▲ ページ上へ


















外山賀野 チェロリサイタル 2017 in 長野

 外山賀野 チェロ・リサイタル 2017 in 長野・竹風堂大門ホール  外山賀野 チェロ・リサイタル 2017 in 長野・竹風堂大門ホール

 外山賀野 とやまかの チェロ奏者 チェリスト 外山賀野 チェロ・リサイタル in 竹風堂大門ホール



バッハ           無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 BWV1007

ベートーヴェン      チェロソナタ 第1番 ヘ長調 作品5-1

ショスタコーヴィッチ   チェロソナタ 作品40

ストラヴィンスキー    イタリア組曲 ( チェロとピアノのための )


 外山賀野 とやまかの チェロ奏者 チェリスト 外山 賀野   チェロ

伝田 美樹   ピアノ


2017年09月30日 (土)  14:00

於 : 竹風堂大門ホール   ≫ アクセス
〒380-0841 長野県長野市大門町 511
竹風堂善光寺大門店 3F   ☎ 026-238-1511

 外山賀野 チェロ・リサイタル 2017 in 長野・竹風堂大門ホール  外山賀野 チェロ・リサイタル 2017 in 長野・竹風堂大門ホール

   ≫ 小諸高校 音楽科ニュース

 コンサート ご感想ページ へ

[ 2017/09/23 15:32 ] 公演予定・元 公演予定 | TB(-) | CM(-)

青柳いづみこ 1917年のドビュッシー 最後のコンサート


 青柳いづみこ 1917年のドビュッシー 最後のコンサート 1917年のドビュッシー  ~  青柳いづみこ 1917年のドビュッシー 最後のコンサート 最後のコンサート
青柳いづみこ ドビュッシー没後100年 カウント・ダウン企画 2017



バッハ   『 ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ第2番 』

ストラヴィンスキー   『 ペトルーシュカ 』 ( 1911/1947 作曲者による連弾版 )

ドビュッシー

   フランソワ・ヴィヨンの3つのバラード
   もう家がない子たちのクリスマス
   未完のオペラ 『 アッシャー家の崩壊 』 より “ マデリーヌのアリア ”

トーク 】  『 ヴァイオリン・ソナタの成り立ちについて 』

ドビュッシー   ヴァイオリンとピアノのためのソナタ


高橋 悠治        ピアノ         ≫ Yuji Takahashi 高橋悠治 - 水牛
ジェラール・プーレ    ヴァイオリン、弦楽器製作家 坂本忍 さかもとしのぶ イタリア・クレモナ在住 ヴァイオリン
盛田 麻央        ソプラノ
青柳 いづみこ      企画・制作・ピアノ  ≫ Official Website


1917年にドビュッシーが弾いた曲、聴いた音楽、校訂した作品。 ガストン・プーレが 『 ヴァイオリン・ソナタ 』 を初演してから100年の記念の年に、ガストンの息子ジェラールをゲストに迎えドビュッシー最後の音楽活動を辿ります。

ともに1938年生まれのジェラール・プーレと高橋悠治の共演も見逃せない。


お問い合わせ : 東京コンサーツ   ☎ 03-3200-9755 ( 平日 10:00 ~ 18:00 )


2017年09月30日 (土)  14:00

於 : 浜離宮朝日ホール     ≫ アクセス
〒104-8011 東京都中央区 築地5丁目 3-2
朝日新聞東京本社・新館2階   ☎ 03-5541-8710

 1917年のドビュッシー 最後のコンサート  1917年のドビュッシー 最後のコンサート

 コンサート ご感想ページ へ


【 館主敬白 】 この企画、たぶん今年でおしまいなんですよね。 1917年のドビュッシーはまだかろうじて音楽活動を続けているのですが、翌年、1918年3月に亡くなってしまうのです。 音楽活動は、もうほとんど出来なかったと思います。 青柳さんがどういう企画を立てているのか存知ませんが、一年ごとに100年前のドビュッシーの音楽活動に想いを馳せるという基本コンセプトは今年で終わりです。

