▲ ページ上へ


















宇都宮ウインドクルー 2017  『 DREAM 』

 宇都宮ウインドクルー 栃木県宇都宮市 吹奏楽団  宇都宮ウインドクルー 栃木県宇都宮市 吹奏楽団  宇都宮ウインドクルー 栃木県宇都宮市 吹奏楽団

宇都宮ウインドクルー コンサート 第19楽章  『 DREAM 』
   ( 吹奏楽 ) 2017 in 宇都宮市文化会館



真島 俊夫   吹奏楽のための交響詩 波の見える風景

ミュージカル 『 レ・ミゼラブル 』 より

ディズニー・プリンセス・メドレー

宇多田ヒカル   花束を君に

     … ほか


 田村和久 たむらかずひさ 指揮者 トロンボーン奏者 吹奏楽指導者 田村 和久          指揮

 宇都宮ウインドクルー 栃木県宇都宮市 吹奏楽団 宇都宮ウインドクルー   吹奏楽


主催 : 宇都宮ウインドクルー


2017年04月30日 (日)  14:00

於 : 宇都宮市文化会館 大ホール     ≫ アクセス
〒320-8570 栃木県宇宇都宮市明保野町 7-66   ☎ 028-636-2121

 宇都宮ウインドクルー 定期演奏会 第19楽章 『 DREAM 』 2017  吹奏楽団員募集 宇都宮ウインドクルー

宇都宮ウインドクルー 団員募集 ページはこちらから。


 コンサート ご感想ページ へ


【 館主敬白 】 昨年は 『 COLOR 』 だった宇都宮ウインドクルー、コンサートのテーマですが、今年は 『 DREAM 』 だそうで。 宇都宮ウインドクルー って若いお嬢さんたちも眩しいですが おっさんたちが元気で ( ついでに格好良く!? ) 、 だとか だとか、よぅやりますよね。 ぜひ あやからせて頂きたいものです。 最近、全然パワーの出ない館主です。  Orz

あぁ、今年もまたこんな季節がやってまいりました。 いつだったか大雪が降り、文化会館南側の芝生の広場一面が真っ白だった事もありましたが、宇都宮は今がいちばん美しい季節です。 高速を宇都宮に向かう途中、岩舟ジャンクションを過ぎたあたりからの左右の山々、宇都宮大学中央大通りの桂の大木の、透過光で仰ぐハート型の若葉、ご来館の皆様にもぜひ見て頂きたいです。

[ 2017/04/30 14:00 ] 公演予定・元 終了公演 | TB(-) | CM(-)

スーパー・コモロ・ウインド・オーケストラ 第1回 演奏会

 山本直哉 やまもとなおや サクソフォーン奏者 サクソフォニスト  笹平幸那 ささひらゆきな オーボエ奏者  田中恵利加 打楽器奏者 パーカッション  石川大樹 いしかわだいき 打楽器奏者 パーカッショニスト  芦澤春奈 コントラバス奏者  三村大生 チューバ奏者  宮島優哉 みやじまゆうや ユーフォニアム奏者  山口泰子 やまぐちやすこ トロンボーン バス・トロンボーン奏者  棚田和彦 たなだかずひこ トロンボーン奏者  小篠亮介 こしのりょうすけ トロンボーン奏者  梅澤駿佑 うめざわしゅんすけ トロンボーン奏者  吉澤夏未 よしざわなつみ ホルン奏者  古越恵美 ホルン奏者  小田原瑞輝 おだわらみずき ホルン奏者  渡邊優 わたなべゆう トランペット奏者  宮本優希 みやもとゆき トランペット奏者  征矢紘子 そやひろこ トランペット奏者  村田礼奈 むらたれな サックス奏者  吉岡奏絵 よしおかかなえ クラリネット奏者  坂口あかり さかぐちあかり クラリネット奏者  粟生田直樹 あおうだなおき クラリネット奏者  白澤春菜 ( 白沢春菜 ) しらさわはるな ファゴット奏者  石井聡恵 いしいさとえ オーボエ奏者  山浦知実 やまうらともみ フルート奏者 フルーティスト  羽生田聖子 はにゅうだせいこ フルート奏者 フルーティスト  海野妙 うんのたえ フルート奏者 フルーティスト  山口泰子 やまぐちやすこ トロンボーン バス・トロンボーン奏者

