させて頂いてるサリクス・カンマーコアメンバーの金成佳枝さんのお名前も見受けられます。 ちなみにサリクスは 2018/05/20 と 05/23 、本公演の2週間後に第4回定期演奏会を開催されます。 ご都合のつく方は、ぜひそちらにもお運び願いたいです。

よし。 これで小林さんのバッハを聴かせて頂けます。 こうなったらチェンバロのコンサートもぜひ採り上げさせて頂きたいものですよね。

[ 2018/04/19 22:10 ] 公演予定・元 公演予定 | TB(-) | CM(-)

ザ・ヴァイオリン 2018 in 小諸高原美術館

 古楽演奏会 ザ・ヴァイオリン 2018 in 小諸高原美術館 古楽、バロック音楽の愉しみ  古楽演奏会 ザ・ヴァイオリン 2018 in 小諸高原美術館 古楽、バロック音楽の愉しみ

古楽演奏会 The Violin! 古楽、バロック音楽の愉しみ
- 聴きたい、聴かせたいヴァイオリン音楽がここにある -



マレ       聖ジュヌヴィエーブの鐘の音

バッハ       ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ第2番

ルクレール   2つのヴァイオリンのためのソナタ 作品12-5

ビーバー     無伴奏ヴァイオリンのためのパッサカリア

ヘンデル     トリオ・ソナタ 作品5-1

コレルリ      ソナタ 作品5-12 『 ラ・フォリア 』

ルクレール   トリオ・ソナタ 作品4-6


 杉原桐子 すぎはらきりこ ヴァイオリン奏者 ヴァイオリニスト 杉原 桐子     ヴァイオリン
 田中美恵子 たなかみえこ ヴィオラ奏者 ヴィオリスト 田中 美恵子   ヴァイオリン・ヴィオラ
 河村奈央子 かわむらなおこ ヴァイオリン奏者 ヴァイオリニスト 河村 奈央子    ヴァイオリン、弦楽器製作家 坂本忍 さかもとしのぶ イタリア・クレモナ在住 ヴァイオリン
笠原 恒則     チェンバロ


古い時代の音楽、例えばバロック時代の音楽を、その当時の楽器と演奏法を用いて演奏する、いわゆる古楽は50年ほど前に始まり、その新鮮で美しい響きは多くの人々に衝撃と感動を与え、年々演奏機会が増えています。

しかし、それはもっぱら東京、大阪、仙台など大都市に限られ、長野県のような地方ではまだそれほど浸透していません。もちろん県内でもそうした音楽を聴くことはできるのですが、多くは、東京で活躍する演奏家によるスポット的な演奏会です。一方、小諸、軽井沢、佐久、上田地域には、地元で活躍する実力のある演奏家が多数在住しており、そのような演奏家によって地元開催されるようになれば、古楽の素晴らしい響きがもっと身近になり、そうすることでより多くの方々に新たな喜びや楽しみをもたらすことができ、また地元演奏家の活躍の場も広げることができるのではないかと考え、このような演奏会を企画致しました。

今回の演奏会は 『 The Violin! - 聴きたい、聴かせたいヴァイオリン音楽がここにある 』 と題し、ヴァイオリンに焦点を当てたプログラムで構成されています。バッハ、ヘンデル、コレルリ等、ヴァイオリン音楽では必ず耳にする作曲家の作品が並んでいますが、そのいずれも、本当に聴いてみたい、またそれを一人でも多くの人々に聴かせたいと思えるような選りすぐりの傑作ばかりです。ヴァイオリン独奏、二重奏、チェンバロ伴奏を伴うソナタ、トリオソナタといった様々な演奏形態のヴァイオリン音楽を取り上げたことも、今回のプログラムの特徴です。このコンサートをお聴きになればこの時代のヴァイオリン音楽をおよそ俯瞰できる充実したプログラムとなっています。

演奏会場は、小諸高原美術館・白鳥映雪館です。市街地から北西に少し離れた、標高815メートルの飯綱山山頂に設けられた 「 飯綱山公園歴史の広場 」 の中にあり、浅間山、八ヶ岳連峰、北アルプスが一望に見渡せる絶好の場所に位置しています。白鳥映雪館は、小諸が生んだ日本画の巨匠、白鳥映雪の作品を展示するために作られた、六角形のドームであり、その壁面には映雪の大作が多数飾られています。その大作を背景に、美しい音楽が響き渡る、まさに本演奏会にとって理想的な環境です。

春うららかな土曜の午後、芸術の色濃い異空間に身をゆだね、しばし日常を離れてみてはいかがでしょうか?   【 主催 : 寺嶋正明 】


お問い合わせ : みすずかる楽人協会   📱 090-9103-8817 ( 寺嶋 )


2018年05月19日 (土)  15:00

於 : 小諸高原美術館 白鳥映雪館   ≫ アクセス   ≫ 飯綱山公園 マップ
〒384-0041 長野県小諸市大字菱平 2805-1  ☎ 0267-26-2070  📠 0267-26-2071

 小諸高原美術館・白鳥映雪館  小諸高原美術館・白鳥映雪館
 小諸高原美術館 ( とんがり屋根の部分が 白鳥映雪館 )

 白鳥映雪館 ( 内部 )  白鳥映雪館 ( 内部 )
 白鳥映雪館 ( 内部 )