ドビュッシー 大好き人間を40年も続けてきたのですが、例えば 沈める寺 は晩年の作品だとか、このシリーズで教えて頂いた事も多かったです。

青柳さま、毎年楽しいひとときを送らせて頂き ありがとうございました。


※ 今回ご出演のソプラノ歌手  盛田麻央 もりたまお 声楽家 オペラ歌手 ソプラノ 盛田麻央 さんですが、11月の日生オペラ 『 ルサルカ 』 にもご出演されるようです。 頑張って下さい。 楽しみにしております。

[ 2017/09/23 15:31 ] 公演予定・元 公演予定 | TB(-) | CM(-)

日本音楽コンクール ヴァイオリン部門 本選会 2017

 第86回日本音楽コンクール 2017 ( ヴァイオリン部門 本選会 )

2017年度 第86回日本音楽コンクール
バイオリン部門 本選会



岸本 萌乃加   ( 東京芸大大学院 )
飯守 朝子     ( 東京芸大4年 )
大関 万結     ( 東京・桐朋女子高3年 )
外村 理紗     ( 東京音大付高1年 )


田中 祐子   指揮

神奈川フィルハーモニー管弦楽団


主催 : 毎日新聞社、日本放送協会

お問い合わせ : 毎日新聞社事業本部   ☎ 03-3212-0187


2017年10月22日 (日)  16:00

於 : 東京オペラシティ コンサートホール = タケミツ メモリアル   ≫ アクセス
〒160-0023 東京都新宿区西新宿3丁目 20-2   ☎ 03-5353-0788

 2017年度 第86回日本音楽コンクール ( ヴァイオリン部門 本選会 )

 コンサート ご感想ページ へ


【 館主敬白 】 10月の記事が見つからないと騒いでいたら、こんな連絡を頂きました。

 > 10月はこれ ↓ がありますが、コンサートじゃないのです |∀・)
 > http://oncon.mainichi-classic.jp/violin/index.shtml
 > 聴いてる方はおもしろいと思いますよ? (´?`?)

この文章、業界の方だなぁ と思います。 コンクールは出場されるご本人だけでのものではないのでしょう。 ご家族、指導されてる先生、友人知人、学校の関係者。 伴奏するオーケストラ、事務局の方、ホールの方、楽器メーカー、調律師さん、楽器店の方、ペットのわんちゃんまでピリピリしてるかもしれません。 そこらへんの事情を熟知されてる文章です。

そのとおり! 私は素人の聴衆ですからね。 申し訳ないですがコンサートだし、面白いです。

また昔の話になってしまい恐縮ですが、約40年ほど前、毎コン本選には足繁く通わせて頂きました。 森正指揮、東フィル。 格安だったのか無料だったのか覚えてないですが、まるでレコードを取り換えるように、ショパン や メンデルスゾーン の コンチェルトを続けて4回聴けるのです。 会場は日比谷公会堂。 1階後方、とくに2階席の庇の真下あたりは直接音がほとんど届いて来ず、決して選んではいけないというホールでした。 記憶に自信がありませんが、2階を支える柱が立っていたような気もします。 コンクール開催時期も当時は厳寒期だったような。 少し早めに着いてしまい、寒い思いをしながら入り口の石段に腰かけ開場を待っていた事があったような。

毎コンを知るようになったきっかけはと言えば 当時知り合いだった出口正子さんが1位になったからなのですが、この時はまだ毎コンの名前も知らず、意味も分からず、もちろん公開されてる事も知らず、聴きに行ってはおりません。 日本一になったという事で騒ぎになり、日伊コンコルソの記念コンサートに皆でかけつけました。 彼女、調子が悪かったのでしょうか高い声が出ず、ニワトリの首を絞めたような … という記憶が残っています。 もっとも、ニワトリの首を絞めるとどうなるのか、まだ見た事も聞いた事も無いのでありますが。

主催者のページから当時の入賞者名簿を拝見していると懐かしいです。 皆さん今では偉くなられ、大先生ですもんね。 堀米ゆず子さんは、千住真理子さんのおかげで2位だったんですね。 やっぱ千住さんって華をお持ちだからなぁ。

