▲ ページ上へ



















小林沙羅 ソプラノリサイタル


小林沙羅 ソプラノ・リサイタル
    オペラ界のニュースター 小林沙羅 が贈る 花の歌


中田 喜直     : 『 さくら横ちょう 』
山田 耕作     : 『 からたちの花 』
モーツアルト    : 『 すみれ 』
シューベルト    : 『 野ばら 』
R.シュトラウス   : 『 乙女の花 』 より   矢車菊 / ポピー / 木づた / スイレン
シューマン     : 『 春が来た 』 『 蓮の花 』 『 あなたはまるで花のよう 』 『 私の庭 』
J.マルクス      : 『 そしてきのう彼は 私にバラを持って来た 』
トスティ        : 『 バラ 』
レスピーギ     : 『 最後の陶酔 』     ほか


小林 沙羅     ソプラノ
森島 英子     ピアノ


主催・お問い合わせ  Kトレーディング    03-6418-1008 ( 平日 10時 - 18時 )

03月28日 (金)   19:00

於 : 紀尾井ホール  ( ホール )     ≫ アクセス
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町 6-5    03-5276-4500

 小林沙羅 ソロリサイタル

 小林沙羅 ソロリサイタル


 コンサート ご感想ページ へ



【 館主敬白 】 くどくなる事を承知で改めて明記させて頂きますが、当サイトは ただいま試運転中です。 将来的には ご依頼頂いたコンサートを有償で掲載させて頂き、掲載コンサートの検索上位表示と 演奏家の皆様のプロフィールを継続的にフォローさせて頂くというサービス内容にしたいと考えているのですが … まだ開設したばかり。 とにかく 勝手にコンテンツを増やして、サイトの実力をつけていかないと、検索上位など程遠く、とてもお客様に 「 有償でお願い致します。 」 などとは申し上げられない状況です。
という訳で、今まで掲載させて頂いたコンサートのほとんどは、私が個人的に 「 行ってみたいなぁ 」 と思うかどうかを基準に、あちこち探し回って集めてきたものばかりです。 出演者の方々との面識などなく、『 自主企画 』 と称して、本当に勝手に掲載させて頂いているものばかりですので、改めてお許しと、ご承知おき願います。 ね。

( ありがたい事に それでも一件だけ ご依頼頂いたコンサートもあります。 掲載依頼は 当面 無償ですので、ぜひ声をかけてみて下さい。 よろしくお願い申し上げます。 )

さて、小林沙羅さん。 いま日本で一番輝いている歌手の一人である事に異存のある方はいらっしゃらないと思います。 Web 上で作業を進めていると 必ず遭遇する方です。 しっかりした広報宣伝担当のスタッフがいらっしゃるようで、やらなければならない事、やっておいた方が良い事、そのための費用などもきちんと理解し 実践されているところがすごいと思います。 また、大変勉強熱心な方だとも聞き及んでおります。 沙羅さん、本気だなぁ、というのが伝わってきますよね。

2013年正月、たまたまテレビがついており 文枝 ( 三枝 ) さんが何やら喋っているのを うわの空 で聞いていたのですが、そしたら突然 ヴァランシェンヌ が歌い出し …  それが沙羅さんとの最初 ( で最後 ) の遭遇でした。 ただ、可愛い童顔の沙羅さんが " 蜘蛛の糸で男どもを引っかける、あたいらは あばずれ娘さぁ! " などと歌っても どうも現実味が薄く …  それに あの曲は音程が低く 彼女には可哀想でした。 " マルゴ! " の部分など、声が怖かったです。

( カンカン の場面では 狭い舞台で 沙羅さんが倒立前転 = でんぐりがえし を披露してくれました。 びっくりしました。 あれはダンサーの方たちの見せ場です。 沙羅さんは かつてバレリーナとしても優秀だったそうですが、それにしても やるなぁ、本気だなぁ。 )

というわけで、彼女の本気度が伝わってくるという意味では、私の評価点は 4.5 です。 個人的に、大いに応援したい 高得点です。 でも、歌を聴かせて頂いた気は まだしておりません。 ??? です。 数々の賞をお取りになっている彼女の声を じっくり楽しませて頂くには、このコンサートはちょうど良い機会ではないでしょうか。

[ 2014/03/28 19:00 ] 公演予定・元 終了公演 | TB(-) | CM(-)