 スーパー・コモロ・ウインド・オーケストラ 第1回演奏会 2017 in サントミューゼ SUPER KOMORO WIND ORCHESTRA  スーパー・コモロ・ウインド・オーケストラ 第1回演奏会 2017 in サントミューゼ 第一回 演奏会
  in 上田 サントミューゼ 2017
長野県小諸高等学校出身、
  プロフェッショナル音楽家によって結成された吹奏楽団


小諸高校音楽科関連 まとめ


A. リード      春の猟犬
E. ウィテカー    オクトーバー
天野 正道     ラ・フォルム・ドゥ・シャク・アムール・ションジュ・コム・ル・カレイドスコープ
J. バーンズ     アルヴァマー序曲
酒井 格        たなばた

青春の歌謡メドレー

   … ほか


小山 弦太郎   指揮


スーパー・コモロ・ウインド・オーケストラ

ピッコロ・フルート

  海野 妙   羽生田 聖子   山浦 知実

オーボエ

  石井 聡恵   笹平 幸那

ファゴット

  白澤 春菜   荻原 愛梨

クラリネット

  栗生田 直樹   安藤 里真   後藤 夢子   坂口 あかり
  竹内 亜希世   田島 加奈子   続木 奏絵

サクソフォン

  月岡 穂南   古谷 春菜   村田 礼奈   山本 直哉

トランペット

  青木 春菜   閏間 健太   征矢 紘子   宮本 優希   渡邊 優

ホルン

  奥原 由依   小田原 瑞輝   古越 恵美   吉澤 夏未

トロンボーン

  梅澤 駿佑   小篠 亮介   棚田 和彦   山口 泰子

ユーフォニウム

  宮島 優哉

チューバ

  三村 大生   荻原 妃奈

コントラバス

  芦澤 春奈   中村 裕之

パーカッション

  石川 大樹   田中 恵利加   早川 千尋
  松平 珠美   宮島 裕太


※ 当コンサートは、長野県小諸高等学校出身のプロフェッショナル音楽家によって結成された吹奏楽団の旗揚げ公演です。 ( 出演者・曲目は都合により変更になる場合がございます。 )


主催・お問 い合わせ : スーパー・コモロ・ウインド・オーケストラ  s.komoro.wo@gmail.com


2017年04月29日 (土・祝)  14:00

於 : サントミューゼ上田市交流文化芸術センター ) 大ホール   ≫ アクセス
〒386-0025 長野県上田市天神三丁目15番15号   ☎ 0268-27-2000

 スーパー・コモロ・ウインド・オーケストラ 第1回演奏会 2017 in サントミューゼ  スーパー・コモロ・ウインド・オーケストラ 第1回演奏会 2017 in サントミューゼ

 コンサート ご感想ページ へ


【 館主敬白 】 小諸高校関連の新しい企画が産声をあげようとしています。 きらら会 に次いで、吹奏楽という新しいテーマの誕生です。

とくに管楽器の方たちの中には、小学校、中学と吹奏楽部で頑張り、その延長線上で小諸高校を目指す生徒さんも けっこういらっしゃいます。 その中には、音楽科ではなく、コンクール上位常連校としてとしての吹奏楽部 ( クラブ活動 ) を目標に、普通科に進学される生徒さんも多いと聞きます。 というか ( 地元の小・中学生 含め ) 一般的には音楽科より吹奏楽部の方が知名度が高いらしいです。 高校野球、甲子園常連校 って感じでしょうか。 音楽科定期演奏会には、そうした ( 音楽科以外の吹奏楽部員 = 普通科の ) 生徒さんたちにもお手伝い頂 いております。 彼らの参加で、あの、質の高い、重厚でダイナミックなサウンドが生まれているのです。

ところが 残念な事に、一般的なクラシックの世界では管楽器の出番は少ないです。 ステージ上のオーケストラを ざっと眺めて頂いて、管楽器は弦楽器の半分程度の人数だと思います。 ( 管楽器愛好者の人数に対し就職先は極端に少ないって事? ) とくにサキソフォンなんて、お見かけするのは100回のコンサートで2~3回くらいでしょうか。 ま、これには理由があって、現在クラシックコンサートの主流をなしている音楽って、サックスが発明される以前の時代のものがほとんどなので、しょうがないのですけれど。

その代り、例えば紅白のオーケストラ・ピットなどでは、管楽器、大活躍ですけれどね。


     ☆       ☆       ☆       ☆       ☆

 ※ 時間に余裕がございましたら ちょっと寄り道 など されてはいかがでしょうか。

     ☆       ☆       ☆       ☆       ☆


話題を戻します。

という状況の中で プロの吹奏楽団は、とくに若い管楽器奏者の方たちにとっては演奏機会が増えます。 考えてみれば 今まで無かったのが不思議なくらい 普通にあっておかしくないコンテンツですし、潜在的な吹奏楽経験者、吹奏楽愛好家も沢山いらっしゃると思います。 オーケストラは退屈だけど、吹奏楽なら行ってみたいってお客様の掘り起こしにもなります。 ありがたい存在ですよね。 サックス奏者の方々、サックスでない方たちも、出番が来ましたよっ!