などと感慨に浸りながら名簿を見ていてびっくり! 1977年、ピアノ部門の3位、千住さんのすぐ上のところに 当館のメインピアニスト、大森晶子さんのお名前が! 彼女のプロフィールを確認すると確かにそう書いてあるのですが、こんな風に私とつながっているという発想は持っていませんでした。 40年前、私は大森さんを拝聴していたかもしれません。 森正さんの東フィルでショパンのコンチェルトだったら、ほぼ間違いないと思います。 へぇ、こんな事ってあるんだなぁ。 彼女、当時どんなピアノを弾いていたのでしょうか。

仲道郁代さん。 今でも童顔で可愛い方ですが …  クラシックの方って美人ぞろいですが、どこか気の強そうな感じの方が多くないでしょうか。 気弱な私としては、聴かせて頂くのは大変嬉しいのですが 近寄りがたい? 近寄りたくない? 印象なのです。 そんな中にあって、なにかお金持ちのお嬢様のような方が現れて、こんな事はそれまでに無かったものですから大そう驚きました。

   とかとか …

さて、歴史の新しい1ページが書き加えられようとしています。 上記4名の方、それ以外の方も含め、これからのご活躍が楽しみです。

ただ、これは40年前からそうだったのですが、私個人としてはコンクールの結果としての順位にあまり関心は湧かず = 関心は無く、あれだけ頻繁に通ったにもかかわらず千住さんや堀米さんの順位も覚えて無く … あたかもレコードを取り換えるように、別の方の演奏を聴かせて頂けるのが楽しかった、ただそれだけなのです。 それは今も、たぶんそんなには変わっていないと思います。 最大の要因は、素人なものですからテクニックの難易度ランキングとかが全く分からず = どうでも良く、そういう意味でどなたがお上手なのか、はたまたそうでないのか判断出来ないってところにあると思っているのですが、だから そんな事は 私にとってどうでもいいのです。 そのくせ生意気に好みだけははっきりしており … 私を感動させてくれた演奏家こそが最高のアーティストだと信じているものですから、ホント、困ったものです。 自分でも この性格を持て余しております。

という訳です。 本選出場の4人の方も、本選に残れなかった方も、音楽とコンクールは ちょっと別のところにあると思うのです。 あまり過度に一喜一憂されない事を素人の私はお勧めしたいです。 もちろん出場するからには順位は大切で、本気で必死に1位を目指して頂きたいですが、勝者が一番優秀で上手いと思われてしまうのは困るのです。

などと、もっともらしく書かせて頂いている一方で、いつの日か、小諸高校の生徒さんが このステージに立つ日が来ればいいなぁ と、心から思ってもおりまして … 全てを詳しく調べ上げている訳ではありませんが、既に昨年のオーボエでは2名の卒業生の方が2次予選まで進まれてます。 その日が来るのも時間の問題ではないかと思っているのですが、本当は、卒業生ではなく、現役の高校生がここに残っている日を頭に描いております。 生徒さんもですが、先生方の一層のイメージアップをお願いしたいです。

なお、今回連絡を頂いた美女に敬意を表し、ページのタイトルをヴァイオリン部門とさせて頂きましたが、ピアノ部門も追加させて頂きました。 そして、もちろん、その他の部門もある事を付け加えさせて頂きます。 詳しくは主催者のページをご確認下さい。

[ 2017/09/23 15:30 ] 公演予定・元 公演予定 | TB(-) | CM(-)

ヴィルタス クヮルテット ベートーヴェン 第4回

 ヴィルタス クヮルテット ベートーヴェン チクルス 4 ベートーヴェン弦楽四重奏曲 全曲演奏会シリーズ in 相模湖交流センター  ヴィルタス・クヮルテット  ヴィルタス・クヮルテット
 第4回 ヴィルタス・クワルテット ベートーヴェン・ツィクルス 2017 in 相模湖交流センター

ヴィルタス・クヮルテット ベートーヴェン・チクルス Ⅳ
ベートーヴェン 弦楽四重奏曲 全曲演奏会シリーズ 第4回
ヴィルタス弦楽四重奏団 2017 in 相模湖交流センター