小諸高校  第18回 音楽科演奏会  ( 2014年 )

小諸高校 第20回 音楽科演奏会  2016/03/06,12 記事はこちらから。
小諸高校 第19回 音楽科演奏会  2015/03/14,15 記事はこちらから。




長野県小諸高等学校 第18回 音楽科演奏会  ( 2014年 )
       生徒と講師による ソロ・室内楽コンサート



03月15日 (土)  14:00   ホクト文化ホール ( 長野県県民文化会館 )

  毛見 朱里   ( フルート )
  月岡 穂南   ( サクソフォーン )
  小池 祐香   ( ピアノ )
  竹前 沙南   ( ピアノ )
  戸谷 美沙樹   ( トランペット )

  粟生田 直樹   ( クラリネット )
  小澤 英世   ( ピアノ )
  古市 善子   ( 声楽 )
 

03月23日 (日)  14:00   軽井沢大賀ホール

  荻原 理子   ( フルート )
  岡部 まり子   ( ピアノ )
  小林 莉歌   ( ピアノ )
  笹平 幸那   ( オーボエ )
  福島 由也   ( トランペット )

  朝倉 真奈美   ( ピアノ )
  上田 仁   ( トランペット )
  閏間 健太   ( トランペット )
  山上 貴司   ( ファゴット = バスーン )


主催 長野県小諸高等学校
お問い合わせ ( 音楽科 )   0267-22-1696

03月15日 (土)  14:00
於 : ホクトホール 中ホール   ≫ アクセス
〒380-0928 長野県長野市若里1-1-3 ホクト文化ホール ( 長野県県民文化会館 )
 026-226-0008

03月23日 (日)  14:00
於 : 軽井沢大賀   アクセス
〒389-0104 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢東 28-4    0267-42-0055

 小諸高校  第18回 音楽科演奏会 ( 2014年 )

 コンサート ご感想ページ へ


     ≫ 小諸高校 音楽科 ( 関連 ) まとめ


【 館主敬白 】 小諸高校音楽科関連のコンサートは これで6件め。 まだまだ書き足らず、お伝えしたい事は尽きないのですが …

M先生の専門はピアノです。 私は彼女の奏でる その音が好きです。 ピアノって、たぶん こんな音がするんだろうなぁ、そういう音が こちらに伝わってきます。 それが例え学校の体育館に置いてあるピアノでも、大きな会場のフルコンでも、 もちろんピアノが違うので音もそれなりなのですが、しっかりM先生の音がします。 あの音で弾いてもらえれば、ショパンもベートヴェンも 満足してくれるだろうなぁ、そんな事を思いながら、毎回聴かせて頂いております。

M先生の演奏には 無駄な動きがありません。

以下、私にとって うまく書けない内容になってしまうのが分かっており、それでも 誤解を恐れず書かせて頂くのですが …  演奏には、その曲に対する演奏家の想い は必須です。 演奏者のイメージ ( 私は こう弾きたい! ) が伝わって来ない演奏なんて 出汁の入っていない料理のようなもので、本当に味気ないです。 それがどんなにテクニックとして素晴らしく 完璧だとしても です。 私は芸術的 『 大根のかつらむき 』 を食べたいのではなく、美味しい 『 椀 』 が食べたいのです。 もちろん 『 椀種 = わんだね 』 の仕掛けが素晴らしければ 感動はさらに深まりますけれど。
つまり、例えそれが ピアノを始めたばかりの小学生だとしても ちゃんと想いが伝わってくる演奏はあって、そんな演奏に出会うと、それは やっぱり 素晴らしいし、嬉しくなってしまうんですよね。

で …  、その想いって、体の動きとなって現れるでしょ。 そして、その動きは視覚的に美しく、見ていて心地いいのです。 とても良い演奏に出会えた気分にさせて頂けるのです。

でもでも なのですが … 、その動きが 、私には時々
「 あ、音が逃げちゃってる! 」
って 思える時があるのです。 あぁ、私って 本当に ヘソ が曲がってますよね。