指揮をされる小山さんも実はサックス奏者。ここら辺の想いは最大の理解者だと思います。

小山さん、我が国最高峰のプロ吹奏楽団 シエナ・ウィンド・オーケストラ のステージ ( 上手 = かみて = 客席向かって右側 中段、やや奥側 ) でも、その他のコンサートでも時々お見かけする方で、小諸高校関係の方の中でも ヴィオラ奏者の加藤大輔さんと並んで、現在 最も露出度の高い演奏家のお一人だと思います。 そう言えば加藤さんも小山さんも小諸市出身、小諸高校卒。 小山さんの方が一学年上ですが、ほぼ同じ年のお二人です。 せっかくですので小諸市民の皆さんには、そうでない方々も、この事をもっと知って頂きたいです。

※ ちなみに、加藤さんはオーケストラの指揮者の右わきの下あたりでよくお見かけします。

というわけで 加藤さんは東京にお住まいですが、小山さんは ( たぶん ) 小諸在住、小諸高校音楽科の講師も務められています。 で、特筆に値するのは、小諸高校とは言っても 小山さんは普通科のご出身なんです。 小諸高校には音楽科創設と同じ年に入学されており、刺激を受けながらも きっと 「 音楽科になんか負けるな! 」 って頑張られたのではないかと拝察致します。

小山さん、キツネのかぶり物などして トラ に追いかけられたりしてるのではないかと、併せて心配しているのですが … これは秘守義務付きの企業秘密、お問い合わせは控えさせて頂きます。

   トラ って、いつでも どこでも 超・怖ぇー ですよね。   ^^;

若い音楽家の皆さん、これから小諸高校を目指す皆さんも、だから大丈夫です。 小山先生を敬愛しつつも、いつか 小山弦太郎 を超えてやるんだ! って気迫、大切ですよ! 頑張って下さい。


     ☆       ☆       ☆       ☆       ☆


※ プロフィールを徐々にまとめております。 まずは、当館 に登録済みの皆さんから。 それが済んだら、卒業生の方たちを中心に調べていく予定です。 情報の提供を頂けるとありがたいです。 ご出演の皆様の末永い応援 に、わずかでも貢献させて頂ける事を願っております。

  ・ クラリネットの 続木奏絵 さんと 吉岡奏絵 さんは同じ方でしょうか。

プロフィールや画像の差し替えも承ります。 ご迷惑な方は 削除依頼でもけっこうです。 まずはサイドバー、メール・フォームよりお願い致します。

[ 2017/04/29 14:00 ] 公演予定・元 終了公演 | TB(-) | CM(-)

佐久室内オーケストラ スプリングコンサート 2017

 佐久室内オーケストラ  佐久室内オーケストラ

 上原朋子 うえはらともこ オーボエ奏者 上原朋子  モーツァルト オーボエ協奏曲
 佐久室内オーケストラ スプリングコンサート 2017 佐久室内オーケストラ スプリングコンサート 2017
  in 小諸市文化会館



バッハ        管弦楽組曲 第3番 ニ長調 BWV1068
モーツァルト   オーボエ協奏曲 ハ長調 K.314
ハイドン       交響曲 第100番 ト長調 Hob.I:100  『 軍隊 』


 寺島克彦 てらしまかつひこ 佐久室内オーケストラ 指揮者 ヴィオラ奏者 管弦楽指導者 寺島 克彦   指揮
 上原朋子 うえはらともこ オーボエ奏者 上原 朋子   オーボエ

佐久室内オーケストラ   管弦楽


主催 : 佐久室内オーケストラ
( お問い合わせ : 0267-92-2280 小池 )


2017年04月22日 (土) 18:30

於 : 小諸市文化会館  小諸市文化会館 ホール ホール     ≫ アクセス   ≫ G map
〒384-0801 長野県小諸市甲1275番地2 小諸市文化センター ( 乙女湖公園内 )
☎ 0267-23-8880

