▲ ページ上へ

















芹川千種 & 矢島吹渉樹  ジョイントリサイタル


【 美しい風景に寄せて 】  秋の ジョイント・リサイタル
芹川千種 ( フルート ) & 矢島吹渉樹 ( ピアノ ) デュオ・コンサート



リスト        愛の夢
シャミナーデ   星のセレナーデ
リスト        ラ・カンパネラ
プーランク     フルート ソナタ


芹川 千種    フルート
矢島 吹渉樹   ピアノ


11月10日 (日)  14:00
於 : ギャラリーカフェ Forest cosmos ( フォレスト・コスモス )   ≫ アクセス
〒389-0111 長野県北佐久郡軽井沢町長倉193-143   0267-44-6540
( お問い合わせ  090-9669-5876 芹川 )


 芹川千種、矢島吹渉樹、ジョイント・リサイタル

 コンサート ご感想ページ へ


[ 2013/11/10 14:00 ] 公演予定・元 終了公演 | TB(-) | CM(-)

小諸高校音楽科 第19回定期演奏会  ( 2013年 定演 )


小諸高校音楽科 第21回定期演奏会  2015/10/31 , 11/03 記事はこちらから。
小諸高校音楽科 第20回定期演奏会  2014/11/02 , 03 記事はこちらから。




長野県小諸高等学校 音楽科  第19回 定期


J.カライ   AVE MARIA Ⅱ
        HODIE CHRISTUS NATUS EST

西村 朗   無伴奏女声合唱のための 『 炎の挽歌 』  より
  Ⅲ 妻への挽歌

三善 晃   こどものための合唱組曲 『 オデコのこいつ 』  より
  3 ゆめ
  5 なぜ?

髙嶋 みどり   女声合唱とピアノのための 『 明日のりんご 』  より
  きょうの陽に

A.ハチャトゥリアン   バレエ組曲 『 ガイーヌ 』 より
  1 序曲
  2 ヌーネの踊り
  3 剣の舞
  4 バラの乙女たちの踊り
  5 レズギンカ

W.A.モーツァルト   交響曲第41番 『 ジュピター 』  より
  Ⅰ Allegro vivace
  Ⅲ Menuetto
  Ⅳ Finale

G.ホルスト   組曲 『 惑星 』  より
  Ⅳ 木星  - 快楽をもたらすもの -

G.F.ヘンデル   オラトリオ 『 メサイア 』  より
1. Symphony (Sinfonia)
2. Comfort ye my people …   慰めよ、私の民を慰めよ …
   レチタティーヴォ・アコンパニャート ( 以下、アコンパニャート ) ( テノール独唱 )
3. Every valley shall be exalted …   もろもろの谷は高くせられ …
   アリア ( テノール独唱 )
12. For unto us a Child is born …   ひとりのみどり子が、私たちのために生れる …
   合唱
13. Pifa ( Pastoral Symphony )   ピファ ( 田園交響曲 )
   オーケストラ
14a. There were shepherds abiding in the field …   羊飼いたちが夜、野宿しながら …
   アコンパニャート ( ソプラノ独唱 )
14b. And lo. The Angel of the Lord came upon them …  すると 御使いが彼らのところに来て …
   アコンパニャート ( ソプラノ独唱 )
15. And the angel said unto them …   御使いは彼らに言った …
   レチタティーヴォ ( ソプラノ独唱 )
16. And suddenly there was with the angel …   すると たちまち その御使いと共に …
   アコンパニャート ( ソプラノ独唱 )
17. Glory to God in the highest …   いと高きところでは、神に栄光があるように …
   合唱
18. Rejoice greatly, O daughter of Zion …   シオンの娘よ、大いに喜べ …
   アリア ( ソプラノ独唱 )

24. Surely He hath borne our griefs …   まことに彼は私たちの悩みを負い …
   合唱
25. And with His stripes we are healed …  その打たれた傷によって 私たちは癒されたのだ …
   合唱
26. All we like sheep, have gone astray …   私たちはみな羊のように迷って …
   合唱
40. Why do the nations so furiosly rage together …  なにゆえ もろもろの国びとは騒ぎたち …
   アリア ( バス独唱 )
42. He that dwelleth in heaven …   天を王座とする方は笑い …
   レチタティーヴォ ( テノール独唱 )
43. Thou shalt break them with a rod of iron …   おまえは鉄の杖をもって彼らを打ち破り …
   アリア ( テノール独唱 )
44. Hallelujah …   ハレルヤ …
   合唱

