▲ ページ上へ



















大森晶子 ピアノリサイタル 2016


 大森晶子 & アンサンブル・ノヴァ plays ベートーヴェン 皇帝 2016 in 長野ホクトホール  大森晶子 おおもりあきこ ピアノ奏者 ピアニスト コレペティトール プロデューサー クラシック音楽指導者

大森晶子 plays 皇帝 in 長野ホクトホール  2016/10/22 記事はこちらから。



60th ANNIVERSARY   FAZIOLI のたえなる調べ
大森晶子 ピアノ・リサイタル 2016 in 佐久平交流センター



モーツァルト     ロンド ニ長調 K. 485

ベートーヴェン   ピアノソナタ 第14番 嬰ハ短調 Op. 27-2 『 月光 』

ブラームス     4つの小品 Op. 119

ショパン        マズルカ 変イ長調 Op. 24-3
            マズルカ へ短調 Op. 7-3
            マズルカ  変二長調 Op. 30-3
             ピアノソナタ 第3番 ロ短調 Op. 58


大森 晶子     ピアノ        ≫ ブログ


お問い合わせ : 大森晶子 ピアノリサイタル実行委員会   📱 080-4658-5588


2016年05月15日 (日)  14:00

於 : 佐久市 佐久平交流センター ( 旧・佐久勤労者福祉センター )   ≫ G map
〒385-0029 長野県佐久市佐久平駅南 4-1   ☎ 0267-67-7451


 大森晶子 ピアノ・リサイタル 2016 in 佐久平交流センター

 大森晶子 ピアノ・リサイタル 2016 in 佐久平交流センター


 コンサート ご感想ページ へ


【 館主敬白 】 このリサイタルを知った時、最初 に思ったのは …

「 え゙? 大森さん、きんぷく でやるの? 」 でした。  ^^;

『 きんぷく 』 とは、館林市の たぬきクン の事ではなく、今回 の会場、佐久平交流センターの旧称、佐久勤労者福祉センター の略称です。 いずれ 誰もが 交流センター とか呼び出す事になると思うのですが、現在はまだ 『 きんぷく 』 の方が 通りが良いと思います。 館主は練馬に住んで12年目に入りますが、佐久地方の事には けっこう詳しいつもりです。 最新事情には だんだん 疎くなってきましたが。

で、 きんぷく に備え付けのピアノは、けっこう個性が強いのです。 ピアニストを選ぶし、演奏曲目も選びます。 ピアニストの方って、自分の演奏する楽器が選べないので 慣れていらっしゃるとは思うのですが、普通は あのピアノを選びたくはないだろーなぁ、というピアノなのです。

あ、決してあのピアノを悪く言うつもりはありません。 どこに書いたのか … 探してみたものの見つからないので もう1回書きますが、 以前、この会場で ドビュッシーの月の光を アマチュアの方が簡易バージョンで弾かれるのを聴かせて頂いた事があったのですが、音色も演奏も、私の少ない人生経験の中で言わせて頂 けば 最高! 、40年前、さんざ聴いたベロフ の音色と演奏に遜色ありませんでした。 最初の、オクターブの As 2音が鳴ったその瞬間から、確かに天空から青白く輝く 月の光が降りそそいできてました。 撮影の仕事中だったのですが 思わず指が止まり、ファインダーから目を外してしまったくらいです。 『 月の光 』 は きんぷく で演奏されることを強くお勧め致します。 ただし、あのホールは大きさの割 に響き過ぎる傾向があり、ピアノも未熟なタッチでフォルテを弾くと音が飽和して濁ります。 そこだけ注意して、鍵盤をバンバン叩かないで頂けたらと思います。 最良の方策は チケットを完売する事かもしれません。

もう1点。 昨年、2015年12月06日の小諸高校の卒業生演奏会で大森さんがこのホールのピアノを使いこなすのを目撃してしまいました。 当日の大森さんのミッションは 高校生の伴奏を2回弾く事だったのですが、1回目で どこか違うな と感じられた ( 実際、私はピアノの音色が、ソリストに寄り添っていないと思いました ) のでしょうか、2回目、見事に音色をコントロールされてました。 本当にお見事でした。 ほら、ピアニストの皆さん、やれば出来るじゃないですか。


前置きが長くなりましたが …

という訳で、最初 にこのパンフレットを拝見した時、 「 え゙? 何で きんぷく? 」 って思うと同時に、私は大森さんが、このピアノについて 何か開眼した? 使いこなしの閃きと遭遇した? かと思ったのです。

そしたら FAZIOLI なんだって!

FAZIOLI って 初めて聞く名前だったのですが、調べてみるとブランド自体は最近のものらしいのですが、イタリアの、如何にもイタリアの 手造り超・高級ピアノらしいです。 世界で最も高額なピアノとしても知られているそうです。 いったい 日本に何台入ってるんだろ。

こんな機会はめったにありません。 FAZIOLI 、聴かせて頂きたいですよね。 是非、聴かせて頂きたいです。

でも いつか、大森さんがこのホールのピアノを弾くのも、ぜひぜひ 聴かせて頂きたいです。 ^^;



 大森晶子 おおもりあきこ ピアニスト コレペティトール プロデューサー

【 館主つぶやき 】  『 え゙? 』 の 続きです。

え゙? 大森さん、同世代だとは知らなかった。
ひとまわり 以上 下だと思ってた。
んな事、知らせてもらわなくても良かったのに!

『 演奏再開10周年記念 』 くらいがよかったなぁ。

関連記事
[ 2016/05/15 14:00 ] 公演予定・元 終了公演 | TB(-) | CM(-)