 佐久室内オーケストラ スプリングコンサート 2017

   ≫ 小諸高校 音楽科ニュース

 コンサート ご感想ページ へ


【 館主敬白 】 このコンサートに気付くのが遅れ、開催一週間前、04/16 日曜日深夜のアップになってしまいました。 ご関係の皆さま、とくに今回のオーボエ・ソリスト 上原朋子 うえはらともこ オーボエ奏者 上原朋子さんには大変申し訳ない事をしてしまいました。 SEO テクを駆使し、まだ上原さんを知らない なるべく多くの方に、短期 間で認識して頂けるよう努めてまいりますが、それにしても ちょっと 遅過ぎました。 ただ、この記事は この先しばらく上原さんを応援し続 けてくれると思います。 なるべく そういうページ になるよう工夫を重ねておりますので、ひとまず お許し願 います。

※ 上原さん、現在はドイツにお住まいなのですか? 実は、当館では、海外で頑張っている日本の若者も 積極的に日本の皆さんに紹介したいと考えております。 例えば 音楽科10期生 野崎剛右さんのオランダでのコンサートなども かつて採り上げさせて頂 いております。 もしよろしければ上原さんの海外でのコンサートも紹介させて頂きたいです。 小さなホーム・コンサートでもかまいません。 上原さん以外の方でもけっこうです。 チケットの売り上げに貢献できるとは思いませんが、上原さんの頑張っている姿、日本の方々にお届けできると思います。 支障が無ければ連絡頂きたく、よろしくお願い申し上げます。

さらに宣伝を少々。 小諸高校卒の若い世代がどんどん台頭 してきております。 コンクール等での実績も素晴らしいです。 開催日が かぶってしまいましたが、同じく 2017/04/22 に横浜で開かれる 『 サリクスカンマーコア 定期演奏会 』 に出演される小巻風香さんは11期生。 小巻さんは昨年の音楽科定期演奏会、メサイアのソリストも務められています。 6月 ( 2017/06/16 ) には、上原さんと同期、13期生の山口泰子さんが、東京で 『 バス・トロンボーン duo コンサート 』 を開催されます。 山口さんは 2017/04/29 にも、同世代の管楽器奏者を募ったプロ吹奏楽団 『 スーパー・コモロ・ウインド・オーケストラ 』 の第1回演奏会に出演されます。 『 スーパー・コモロ … 』 って、ツルヤ じゃないですよ。 小諸高校出身のプロフェッショナル音楽家によって結成された吹奏楽団です。

※ なお、昨年 ( 2016 ) 、第85回日本音楽コンクール オーボエ部門 にて、上原さんは第2予選を通過 ( 12人 ) されています。この時の伴奏者は大森晶子先生でした。 また、同じく第2予選通過者の中に18期生の笹平幸那さんのお名前もお見かけしました。 笹平さんは 04/29 の 『 スーパー・コモロ … 』 に出演されます。 日付が前後しますが、小巻さんご出演の 『 サリクスカンマーコア 定期 』 は 04/22 の他に 04/27 にも、今度は東京で開催されますので、22日は上原さんの、27日は小巻さんのステージをお楽しみ頂けます。

 2017/04/22     佐久室内オーケストラ スプリングコンサート
               寺島克彦先生   上原朋子 うえはらともこ オーボエ奏者 上原朋子さん  ( 小諸市 )

 2017/04/22 .27  サリクス・カンマーコア 第3回 定期演奏会
               小巻風香さん  ( 横浜市栄区、東京都台東区 )

 2017/04/29     スーパー・コモロ・ウインド・オーケストラ 第1回 演奏会
               山口泰子さん  笹平幸那さん  ≫ メンバー 一覧  ( 上田市 )

 2017/06/16     村本悠里亜 & 山口泰子 バス・トロンボーン duo コンサート
               山口泰子さん  ( 東京都世田谷区 )


きらら会 こもろニューイヤーコンサート など、今まで当館で採り上げさせて頂 いてきた方々は ほとんどが音楽科ひと桁世代 ( 1 ~ 9期生 ) の皆さんでしたが、半年前 ( 2016/11/05.06 ) の第22回定期演奏会あたりから、にわかにふた桁世代が加わってきて、益々こちらも気合が入っております。 あと数年すれば、いわゆる よだっと音楽館世代 ( 2013/11/02.03 、第17期生、第19回 定期演奏会 以降 ) の皆さんも加わってきて、さらに にぎやかになる事でしょうね。 楽しみです。 それまで元気で、少なくとも呼吸だけはしていたいものだなぁ。 ^^;