47. Behold, I tell you a mystery …   ここで、あなたがたに奥義を告げよう …
   レチタティーヴォ ( バス独唱 )
48. The trumpet shall sound …   ラッパが響いて …
   アリア ( バス独唱 )
53. Worthy is the Lamb that was slain … Amen …   ほふられた子羊こそは … アーメン …
   合唱


ソプラノ   髙原 亜希子
テノール  岡本 泰寛
バス     田島 達也


指揮    高木 房雄 ( 合唱、メサイア )
       中村 幸司 ( ガイーヌ )
       池内 宏明 ( ジュピター )
       渡辺 隆太 ( 惑星 )

ピアノ・ハープシコード ( チェンバロ )  宮澤 雅希


小諸高等学校 音楽科 ( 管弦楽、合唱、他 )

ソプラノ ( Soprano )

  櫻井 亜美   笹澤 春奈   髙橋 美妃   星野 萌   増田 彩音   齊藤 優香
  中島 佳菜   吉澤 有沙 

メゾ・ソプラノ ( Mezzo-soprano )

  腰原 菜央   成澤 芽生   小池 祐香   小玉 理央   塚田 未紗   窪田 佐紀
  小林 綾音   髙橋 京伽   宮島 玲美

アルト ( Alto )

  石川 優衣   佐川 結菜   池田 綾乃   竹前 沙南   篠原 可帆
  林 晃史   松坂 綾花


フルート ( Flute )

  海野 妙   篠原 美穂   中村 音舞   森澤 潤美   山崎 千咲   荻原 理子
  毛見 朱里   西澤 雪乃   降籏 綺澄

オーボエ ( Oboe )

  笹平 幸那

ファゴット = バスーン ( Fagotto )

  青木 明恵

クラリネット ( Clarinet )

  山﨑 稜雅   小山 香緒里   両角 恋子

サキソフォン ( Saxphone )

  輿真 里奈   古谷 春菜   村山 瑞季   藤沢 美雪   宮川 優理   柳沢 知香
  伊澤 結希   武田 佑菜   月岡 穂南

トランペット ( Trumpet )

  征矢 紘子   蓬田 奈津美   渡邉 美優   戸谷 美沙樹   福島 由也
  内田 いぶき   佐々木 晶子   田中 滉恭   米持 美穂

ホルン ( Horn )

  一之瀬 恵

トロンボーン ( Trombone )

  大原 穂乃花   高橋 加奈   古市 樹   藤井 雪帆

ユーフォニューム ( Euphonium )

  大島 美里

チューバ ( Tuba )

  荻原 妃奈

パーカッション = 打楽器 ( Percussion )

  石川 大樹   豊岡 瑞穂   濱本 由貴   倉﨑 千恵   戸谷 風太   内堀 有紗
  玉城 みのり   永池 真美


第一 ヴァイオリン ( 1st Violin )

  西澤 秀明   松坂 拓人   臼田 みか   林 萌美

第二 ヴァイオリン ( 2nd Violin )

  北中 淑乃   角田 楓   黒岩 麻衣   竹村 美奈

ビオラ ( Viola )

  小平 優花   出川 海生   小林 莉歌   塩川 優紀

チェロ ( Cello )

  加藤 浩明   外山 賀野   茂手木 香衣   土橋 玲

コントラバス = ダブルベース ( Contrabass )

  岡部 まり子   安藤 直弥


オーボエ ( Oboe )

  一之瀬 茉由子   荻原 智美

ファゴット = バスーン ( Fagotto )

  笠原 侑真

クラリネット ( Clarinet )

  田中 瑞希   高木 浩美   土屋 朝香   佐塚 歩美   竹内 亜希世   柳沢 美帆

バス クラリネット ( Bass Clarinet )

  工藤 柚佳   坂本 駿

ホルン ( Horn )

  尾崎 佳穂   黒柳 麻衣子   久保 春生   齋藤 智恵   助川 裕輝

トロンボーン ( Trombone )

  下 悠太

ユーフォニューム ( Euphonium )

  山岸 美雪   吾妻 伸樹

チューバ ( Tuba )

  金子 加奈   小田中 健太郎

コントラバス = ダブルベース ( Contrabass )

  嶋崎 舞   林 健一

ハープ ( Harp )

  中原 咲貴子

パーカッション = 打楽器 ( Percussion )

  宮澤 尚樹


職員

  石橋 京子   上原 恭子   岡本 泰寛   北原 めぐみ   小林 祐治   髙原 亜希子
  大工原 加奈子   寺島 都志子   有賀 ひとみ   池内 宏明   高木 房雄
  中村 幸司   新津 尚治   宮澤 雅希   渡辺 隆太