シリーズの全貌はこちらから。



ベートーヴェン

   弦楽四重奏曲 第2番 ト長調 Op. 18-2 『 挨拶 』
   弦楽四重奏曲 第9番 ハ長調 Op. 59-3 『 ラズモフスキー 第3番 』
   弦楽四重奏曲 第15番 イ短調 Op. 132


三上 亮     ヴァイオリン
戸原 直     ヴァイオリン
馬渕 昌子   ヴィオラ
丸山 泰雄   チェロ


主催 : 神奈川県立相模湖交流センター ( 指定管理者 アクティオ株式会社


2017年10月29日 (日)  14:00

於 : 神奈川県立相模湖交流センター 多目的ホール   ≫ アクセス
〒252-0171 神奈川県相模原市緑区与瀬 259-1   ☎ 042-682-6121

 第4回 ヴィルタス・クワルテット ベートーヴェン・ツィクルス 2017 in 相模湖交流センター

 コンサート ご感想ページ へ


【 館主敬白 】 え゙? 今回、水谷さんのお名前が見当たりません。 このシリーズには最初からご出演されており、ヴィルタスのメンバーでもあるはずなんですけど。

今回だけならいいのです。 ご都合のつかないタイミングだってありますよね。 でも、次回、5回目の 2018/02/25 にもご出演されないようです。 何かあったのかなぁ。 ヨーロッパへ勉強しに行っちゃったのかなぁ とも思い、東響のホームページを見ても、そんな様子はありませんでした。 何をやらかしちまったのか、老婆心ながら チョッピ 心配ではあるのです。

水谷晃さん、ご本人は覚えていらっしゃらないかもしれませんが、かつて私の故郷 長野県小諸市の老舗料亭 『 音羽 』 のディナーショーのために来て頂いた事があるのです。 私は行けませんでしたが、ウチの奥さんがかぶりつきで聴かせて頂き、帰って来て、たいそう興奮して語っていたのを覚えております。 そんなご縁で以来応援させて頂いており、ヴィルタスも水谷さんつながりで出会った四重奏団なのです。 まぁ、これ以上はどうしようもないのですが、他に戸原直さんはゲスト出演と書かれているページもあったりして、今後の動向が気になるところです。

というわけで、この ベートーヴェン 弦楽四重奏曲 全曲演奏会シリーズ も後半戦に入りました。 メンバー変更は残念ですが、6回全てで一つのコンサートでもあります。 心して聴かせて頂きたいと思います。

[ 2017/09/23 15:28 ] 公演予定・元 公演予定 | TB(-) | CM(-)

ルサルカ 日生オペラ 2017

 日生オペラ ルサルカ 2017

日生オペラ ドヴォルザーク オペラ ルサルカ 2017


≫ オペラ対訳プロジェクト ( オペラ あらすじ ) 『 ルサルカ



ドヴォルザーク   オペラ 『 ルサルカ

     全3幕   原語 ( チェコ語 ) 上演   ( 日本語字幕付 )


2017年11月09日 (木) / 11月12日 (日)    13:30

田崎 尚美        ルサルカ
樋口 達哉        王子
清水 那由太       ヴォドニク ( 水の精 )
清水 華澄        イェジババ ( 魔法使い )
腰越 満美        外国の公女
 小泉詠子 こいずみえいこ 声楽家 オペラ歌手 メゾソプラノ 小泉 詠子        料理人の少年
デニス・ビシュニャ   森番
 盛田麻央 もりたまお 声楽家 オペラ歌手 ソプラノ 盛田 麻央        森の精1
 郷家暁子 ごうけあきこ 声楽家 オペラ歌手 メゾソプラノ 郷家 暁子        森の精2
金子 美香        森の精3
 新海康仁 しんかいやすひと 声楽家 オペラ歌手 テノール 新海 康仁        狩人


2017年11月11日 (土)   13:30

竹多 倫子   ルサルカ
大槻 孝志   王子
妻屋 秀和   ヴォドニク ( 水の精 )
与田 朝子   イェジババ ( 魔法使い )
秋本 悠希   外国の公女
 守谷由香 もりやゆか 声楽家 オペラ歌手 ソプラノ 守谷 由香   料理人の少年
 加藤宏隆 かとうひろたか 声楽家 オペラ歌手 バス 加藤 宏隆   森番
松原 典子   森の精1
 梶田真未 かじたまみ 声楽家 オペラ歌手 ソプラノ 梶田 真未   森の精2
 池端歩 いけはたあゆみ 声楽家 オペラ歌手 メゾソプラノ 池端 歩     森の精3
松原 友     狩人