えっとー、ここで 指揮者の 寺島克彦 さんの事も書いておかないと 流れとして 片手落ちですよね。 寺島さんは長野県を代表する指揮者、管弦楽指導者 というばかりではありません。 今回 のオーボエ・ソリスト上原さん、上記 リコーダー奏者 野崎さん、声楽家 ( アルト ) 小巻さん、バス・トロンボーン奏者 山口さんが高校生だった頃の小諸高校音楽科の主任教諭を務められていた方です。 皆さん 寺島先生の指揮を見ながら大きくなりました。 寺島先生につきましては 大変失礼な事も含め、今までかなり書かせて頂いてまいりましたので ここでは省略させて頂きますが、そんなご縁でこのコンサートが実現したんだと ( 館主は勝手に ) 思っています。 上原さんの地元は佐久市で、コンサートの会場が キンプク ( 勤労者福祉センター = 佐久平交流センター ) にならなかったのは何故でしょうか。 佐久室内オーケストラの本拠地、コスモホールでもよかったはずです。 でも、青春を共に過ごした小諸、一番慣れ親しんだホールであろう小諸市文化会館でのコンサートも、それはそれで意義深い事なのだろうなぁ、と、これまた勝手に想っている館主なのであります。


補足します。 オーボエ奏者 上原朋子 うえはらともこ オーボエ奏者 上原朋子さんの陰に隠れて目立ちませんが、今回のプログラムを再度ご確認下さい。 古典派の作曲家が並んでいるだけではないですよ。 寺島先生は全て長調 = dur の曲を選ばれています。 同じ古典派、長調 の曲ですが、バッハはバッハの、モーツァルトはモーツァルトの、ハイドンはハイドンの、それぞれ個性的で全く違ったイメージの曲を並べ、この違いを理解し、ちゃんと弾き分けてね、先生はそうおっしゃっているのだと思います。 アマチュア・オーケストラですから それなりの制約もある訳で、弦楽器にとっては比較的弾き易い調性で音程が安定する って意味もあるのでしょう。 このセンス、配慮、懐の深さ。 寺島先生、本当に素晴らしいです。

それにしてもバッハ。 2曲目だけが有名ですが とっても残念。 組曲全体、とくに奇数番目の曲なんて最高ですよ。 トランペット、オーボエ、優秀な方がいらっしゃるのでしょうね。 それとも賛助出演? 寺島先生は誰を持ってくるんだろ。 小諸高校音楽科関連のトランペットは皆さん超・優秀ですから先生の引き出しの中は豊富で、レギュラー、エキストラ、どなたが吹かれるのかも凄っごく楽しみです。 個人的には小林好夫先生、期待しちゃいますけどねー。

[ 2017/04/22 18:30 ] 公演予定・元 終了公演 | TB(-) | CM(-)

サリクス カンマーコア 第3回 定期演奏会 2017

 サリクス・カンマーコア Salicus Kammerchor

 サリクス・カンマーコア Salicus Kammerchor

サリクス・カンマーコア Salicus Kammerchor 2017
 サリクス・カンマーコア 第3回 定期演奏会 バッハのモテット全曲演奏シリーズ 2017 バッハのモテット サリクス・カンマーコア 第3回 定期演奏会 バッハのモテット全曲演奏シリーズ 2017 全曲演奏シリーズ Vol. 3
~ 詩編モテット と 葬送モテット ~


モテット とは? ( Wikipedia )


グレゴリオ聖歌

   復活徹夜祭のための詠唱 『 諸国よ主をほめ讃えよ 』

ピエール・ド・ラ・リュー ( ca.1460-1518 )

   『 諸国よ主をほめ讃えよ 』

トマス・ルイス・デ・ビクトリア ( 1548-1611 )

   『 諸国よ主をほめ讃えよ 』

ザムエル・シャイト ( 1587-1653 )

   『 諸国よ主をほめ讃えよ 』

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ ( 1685-1750 )

   『 諸国よ主をほめ讃えよ 』

グレゴリオ聖歌

   死者のための聖務日課より応唱 『 私は信じる、救い主は生きておられると 』

ギョーム・デュファイ ( ca.1400-1474 )

   『 めでたし天の元后 』

ジョスカン・デ・プレ ( ca.1440-1521 )

   『 われらの父よ / アヴェ・マリア 』

ハインリヒ・シュッツ ( 1585-1672 )

   『 それは確かに真なる 』

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ

   『 御霊は我らの弱きを強め給う 』   … ほか


櫻井 元希   指揮


サリクス・カンマーコア 】   ( Salicus Kammerchor )