卒業生

  加藤 大輔   竹花 摩耶   永瀬 惟   中村 裕之   中山 友希
  萩原 敬士   吉田 飛鳥


賛助出演

  伊藤 椒太郎   岩下 不三夫   大井 俊恵   小林 信子   小山 暁香   近藤 玲
  齋藤 雄児   島田 一男   庄村 茂   鈴木 健二   瀧澤 裕子   田島 達也
  田中 剛   田中 美恵子   轟 律夫   西山 真二   宮坂 裕子   宮下 靖弘
  両角 秀俊   横山 弘


スタッフ

  井出 愛希子   川尻 麻由   小平 萌華   竹鼻 ひとみ   田中 小夏   土屋 美森
  水口 早央利   柳澤 栞里



主催 長野県小諸高等学校
お問い合わせ ( 音楽科 )   0267-22-1696


11月02日 (土)  13:30
於 : 小諸市文化会館 ホール   ≫ アクセス
〒384-0801 長野県小諸市甲1275番地2 小諸市文化センター ( 乙女湖公園内 )
 0267-23-8880

11月03日 (日・祝)  13:30
於 : ホクトホール 大ホール   ≫ アクセス
〒380-0928 長野県長野市若里1-1-3 ホクト文化ホール ( 長野県県民文化会館 )
 026-226-0008

 小諸高校 定演 小諸高校音楽科 第19回定期演奏会


 コンサート ご感想ページ へ


     ≫ 小諸高校 音楽科 ( 関連 ) まとめ


【 館主敬白 】 この演奏会の事を知ったのは コンサート前日の深夜でした。 本当に偶然の事だったのですが、個人的に深く思い入れのある演奏会を 当サイトの冒頭に飾る事が出来、アップも何とか間に合った事を、大変嬉しく 感慨深く思っています。 というわけで 個人的なおすすめ。

プログラムには載ってこないですが、真っ先に校歌の斉唱があります。美しいユニゾンがホールに響きます。 さあ、これから心を 一つ にして コンサートを成功させるぞ! というセレモニー。
コンサートはもう始まっています。

派手ではありませんが それに続く合唱も聴きどころだと思っています。 高原から湧き出る岩清水、その透き通った 手の切れるような ハーモニーの美しさ を心行くまで楽しんで頂きたいです。

今年の私のイチオシは、トロンボーンの女の子。 『 剣の舞 』 シロホン ( 木琴ですね ) に合いの手を入れて、トロンボーンの下降するポルタメント。 前半はソロで演奏するのですが… どうやったらあんな音が出せるんだぁ?  彼女の 『 ボレロ 』 も聴いてみたくなります。

定番の 『 メサイア 』 。 ボ~ッ と聞いていると ( 極く僅かですが ) 知ってる単語が出てきたりして… ラッパが神秘的な音を響かせて… なんて?  あ、そっか、 メサイアは英語だったっけ。 天使が喜び勇んで吹き鳴らしてるんかねぇ、なんて思っていると、 本当にトランペットが鳴り出したりするのです。 添えられている ハープシコード の響きも美しい。


このコンサートは、ただの高校生の定期演奏会ではありません。 もちろん、音楽の道に進もうという若者たちの情熱、意気込み、ひた向きな想い。 それを支え 応援する先生方、諸先輩、関係者の方々の熱い眼差し。 通奏低音としての 『 青春賛歌 』 も特筆され、最大の 『 ウリ 』 ではあるのですが…  普通にプロのコンサートとしてみても、曲目、演奏、構成 すべて、充分聞き応えのあるものです。 それが、最高の設備、最高のホールで無料で聴く事が出来るのです。 とくに毎年、長野市ホクトホールでは空席が目立ち、本当にもったいないです。
お出かけ頂き、満足してお帰り頂ける事、請け合います。

     ≫ 参考 メサイア精読 』 『 メサイア対訳
     ≫ 長野県小諸高校音楽科の第18回定期演奏会  - 信州の山奥で猫と犬と暮らす -



[ 2013/11/02 13:30 ] 公演予定・元 終了公演 | TB(-) | CM(-)

サヨナラ日和   SayGee ( セイジー )


セイジー サヨナラ日和  ( SayGee )


 サヨナラ日和 セイジー SayGee


【 館主敬白 】 またこんな季節がやって来ました。 CDが発売されてから何度目の春でしょうか。 現役の高校教師が、卒業する教え子たちを送り出す歌です。 別れの曲でもありますが、旅立ちの詩でもあります。   ( 2007/01/24 発売 )


話は飛び ( 年齢がばれ ) ますが …   私の大好きな歌

第一位  『 故郷 』
第二位  『 仰げば尊し


     仰げば 尊し 我が師の恩
     教 ( おしえ ) の庭にも はや幾年 ( いくとせ )
     思えば いと疾 ( と ) し この年月 ( としつき )
     今こそ 別れめ いざさらば