山田 和樹   指揮
宮城 聰     演出 ( SPAC )

読売日本交響楽団   管弦楽
東京混声合唱団      合唱

木津 潤平     空間構成
沢田 祐二     照明
高橋 佳代     衣裳
梶田 キョウコ   ヘアメイク
阿部 賢一     字幕・翻訳
水戸 博之     合唱指揮
手塚 優子     演出助手
幸泉 浩司     舞台監督 ( アートクリエイション )


主催・企画・制作 : 公益財団法人ニッセイ文化振興財団 ( 日生劇場

お問い合わせ : 日生劇場   ☎ 03-3503-3111 ( 10:00 ~ 18:00 )


2017年11月09日 (木)   13:30
2017年11月11日 (土)   13:30
2017年11月12日 (日)   13:30

於 : 日生劇場     ≫ アクセス
〒100-0006 東京都千代田区有楽町 1-1-1   ☎ 03-3503-3111

 日生オペラ ドヴォルザーク オペラ ルサルカ 2017

 コンサート ご感想ページ へ


【 館主敬白 】 今年 ( 2017 ) の3月、館主は “ 月に寄せる歌 ” を聴かせて頂 いております。 音大ではなく、教育学部の大学院を修了されたグループの皆さんの修了記念コンサートという事でしたので、例えば 今回 ヒロインを務められる 田崎尚美 さんと比べて どうとか、それは天皇陛下と総理大臣はどちらが偉い? みたいな設問で、比べること自体お二人にとって失礼な事なのですが、音楽は心で奏でるものですから、私としては あの 若いお嬢さんの “ 月に寄せる歌 ” が深く心に残っているのであります。 大変印象深 い演奏でした。


その修了記念コンサートでも書かせて頂いた事ですが …

月に寄せる歌 の冒頭

   Měsíčku, postůj chvíli …  「 お月さま、ちょっとそのままでいてね 」

ルサルカは、月に対し 「 しばらく じっと 動かないでいてね = 雲間に隠れてしまわないでね 」 と お願いするのです。 ここ、私たち今の日本人だったら 雲に対し 「 お月様を隠してしまわないでね 」 と お願いするところではないでしょうか。 つまり ルサルカ は月が動いている事を知っており、感じてるんですね。 なんか、すごくないですか?


今年の日生劇場では ルサルカ を採り上げて頂けるのだとか。 私はまだこのオペラを生で観た事はありません。 この美しいオペラを日生劇場はどの様に仕上げ、私たちに届けてくれるのでしょうか。 かつて森繁久彌さんのテヴィエを創り出してきた劇場ですもんね。 館主は、結婚する前の奥さんとこのホールで森繁さんを聴かせて頂いております。 ガウディを思わせる幻想的な内観と大き過ぎない客席数は音楽をポタージュ・スープのように濃厚にしてしまう傾向がありますが、歌手の皆さんに無理な負担をかけないという利点ばかりでなく、ルサルカというオペラには似合っているのではないかと思うのです。 舞台ばかりでなく、客席空間全体が水底の世界と化し、月の光に煌々と照らし出されるのではないでしょうか。

[ 2017/09/23 15:26 ] 公演予定・元 公演予定 | TB(-) | CM(-)

天翔楽団 第15回定期演奏会 2017

 天翔楽団 第15回定期演奏会 2017 in 大阪・守口  天翔楽団 第15回定期演奏会 2017 in 大阪・守口

中国音楽アンサンブル 天翔楽団 2017 in 大阪・守口
天翔楽団 結成15周年記念 定期演奏会



阿里山的日出
白蛇伝
平湖秋月
The Last Emperor
瑶族舞曲
鄭成功

   … その他


井上 康夫   指揮
霍 暁君     二胡   ( ゲスト出演 )