ソプラノ

   金成 佳枝 / 鏑木 綾 / 高橋 慶 / 中須 美喜

アルト

   輿石 まりあ /  小巻風香 こまきふうか 声楽家 オペラ歌手 アルト 小巻 風香 / 髙橋 和真 / 矢ヶ部 直子

テノール

   金沢 青児 / 佐藤 拓 / 富本 泰成 / 渡辺 研一郎

バス

​   小池 優介 / 谷本 喜基 / 西久保 孝弘 / 松井 永太郎

通奏低音

   村尾 芽衣   オルガン
   角谷 朋紀   ヴィオローネ


お問 い合わせ : salicus.office@gmail.com   ( Salicus Kammerchor


2017年04月22日 (土)  14:00

於 : 横浜市栄区民文化センター リリスホール   ≫ アクセス
〒247-0007 神奈川県横浜市栄区小菅ケ谷 1-2-1   ☎ 045-896-2000


2017年04月27日 (木)  19:15

於 : 台東区生涯学習センター ミレニアムホール   ≫ アクセス
〒111-0035 東京都台東区西浅草 3-25-16
台東区生涯学習センター 2F   ☎ 03-5246-5827

 サリクス・カンマーコア 第3回 定期演奏会  サリクス・カンマーコア 第3回 定期演奏会

   ≫ 小諸高校 音楽科ニュース

 コンサート ご感想ページ へ


 サリクス・カンマーコア Salicus Kammerchor

【 館主敬白 】 昨年、2016年11月06日、小諸高校音楽科定期演奏会でメサイアのソリストを努められ 印象深かった  小巻風香 こまきふうか 声楽家 オペラ歌手 アルト 小巻風香 さんを追いかけていて、この室内合唱団 ( 正確には古楽器奏者も含む ) を知る事となりました。 当館では マヨラ・カナームス東京定期演奏会を第1回 から採り上げさせて頂いておりますが、それよりもう少し古い時代の音楽 = グレゴリア聖歌からバッハまでくらいを対象に 、マヨラ・カナームス と棲み分けを図っているようです。

んー、ちょっと違うかなぁ。 当館は 「 クラシック初心者の方にも分かりやすく 」 というのを本来の有り方として運営させて頂 いておりますが、この書き方では サリクス・カンマーコア の方たちに許して頂 けないような気がします。 という事で 『 現代の風景 - 随想 吉祥寺の森から 』 というブログの中に、サリクス・カンマーコア 初 回 の定期演奏会紹介ページをお見かけしましたので、いつもどおり無断ですが、引用させて頂きます。 今回の指揮者で、サリクス・カンマーコア主宰、声楽家でもある櫻井元希さんのコメントも載っております。

なお、下記ページでは、やはり小諸高校音楽科の卒業生である  前島眞奈美 まえじままなみ 声楽家 オペラ歌手 メゾソプラノ 前島眞奈美 さんのお名前もお見かけしました。 前島さん、第1回の定期には出演されてたんですね。



     ☆       ☆       ☆       ☆       ☆


『 現代の風景 - 随想 吉祥寺の森から 』 サリクス・カンマーコア Salicus Kammerchor

 サリクス・カンマーコア Salicus Kammerchor

クラシック音楽、西洋音楽の最も古い形式として辿ることができるグレゴリオ聖歌。中世よりさらに前の古代教会時代から始まっている。 教皇グレゴリオが吃音が激しく、奉唱に難儀していた修道士、ハルトカーの便宜のため、今の五線譜の原型になったネウマ譜で記述するようにし始めて、記譜法が飛躍的に発展していった。

ネウマ譜には細かい印が無数にあり、ボウフラがのたくったようなマークがいくつもあって、これは音の揺らし方などを記したもの。 当時、実際にどのように声を揺らしていたのか、どのように発声を変化させていたかはわからないが、およそだいたいこのようであったであろうという推測の下、今日のグレゴリオ聖歌は歌い継がれている。

ネウマの記述の一つに 「 サリクス 」 という印がある。 この サリクス をそのまま合唱団の名にかぶせた、若手主体の古楽合唱団ができた。 サリクス・カンマーコア Salicus Kammerchor という。 櫻井元希が立ち上げた合唱団。 バッハやモンテヴェルディへのこだわりが強い。  …  ネウマから音型を見直したり、音程の取り方を曲によって音律を変えたりと、難しい挑戦を続けている。