     互 ( たがい ) に睦 ( むつみ ) し 日ごろの恩
     別 ( わか ) るる後 ( のち ) にも やよ 忘るな
     身を立て 名をあげ やよ 励めよ
     今こそ 別れめ いざさらば

     朝夕 馴 ( な ) れにし 学びの窓
     蛍の灯火 ( ともしび ) 積む白雪 ( しらゆき )
     忘るる 間 ( ま ) ぞなき ゆく年月
     今こそ 別れめ いざさらば


『 仰げば尊し 』  かつての卒業式での定番ですが、最近はどうして歌われなくなっちゃったのでしょうか。 いい歌なのになぁ。 もったいないです。

その中の一節        ♫ 今こそ 別れめ いざ さらば ♫

こそ ⇒ め という 係り結び に目が行きがちですが、そもそも 別れめ の 『 』 は、意思を表わす助動詞 『 』 ( 已然形ではありますが …  係り結び は 本来 終止形の 『 』 であるはずのこの部分が どうして已然形なのか、それを説明しているにすぎません ) を、こそ という係助詞によって 強調 した結果として生じているわけで、つまり …

   ( 今が別れの時!)   さあ、 別れよう!  さようなら!

別れを悲しむのではなく、それまでの経験を心の支え、心の糧として、不安もよぎるであろう 次の新しい世界へ、さあ 突き進んでいくぞ! という強い意志を表している歌なのです。 私はこの曲の、そこが好きです。


話をややこしくしてしまいましたが …  この 『 サヨナラ日和 』 も、アプローチは少々異なるかもしれませんが そんな内容になっていて、 何度聴いても飽きません。
メロディーも、SayGee の甘い歌声も素敵です。 ぜひ一度ご視聴あれ!

iTunes   ≫ Amazon   ≫ LAWSON HMV



『 大好きな君へ 』 セイジーズ コンサート
     2013年9月23日  サンテラス ロビー・コンサート


教諭として県内高校生の軽音楽活動を20年にわたり育て、自らもシンガーソングライターとしてオリジナルCDをリリースする池田誠司をリーダーとして結成されたユニット。 「 音楽の楽しさ 」 をテーマに、オリジナル J-POP から洋楽スタンダードナンバーまで幅広いサウンドを聴かせる。

セイジーズ ( SayGee's ) 『 大好きな君へ 』  サンテラス ロビー・コンサート

   おもい
   Close To You
   Sir Duke
   Over The Rainbow
   Change the World
   Piano Man
   Englishman In New York
   サヨナラ日和
   You've Got Music
   応援ソング
   ぼくらの未来
   Saturday Night
   大好きな君へ




SayGee's  ( セイジーズ )
池田 誠司 (Vo)  藤井 博行 (Ds)  羽毛田 一茂 (G)  岡本 永 (B)  依田 翔 (Sax)

SayGee ( セイジー )  2nd セカンド・シングル 『 大好きな君へ 』 『 ぼくらの未来 』
CDは右の2店舗で販売しています。   琴光堂楽器店上田市 )  池田楽器店佐久市
セイジー・ブログ   What's new, SayGee?Ⅱ   What's new, SayGee?   facebook


 コンサート ご感想ページ へ



[ 2013/11/02 13:10 ] 公演予定・元 終了公演 | TB(-) | CM(-)

小諸高校音楽科 12期卒業生による スプリングコンサート


春のコンサート  小諸高校音楽科 12期卒業生による演奏会
  Spring Concert  ( 長野県小諸高等学校 音楽科 12nd OB )



  ※ プログラム・データが手元に残っておりません。 詳細をご存知の方、ご一報ください。

伊藤 麻代 ( ピアノ )
伊藤 優 ( 声楽 )
今井 京 ( ピアノ )
小野澤 茜 ( ピアノ )
上條 真里 ( コントラバス )
小合澤 智子 ( クラリネット )
佐藤 瑞穂 ( ピアノ )
清水 江美 ( 声楽 )
高橋 めぐみ ( 声楽 )
竹内 李奈 ( ピアノ )
西澤 茉莉 ( サクソフォーン )
村上 高嶺 ( 作曲 )
山浦 知美 ( フルート )


企画・演出・舞台  笹川 栞

運営スタッフ  田中 美奈   野竹 綾花   柳沢 明日香   依田


3月30 (土)  14:00

於 : 軽井沢大賀   ≫ アクセス
〒389-0104 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢東 28-4    0267-42-0055