中国音楽アンサンブル 天翔楽団


主催 : 天翔楽団     ≫ お問い合わせ


2017年11月12日 (日)  14:00

於 : 守口文化センター エナジーホール     ≫ アクセス
〒570-0038 大阪府守口市河原町 8-22   ☎ 06-6992-1276

 天翔楽団 第15回定期演奏会  天翔楽団 第15回定期演奏会

 チケット ご依頼ページ へ


【 館主敬白 】  いかにも中国風って曲名が並んでますねー。 ^^

もう10年以上昔、行きつけの喫茶店のマスターが二胡を始めたと熱く語るので、他にお客がいなかったのを幸い 実演を聴かせて頂いた事があります。 うまく説明できませんが、楽器の胴体と弦の間 にヴァイオリンの弓の毛の部分 ( みたいな … でもテンションをかけず ゆるゆる状態のもの ) だけを そのまま差し込み ( 挟み込み ) … ヴァイオリンなら楽器の外側 ( 上側 ) から楽器側 ( 下側 ) に圧力をかけて音を出すのに対し、二胡 は楽器側 ( 手前側 ) から向こう側 ( 外側 ) に張力をかけて音を出しているのを物珍しく眺めていた覚えがあります。 初心者のマスターが弾いているわけで、これが正しいんだろうか、とか、疑ったりしながら拝見させて頂きましたが、まぁ 大筋では正しかったんだろーなぁ と 思ってます。 二胡と言うくらいですから弦は2本。 指板 ( 竿 ? ) にフレットは無く、三味線を縦に持ちチェロみたいに弾くって言えばいいのでしょうか。 沖縄の三線を縦に持ち、弓を使って弾いているのを時たま映像で見かける事がありますが、あんな感じです。

上記のとおりの演奏スタイルなので、二胡初心者の喫茶店のマスターの場合は常に重音が鳴っていたのですが、単音を弾きたい時はどうするのでしょうか。 逆に、2本の弦を ( 開放弦で ) 3度にチューニングしておけば、永遠に平行3度の和音で演奏出来るという使い方も出来そうです。 弦が3本のもの = 三胡? は、弦が内側 ( ヴァイオリンとは反対側 ) に反って並んでいるのでしょうか。 スタッカートはなんとかなるかもしれませんが、スピッカートみたいなのは無理っぽかったです。 そもそも 音楽にスタッカートやスピッカートという概念が無いのかもしれません。

私の二胡体験は人生でその1回きりです。 というか、そもそも生演奏の中国音楽も たぶんその1回だけだと思います。 もっとも、私が親しんだ事のある楽器と言えば義務教育 = 健全青少年時代の縦笛くらいのもので、いかにも知っている風にヴァイオリン奏法の単語など並べておりますが、実際にヴァイオリンに触った事も、ほとんど無いんですけれど。  ^^;

って事で … まぁ、これは出掛けて行って聴かせて頂くっきゃないですね。


大阪に拠点を置く『 中国音楽アンサンブル 天翔楽団 』 様という市民楽団から、結成15周年記念の定期演奏会という事で情報提供を頂きました。 ありがとうございました。 情報提供ですから館主の責任で掲載させて頂 いております。 クラシック専科を標榜する当館ではありますが、同時に、館主が行きたくなれば何でもありのサイトでもあり、これまでにも J-Pop やら ジャズ やら、あげくの果てには新作楽器 ( ヴァイオリン・チェロ ) の試奏会 まで採り上げさせて頂 いてまいりました。

ただ、今まで中国の音楽に興味は湧かず、ほとんど無縁の生活をしてきた経緯もあり、本文中の漢字が間違ってないか気が気でないくらい全くの素人です。 今回、おかげさまでご縁を頂き、これを良い機会とさせて頂きます。 末永くごひいきのほど、よろしくお願い申し上げます。

天翔楽団ホームページ 『 団員便り 』 の中に、定期演奏会をどう楽しめばいいかという、コンサートに勝るとも劣らないくらい楽しい薀蓄 ( うんちく ) が述べられておりました。 ぜひご一読下さい。

   ≫ 知っておきたい! 天翔楽団定期演奏会の楽しみ方

[ 2017/09/23 15:25 ] 公演予定・元 公演予定 | TB(-) | CM(-)