櫻井元希

グレゴリオ聖歌からバッハを捉えなおすというコンセプトで新しい演奏団体を立ち上げました。

様々な演奏家が様々に演奏してきた有名なバッハのモテット、現代の私たちから見れば古い歌かもしれません。 しかし新たな視点で改めてこの曲を捉えなおすと、今までとは違った感覚で音楽がより親しみ深く、そしてより大きな感動を持って迫ってくると考えています。

まだ結成したての団体で、まだ自分たちでもどんな音がするのか、どんな音楽になるのか分かりませんが、「 古く、しかし新しく 」 をモットーに音楽づくりをしていきます。


     ☆       ☆       ☆       ☆       ☆


ネウマサリクス … もっと言えば マヨラ・カナームス とか とか とか …  耳慣れない、訳の分かんない言葉ですよね。

ネウマ って プネウマ みたいだし …  語源が近いのかな?

いずれにせよ、バロック音楽より古い時代 = グレゴリオ聖歌の時代から、バロック音楽、とくにバッハを見つめ、辿ってみよう って事でしょうか。

当館は、館主が行ってみたいと思うコンサート って事を最大の拠りどころとしており、クラシック専科を自負しながら 今まで Jポップジャズ音あそび、弦楽器の試奏会まで採り上げてまいりました。 このコンサートは、その延長線上にあります。 コンテンポラリー = 現代音楽と対極にある音楽ですが、バッハ、テレマン から ドビュッシー、ラベル、フォーレ までの音楽とは聴かせて頂く機会が極端に少ないってところは同じであり、音楽は美空ひばり や 五木ひろし、AKB まで分け隔てなく大好きな館主にとっては貴重な機会を与えて頂く事となりました。 ありがとうございました。

[ 2017/04/22 14:00 ] 公演予定・元 終了公演 | TB(-) | CM(-)

ボリス・ギルトブルグ  ラフマニノフ 24の前奏曲


 ボリス・ギルトブルグ ラフマニノフ 24の前奏曲

東京・春・音楽祭 2017   東京春祭 2017 『 24の前奏曲 』 シリーズ Vol. 6 『 24の前奏曲 』 シリーズ Vol. 6
 ボリス・ギルトブルグ ピアノ奏者 ピアニスト Boris Giltburg ボリス ボリス・ギルトブルグ ピアノ奏者 ピアニスト Boris Giltburg ギルトブルグ   ボリス・ギルトブルグ ラフマニノフ 24の前奏曲 東京春祭 2017 ラフマニノフ  ボリス・ギルトブルグ ラフマニノフ 24の前奏曲 東京春祭 2017 24の前奏曲



ラフマニノフ   24の前奏曲

   前奏曲 嬰ハ短調 Op. 3-2  『 鐘 』
   10の前奏曲 Op. 23
   13の前奏曲 Op. 32


 ボリス・ギルトブルグ ピアノ奏者 ピアニスト Boris Giltburg ボリス・ギルトブルグ   ピアノ


主催・お問 い合わせ : 東京・春・音楽祭 実行委員会
〒102-0071 東京都千代田区富士見 2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム
☎ 03-5205-6497   📠 03-5205-6403


2017年04月15日 (土)  18:00

於 : 東京文化会館 小ホール     ≫ アクセス
〒110-0007 東京都台東区上野公園 5-45   ☎ 03-3828-2111

 ボリス・ギルトブルグ ラフマニノフ 24の前奏曲 東京・春・音楽祭 2017  ボリス・ギルトブルグ ラフマニノフ 24の前奏曲 東京・春・音楽祭 2017  東京春祭 東京・春・音楽祭 2017

 コンサート ご感想ページ へ

[ 2017/04/15 18:00 ] 公演予定・元 終了公演 | TB(-) | CM(-)

今井麻耶 サロンコンサート 2017 竹風堂大門ホール


 今井麻耶 いまいまや ピアノ奏者 ピアニスト  竹内直美 たけうちなおみ 声楽家 オペラ歌手 ソプラノ  松谷明日香 まつやあすか チェロ奏者 チェリスト  今井麻耶 いまいまや ピアノ奏者 ピアニスト  竹内直美 たけうちなおみ 声楽家 オペラ歌手 ソプラノ

 今井麻耶 いまいまや ピアノ奏者 ピアニスト 今井麻耶 ピアノ・リサイタル シリーズ  ト音記号
サロン・コンサート 2017 in 竹風堂大門ホール



ハイドン         ピアノソナタ 第23番 ヘ長調
シューベルト     即興曲 作品 90 - 2,3

ベートーヴェン     チェロ・ソナタ 第1番 作品5-1

中田 喜直        『 むこうむこう 』 『 霧と話した 』
高田 三郎        『 くちなし 』
木下 牧子        『 さびしいカシの木 』