 春のコンサート 小諸高校音楽科 12期卒業生による スプリング・コンサート

 春のコンサート 小諸高校音楽科 12期卒業生による スプリング・コンサート

 春のコンサート 小諸高校音楽科 12期卒業生による スプリング・コンサート

 コンサート ご感想ページ へ


   ≫ 小諸高校 音楽科 ( 関連 ) まとめ


【 館主敬白 】 すいません。 今年 ( 2013年 ) の3月に、すでに終わっているコンサートです。 小諸高校音楽科の生徒たちの絆の深さについて、改めて、ぜひ載せておきたいと思い、今さらながらではありますがアップさせて頂きました。 まだ データもそろっておりません。 急ぐ必要が無い事を口実に、徐々に整備して参りたいと思います。

写真の若者たちは、12/22 にコンサートを開いた4人のメンバーより 2学年下の皆さんです。 高校を卒業して4年が過ぎ、ストレートで進学した人たちは卒業の年を迎えました。 それを機会にというコンサート企画のようですが、3月の最終日、社会に巣立つ人、さらに進学する人、忙しいときにクラスの半分くらいが集まりました。 演奏には参加しないけれど 運営スタッフとして参加したり、観客として集まった同級生も加えると かなりの数になったようです。

また、このコンサートを企画し、演出もステージ・マネージャーもこなしたのも同級生の女性です。 彼女は高校時代はピアノ専攻だったようですが 心に期すところがあったのでしょう、大学ではステージ・マネージメントを専攻されたようです。 出演者にとっての演奏と同様、彼女にとってはこのコンサート自体が 仲間とともに繰り広げる 自分の表現の場だったのだと思います。 コンセプトに ぴったり の清々しい仕上がりでしたし、立派な 『 ステージさばき 』 、舞監 ( 舞台監督 ) ぶりだったと思います。 最後に出演者、運営スタッフ全員を引き連れ、ホール・スタッフの方々、事務局の方々、隅々まで お礼のあいさつに回っていたのも、しっかり見届けさせて頂きました。

     *     *     *     *     *

横一列に並んで ヨーイ・ドン! で走り出せば、一番先頭の人と最下位の人が必ず出てしまいます。 参加者がそれぞれ猛練習と調整を重ね 本番でどんなに頑張ったとしても、結果として 多少の順位の入れ替えはあるかもしれませんが 『 先頭の人と最下位の人が出てしま 』 うという不変の法則は変わりません。 そのままです。 今回の出演者の中にも、( 個人的な好みも含めて ) ほれぼれするほど上手な人、比べると どうしても見劣りがしてしまう人 が出てきてしまいます。 これはもう、( アインシュタインも気付かなかった ) 真理なので、仕方ありません。  

問題は ここからです。 上記、不変の定理 を感じているのは、私たち観客以上に、出演者の彼ら、彼女らだと思うのです。 トップは一人ですから、少なくとも その他の人は全て、過酷な 『 不変の定理 』 を感じているはずです。 それでも皆、それぞれの想いを抱いて ここに参加してきたのです。 浪花節の世界になってしまうかもしれませんが、この企画の参加に声をかける側、受ける側、双方に心の葛藤はあったと思います。 トップと目される人だって そんなに ノー天気 なハズはありません。 そうでない事は仲間たちがよく承知しています。   ≫ facebook events

上記 写真の若者たちは そういうメンバーです。 君たち、本当によく出てきてくれたね。

コンサートに行きます。 私を ウットリ させてくれた演奏家には 特に盛大な拍手を送りたいです。 感謝の気持ちを伝えたいです。 そして 今回のような場合だったら、皆さん全員に拍手したいですっ! 出演者だけではありません、全員です。  … さん、良かったよっ!、 … ちゃん、素敵だったよっ!、 … クン、素晴らしかったよっ!

小諸高校音楽科の絆とは、このようなものだと感じています。一番拍手を送らなければならないのは、この 『 』 なんでしょうね、きっと。 そういう伝統を創り上げてきた諸先輩、支え続けてこられた先生方に深く敬意を表したいです。

     *     *     *     *     *

あ、上記不変の定理を、その発見者にちなんで 『 順位決定に関する よだっと の定理 』 、略して 『 よだっとの法則 』 とさせて頂きまっせ。 意義のある方は 早めに お申し出下さい。 航空識別圏 同様、半世紀過ぎてから言われても、( 今さら ) あきれるばかり、迷惑なだけだっせ。

追記 : よだっと音楽館は、世界征服とか 政治的な野望 は一切持ち合わせておりません。 


[ 2013/11/02 13:00 ] 公演予定・元 終了公演 | TB(-) | CM(-)