 古楽演奏会 ザ・ヴァイオリン 2018 古楽、バロック音楽の愉しみ  古楽演奏会 ザ・ヴァイオリン 2018 古楽、バロック音楽の愉しみ

 コンサート ご感想ページ へ



【 館主敬白 】 主催されている寺嶋様の上記挨拶文が熱いです。

バロック音楽、素敵ですよね。 主催者様の想い、私も同感です。 かつて、NHK FM に 『 バロック音楽のたのしみ 』 という番組があり、BGM 代わりによく聴かせて頂いておりました。 当時は管楽器にハマっており、テレマンのトランペットやオーボエなど、皆んなこの番組から教えて頂いたようなものです。 YouTube なんて無かったですしね。 ゆっくり流れる皆川達夫さんの語りとヴィヴァルディーの C dur のソナタが懐かしいです。 永遠に続くと思っていたこの番組ですが、やはり というか、やがて終焉の朝がやって来て … 心で泣きました。

偶然ですが、当公演の翌日、サリクス・カンマーコアという若いプロ・古楽専門室内合唱団の 「 グレゴリオ聖歌からバッハを想う 」 というコンサートを掲載させて頂いております。 メンバーの中には小諸市ご出身の前島眞奈美さんもいらっしゃいます。 古楽、確かに最近のトレンドの一翼です。

ただ、主催者様と館主個人の中のニュアンスは、古楽とバロック音楽とでは少しテリトリーが異なるのです。 んー、うまく言えないのですが、狭義の古楽ってバロック以前の … リュートとかヴィオラ・ダ・ガンバ = ヴィオラだぁ頑張!、ブロック・フレーテ = リコーダーの事ですが敢えて 、みたいな … 例えば大山有里子さんのグループ ( クラングレーデ ) がやってらっしゃる音楽を指しているような認識です。 譲ってもバロック初期くらいまででしょうか。 なので、( 大好きな ) バッハやヘンデル、テレマンなどが古楽というカテゴリーに属すると思った事はありませんでしたし、一緒にしないでよね って気持ちが確かにあります。 でも … 小林道夫さんの弾かれるバッハはバロックですがミカラ・ペトリさんが吹かれるバッハはバッハだけど確かに古楽で … ここがうまく言えないところなんだなぁ。

どなたか解説して頂ける方、いらっしゃらないでしょうか。

まぁ、広義にバロック時代も含め古楽と呼ぶならば それはそれでけっこうな事ですし、認識が少々異ったとしても、私の気持ちは主催者様に寄り添ってます。 故郷で、地元の演奏家さんたちが古楽の腕を上げ、結果として私たちも古楽に接する機会がふえる事は大変ありがたいです。

個人的に ( ではありますが ) 日本を代表するピアニストのお一人であると公言し、当館のキラー・コンテンツ 、メイン・アーティストと ( 勝手に ) させて頂いている 東御市にお住いの大森晶子さんも、「 地域に根差した音楽を 」 と 同じ事をおっしゃってます。 これから この企画をさらに充実したものに育てていくためにも、今回のコンサートは大変重要だと思います。

地元の方のプロデュース ってのも … つまり、上記案内文の熱い想いを継続して頂けるって事で、ありがたいですし、心強いです。 とても楽しみですよね。

[ 2018/04/19 22:09 ] 公演予定・元 公演予定 | TB(-) | CM(-)

ヴィルタス クヮルテット ベートーヴェン 第4回

 ヴィルタス クヮルテット ベートーヴェン チクルス 4 ベートーヴェン弦楽四重奏曲 全曲演奏会シリーズ in 相模湖交流センター  ヴィルタス・クヮルテット  ヴィルタス・クヮルテット
 第4回 ヴィルタス・クワルテット ベートーヴェン・ツィクルス 2017 in 相模湖交流センター  練馬・江古田 ワイズ 音楽教室 ( ヴァイオリン・ヴィオラ ) 吉瀬弥恵子 講師 Y's 音楽教室  吉瀬弥恵子 よしせやえこ ヴィオラ奏者

ヴィルタス・クヮルテット ベートーヴェン・チクルス Ⅳ
ベートーヴェン 弦楽四重奏曲 全曲演奏会シリーズ 第4回
ヴィルタス弦楽四重奏団 2017 in 相模湖交流センター


シリーズの全貌はこちらから。



本公演 ( 2018/05/20 (日)、第4回ヴィルタス・クワルテット -ベートーヴェン・ツィクルス- ) は、2017年10月29日(日)に大雨による影響のため延期となったものの振替公演です。


ベートーヴェン

   弦楽四重奏曲 第2番 ト長調 Op. 18-2 『 挨拶 』
   弦楽四重奏曲 第9番 ハ長調 Op. 59-3 『 ラズモフスキー 第3番 』
   弦楽四重奏曲 第15番 イ短調 Op. 132


三上 亮     ヴァイオリン
戸原 直      ヴァイオリン、弦楽器製作家 坂本忍 さかもとしのぶ イタリア・クレモナ在住 ヴァイオリン
馬渕 昌子   ヴィオラ
丸山 泰雄    チェロ、弦楽器製作家 坂本忍 さかもとしのぶ イタリア・クレモナ在住 チェロ


主催 : 神奈川県立相模湖交流センター ( 指定管理者 アクティオ株式会社


2018年05月20日 (日)  14:00

於 : 神奈川県立相模湖交流センター 多目的ホール   ≫ アクセス
〒252-0171 神奈川県相模原市緑区与瀬 259-1   ☎ 042-682-6121

 第4回 ヴィルタス・クワルテット ベートーヴェン・ツィクルス 2017 in 相模湖交流センター

 コンサート ご感想ページ へ

[ 2018/04/19 22:09 ] 公演予定・元 公演予定 | TB(-) | CM(-)