絶品のフルートの音は、唇から出た吐息のエネルギー = 空気の運動エネルギーが 100% 音エネルギーに変換され、楽器を震わせ = 共鳴させ 、ホール全体に拡がっていきます。 弦楽器のボウイング = 弓使い、 ピアノのタッチ、全て同様です。 それが、感情の動きによる体の動きによって、100% までは伝わらなくなってしまうケースがあるように感じてしまう場合があるのです。
私は芸術的 『 パフォーマンス 』 を観たいのではなく、美しい 『 音色 』 に接し、心地良い 『 演奏 』 が聴きたいのです。 もちろん パフォーマンスもテクニックも、素晴らしければ 感動はさらに深まるのですが、運動エネルギーは、まずは に使ってね! って 思ってしまうんですね。

… 、この気分は私の中で突発的にやって来るのであって、つまり自分でも予測がつかず、評価として数値化出来るものではありません。 私にとって、こここそが最大の問題であり、自分でも途方に暮れてヘソが曲がっていると思ってしまう所以なのです。 あぁ、どうしようもなく わがままだなぁ。

M先生の演奏には 無駄な動きがありません。 そして、感動だって しっかり伝わってきますよ!

さらには、本当にびっくりしたのですが、昨年11月の音楽科の定期演奏会 。 M先生のチェンバロの音色は それは素晴らしく、しかも 存在感あるM先生の音として ホールに大きく響いていました。 M先生のチェンバロなんて 初めて聴かせて頂いたにもかかわらず、です。 指の動きが 正しく無駄なく鍵盤に伝わると、きっとこんな音がするんだろうなぁ。 そういう音です。


パンフレットを見ると 今回のコンサートにM先生は出演されないようです。 大変残念ですが、小諸高校のコンサートに通っていれば、早々に出会って頂けると思います。 百聞は一見に如かず、一度体験して頂けば、私が悶々とつづっている本意が すぐにご理解頂けると思います。

そして、小諸高校の先生はM先生ばかりではありません。 錚々たるメンバーで構成されているようです。 こういう環境の中で勉強できる生徒たちは 本当に幸せだと思います。


[ 2014/03/23 14:00 ] 公演予定・元 終了公演 | TB(-) | CM(-)

信州発 『 演奏家の卵たち 』 vol.2 ( 2014 )


信州発 演奏家の卵たち 3 in こだまホール  2015/03/28 記事はこちらから。



地元出身、期待の新人演奏家6人によるコンサート
信州発 『 演奏家の卵たち 』 コンサート vol.2  in こだまホール



傳田 実咲   ソプラノ   ( 横江 智至 ピアノ )

  岡野 貞一    朧月夜
  山田 耕筰    からたちの花
  ストラデッラ  もし幸せの中に
  モーツアルト ( アリア ) 誰がわが恋人の苦しみを知ろう K.582
  ヴェルディ   歌劇 『 仮面舞踏会 』 より  輝く星をごらんなさい


宮島 優哉   ユーフォニアム   ( 大日方 里奈 ピアノ )     ≫ facebook

  P.ウィルビー   コンサートギャロップ
  R.ヴィルヘルム  ユーフォニアムのための小協奏曲


小宮山 愛   ピアノ

  シューマン  幻想曲ハ長調 作品17 第一楽章


前島 眞奈美   メゾソプラノ   ( 渡辺 香花 ピアノ )

  髙田 三郎  くちなし
  小林 秀雄  落葉松
  G.ドニゼッティ  永遠の愛と誠
  G.ビゼー   歌劇 『 カルメン 』 より  ハバネラ


斎藤 澪緒   ヴァイオリン   ( 松橋 朋潤 ピアノ )

  ブラームス  ヴァイオリンソナタ第一番


佐藤 瑞穂   ピアノ

  スクリャービン  ピアノソナタ第三番


主催 : 『 音の卵 』    090-2417-0645 ( 大森


03月16日 (日)  14:00

於 : 信州国際音楽村 ホールこだま ( こだまホール )     ≫ アクセス
〒386-0411 長野県上田市生田 2937-1    0268-42-3436

信州発 『 演奏家の卵たち 』 vol.2

信州発 『 演奏家の卵たち 』 vol.2



 コンサート ご感想ページ へ



【 館主敬白 】  このコンサートをプロデュースした大森晶子さんのブログに …

温かいふるさとのお客様の前で、演奏の楽しさを味わってもらいたい! という気持ちから生まれたコンサートです。     … 中略 …     無料に出来れば最高なのですが … 個人主催のコンサートのため資金がなく、入場料で応援して頂ければ幸せです。