              … ほか


 今井麻耶 いまいまや ピアノ奏者 ピアニスト 今井 麻耶     ピアノ
 松谷明日香 まつやあすか チェロ奏者 チェリスト 松谷 明日香     チェロ、弦楽器製作家 坂本忍 さかもとしのぶ Shinobu Sakamoto チェロ
 竹内直美 たけうちなおみ 声楽家 オペラ歌手 ソプラノ 竹内 直美     ソプラノ


主催・お問 い合わせ : ピアノリサイタルシリーズ実行委員会  imai.piano78@gmail.com


2017年04月02日 (日)  14:00

於 : 竹風堂大門ホール   ≫ アクセス
〒380-0841 長野県長野市大門町 511
竹風堂善光寺大門店 3F   ☎ 026-238-1511

 今井麻耶 サロンコンサート 2017 竹風堂大門ホール

   ≫ 小諸高校 音楽科ニュース

 コンサート ご感想ページ へ



【 館主敬白 】 2016/11/06、小諸高校音楽科定期演奏会松谷明日香さんのチェロが素晴らしかったので、再度聴かせて頂くべく、明けて2017/01/15、きらら会のコンサートに行って来ました。 松谷さん、明るい音色、落ち着きのある豊かな響きで若いベートーヴェンのほとばしる情熱を分かりやすく演出されており、お見事! 期待を裏切らない演奏でした。 そして、それを支える今井麻耶さんのピアノも強く心に残ったのです。

館主は基本的に、同じ演目を別のコンサートに持ってくる事を好みません。 お客様に失礼だと思うからです。 が、今回はこれでもいいかなぁ って思っています。 長野市近郊にお住まいで1月15日に小諸までいらした方ってほとんどいらっしゃらないでしょうから、その方たちに、このベートーヴェンの第1番、ぜひ聴いて頂きたいです。 私も、もう一度聴かせて頂きたい名演です。

そして今井さんのソロも楽しみです。 小諸でのコンサートは松谷さんの伴奏者としてのご出演で、なのでベートーヴェンに寄り添ったタッチと音色に思え、そこがなかなか心地よかったのですが、今回 はソロでハイドンとシューベルトを採り上げられるようです。 アンプロンプチュ は昨年、小川典子さんの公開レッスンも受講され、緊張感をもって研鑽に励まれているご様子。 また、今井さんご本人はショパン好きとも伺っておりまして、そうした情報もふまえて ハイドンとシューベルト、ベートーヴェンをどう弾かれるのか、弾き分けられるのか、ここら辺のご対応に興味が尽きません。

さて、 竹内直美 たけうちなおみ 声楽家 オペラ歌手 ソプラノ 竹内直美さんが少々仲間外れ的流れになっちゃってますが 決してそのような事は無く、この3人は仲も良く、たぶん皆さん長野市周辺のご出身なのでしょうね、過去にも西光寺 ( 長野市 ) など 一緒 にコンサートに出演されたりしているようです。

あっ! そうだ。 笑顔が可愛いクラシック界のシン・ゴジラ、竹内さんの声量でホールが崩れる恐れがありますのでご注意願います。 ガラスにひびが入り、照明器具が落ちてくる程度なら普通です。 床が抜け、建物が倒壊するかもしれません。 この 『 8時だよ、全員集合! 』 的快感がたまらないのでありますが、柱の側 に席を取られたほうが無難かもしれません。 どこか、人間でもいいですが しがみつけるところを自己責任で確保されることをお薦めいたします。

竹内さん、選曲といい お客様への対応といい ステージ・マネージメントも抜群で、きっと高揚感の残るコンサートに仕上げ、締めくくって下さると思います。 ガラ でもいいですが … いつかモーツァルトのオペラとか、聴かせて頂きたいですよね。 小間使いも、女王様とかも聴いてみたい。

という事で、竹風堂大門ホール、近年まれに見る盛り上がりになる事間違いなしっ!

さらには、パンフレットを拝見すると シリーズ  ト音記号  なのだそうで、という事は 少なくとも あと1回、たぶんそれ以上ありそうな雰囲気で … 今回うまくいけば、きっと次回もあるわけで … しばらくの間 今井麻耶 とその仲間たちから目が離せそうにないのであります。

[ 2017/04/02 14:00 ] 公演予定・元 終了公演 | TB(-) | CM(-)