とあります。

私事で恐縮ですが、私も ( 音楽ではありませんが ) 永年、広い意味ではクリエイター = 表現者の一人として生きてきました。 自分でも途方に暮れるほど不器用で能力に欠ける私ですが、座右の銘として、自分で感動していないのに お客様に伝わるはずがない 、 というモットーがあったから、お客様に支え続けて頂き ここまでやってこれたのかな、と思っております。

演奏家が音楽を楽しんでいないのに、どうしてお客様に楽しさが伝わるでしょうか。

ミスタッチ、フレーズ飛ばし、リピート飛ばし … どうでもいいです。 大いに、断然、とことん、うんと楽しんで演奏して頂きたいです。 私はそういうコンサートに出会いたいです。 あ、もちろん耳障りなミスは勘弁して下さいね。デフォルメは したたかなデッサンの延長上にありますからね。 楽譜どおりに弾く、それが出発点、そこから始まるんですからね。 お願いしたいのは テクニックの披露ではなく、演奏家の皆さんの心の在り方を披露して頂きたい、その一点に尽きます。  私はこう弾きたい!  テクニックの習得は そこから始まるべきであり、始まってほしいです。


さて、『 入場料で応援 』  料金については、私も全く 大森さまと同じ気持ちです。

大いに私を感動させてくれた演奏家のコンサートには また行かせて頂きたいです。 だから 演奏家の皆さんには、それまでなんとか食いつないで頂きたいです。 出来れば、多少はゆとりを持った生活をして頂き、演奏活動に集中して頂きたい。 コンサートで持ち出すような事は絶対避けて頂きたい。 私が払うのは、そのための入場料 = 応援費です。 ところが コンサート料金は前払いです。 私を楽しませてくれるかどうか、全く未知数で保証もありません。 でも、行ってみたいコンサートに私は投資するつもりです。 それが例え ¥1,000 でも ¥10,000 でも ¥100,000 でもです。 応援費ですから。
今回の料金設定が正しかったかどうか、私には分かりません。 個人的には ¥10,000 でも行ったかもしれません。 このコンサートの在りようが、そして演奏家の皆さんの力量が、私をその気にさせるかどうか、全ては そこにかかっています。

大森さまのおっしゃっている 『 演奏の楽しさを味わってもらいたい 』 という このコンサート、もしかしたら 試験やコンクール、オーディションより はるかに難しいかもしれませんよ。


[ 2014/03/16 14:00 ] 公演予定・元 終了公演 | TB(-) | CM(-)

ラーチカルテット ( Quartet L'arch ) スプリングコンサート


【 弦楽四重奏 】 in 音羽   ( 信州小諸 日本料理 こもろ 音羽
    ラーチ・カルテット ( Quartet L'arch ) スプリング・コンサート
  水谷晃 Vn  筒井志帆 Vn  加藤大輔 Va  柳田耕治 Vc



W.A.モーツァルト  弦楽四重奏曲第14番 ト長調 K.387 より 第一楽章
             ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲 ト長調 K.423 より 第一楽章
ヴィヴァルディ    四季 より 第一楽章 『 春 』
J.シュトラウスⅡ   ワルツ 『 春の声 』
A.ドヴォルザーク  弦楽四重奏曲第12番 ヘ長調 Op.96 『 アメリカ 』        ほか


水谷 晃    ヴァイオリン
筒井 志帆  ヴァイオリン
加藤 大輔  ヴィオラ        ≫ 広報こもろ 5月号 ( 2014 )
柳田 耕治  チェロ


03月07日 (金)  17:30

於 : 信州小諸 日本料理 音羽   ≫ アクセス
〒384-0007 長野県小諸市鶴巻 2-2-27    0267-22-2225

 ラーチカルテット ( L'arch Quartet ) スプリングコンサート

 ラーチカルテット ( L'arch Quartet ) スプリングコンサート

 ラーチカルテット ( L'arch Quartet ) スプリングコンサート


 ラーチカルテット ( L'arch Quartet ) スプリングコンサート

 ラーチカルテット ( L'arch Quartet ) スプリングコンサート



 コンサート ご感想ページ へ



[ 2014/03/07 17:30 ] 公演予定・元 終了公演 | TB(-) | CM(-)