▲ ページ上へ



















MCFオーケストラとちぎ 2016 in 宇都宮

マロニエール・クラシック・フェスティバル Vol.5 2017/08/12 記事はこちらから。



 MCFオーケストラとちぎ  MCFオーケストラとちぎ  田渕哲也 たぶちてつや オーボエ奏者

マロニエール・クラシック・フェスティバル コンサート Vol.4
MCFオーケストラとちぎ Presents  2016 夏 in 宇都宮



チャイコフスキー   歌劇 『 エフゲニー・オネーギン 』 Op. 24 より “ ポロネーズ ”
R.シュトラウス     ホルン協奏曲 第1番
チャイコフスキー   バレエ音楽 『 白鳥の湖 』 より ハイライト ( 語り付き )



高井 優希     指揮
伝田 正秀     ゲスト・コンサートマスター
今井 仁志     ホルン ( MCFオーケストラとちぎ 応援メンバー )
福嶋 真理子   語り

MCFオーケストラとちぎ   管弦楽     ≫ メンバー紹介


主催・お問い合わせ : 一般社団法人 MCFオーケストラとちぎ   ☎ 028-612-7761


2016年08月07日 (日)  14:00

於 : 栃木県総合文化センター メインホール   ≫ アクセス
〒320-0033 栃木県宇都宮市本町 1-8   ☎ 028-643-1000

 マロニエール・クラシック・フェスティバル Vol.4 2016 in 宇都宮  マロニエール・クラシック・フェスティバル Vol.4 2016 in 宇都宮  MCFオーケストラとちぎ サポーター募集中!

MCFオーケストラとちぎ サポーター大募集!


 コンサート ご感想ページ へ


【 館主敬白 】 宇都宮って、本当に音楽が盛んらしい ってご存知でしょうか。 宇都宮ウインドクルーというアマチュア市民吹奏楽団のコンサート記事を編集していたら、市民吹奏楽団だけでもかなりあるって事が分かってきて … 現在、練馬から Web 経由で検索してみただけでも13団体もあるらしいのです。

そんな事を調べていたら ( 吹奏楽ではありませんが ) 日本交響楽団 などという、どうして こんな命名なの? っていう 凄い名前のアマチュア・オーケストラが小山市にあったりして … 栃木って餃子やワインばかりじゃないよね、さすが渡辺貞夫さんの出身県だよね! って感じです。

 田渕哲也 たぶちてつや オーボエ奏者

そうした中、MCFオーケストラとちぎ ってオーケストラを見かけてしまいました。 これは栃木県で唯一のプロのオーケストラらしいです。 というか、宇都宮 = 栃木県では、毎年夏に マロニエール・クラシック・フェスティバル というのをやっていて、MCFオーケストラとちぎ は この催し物のために毎年特別編成される、栃木県出身者や在住者、栃木ゆかりのプロ演奏家の方々によるオーケストラのようです。 館主としましては、平成26年度まで小諸高校音楽科の講師をされていたオーボエ奏者の田渕哲也さんを メンバー表の中にお見かけしたりして、感慨深いものがあります。 他にも、過去に当館において取り上げさせて頂いた方がいらっしゃるかもしれません。

   ≫ 2016/11/09 情報提供を頂きました。


MCF というのは マロニエール・クラシック・フェスティバル のことでしょうか。 マロニエール とは 『 マロニエ = セイヨウトチノキ = 栃の木 』 という事なのでしょうね。 サイトウ・キネン・オーケストラ も 連想させますが、私個人としましては これまで何度も取り上げさせて頂いてきた、故郷信州のプロ・オーケストラ、アンサンブル・ノヴァ = ensemble NOVA を思い出してしまいました。 ほぼ、同じような仕組みのオーケストラだと思います。 ただし、コンサートをこなしてる って意味ではアンサンブル・ノヴァのほうが少しキャリアがあるみたいですが、組織とか、支援体制とかはこちらのほうが整ってるようで … 少なくとも Web 媒体を持っているって意味では、MCF のほうが、当館としては応援しやすいです。 ま、どちらもそれなりに違いや事情はあるはずで、それぞれを参考にして頂ければ それで良いのですが。

マロニエール・クラシック・フェスティバル コンサート 』 は 今年で4回目の夏を迎えるようです。 詳細は 『 MCFオーケストラとちぎ 』 のページをご覧頂くとして このオーケストラの PV ( プロモーション・ビデオ ) を拝見すると、このオーケストラはマイスタージンガーの序曲で産声をあげたみたいで、何とも この企画に相応しい ピッタシな選曲だなぁ と思わずにはいられません。 ごめんなさい、本当に産声という事で、絶対お薦めの名演奏 という訳ではないのですが、プロというのは一年間の練習の成果を! みたいにはいかないのです。コンサート当日、午前中の練習で初めて全員が揃う、みたいな事も多いと思います。 でも、いろいろ聴かせて頂いた中で、やはり、最も記念すべき演奏だよね って思いましたので、PV と併せ、序曲、 追記( 続きを読む )欄 に貼らせて頂きますね。 という訳で、田渕さんもご在籍のようですし、宇都宮の市民吹奏楽団を永年応援させて頂いてきた経緯もあり、また、本当に個人的な事ですが私の家族の一人が大変お世話になった土地でもあり … ささやかではありますが アンサンブル・ノヴァ 同様 このオーケストラを応援させて頂きたいと思います。 よろしくお願い申し上げます。


※ 2016/11/09 、K様から情報提供を頂きました。 上記 記事中に MCFオーケストラ は栃木県唯一のプロ・オーケストラ と書きましたが、まだ他にもプロのオーケストラがあるようです。 私の調べ方が中途半端だったようで、ご迷惑をかけた ご関係の皆さま、お客様に 深くお詫び申し上げます。 K様、ありがとうございました。

K様からは 足利カンマーオーケスター も栃木県のプロ・オーケストラであると ご指摘を頂いたのですが、他にもあるかもしれません。 館主も真剣に検索してみたのですが、現状 見つかりませんでした。 引き続き追いかけてみますが、お客様からのさらなる情報提供を頂けるとありがたいです。 さらには、MCFオーケストラの 実際のコンサートからは 約半年が過ぎており、この追加文章を どれだけのお客様に読んで頂けるのか、いささか不安です。 ここにお詫びの文章を載せても、ほとんど読んで頂けないと思います。 この内容は 以降の記事に反映させてまいりたいと考えておりますので、ご理解と ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。



マロニエール・クラシック・フェスティバル YouTube 動画


MCFオーケストラとちぎ の YouTube 画像、沢山アップされてます。 読響の小森谷さん、N響の菅原さんなどのご尊顔も散見されますし … オルフェのクラリネット・ソロの部分の菅原さん、楽譜を追い、体で拍子をとり、まるで我が子の演奏に接するように 心は一緒に演奏している って風情で … このクラリネットが また 素晴らしい音色 ( とくに中低域が! ) 、名演奏 = 安心して聴いていられる = つまり ハラハラ・ドキドキ させるような演奏ではないにもかかわらず このご様子 って部分で、なおさら 菅原さんの普段の人柄がしのばれたりして … 栃木県出身のプロ演奏家の質の高さ、層の厚さ、ネットワークの拡さ とかいう枠を超えて、あぁ、栃木の人ってこんな感じなのかなぁ ってのを感じさせる映像です。 なかなかです。 日本交響楽団 って名前、こっちで良かったかもしれません。 ^^;

このオルフェ、オーボエも素晴らしいです。たぶん田渕さんだと思うのですが。



関連記事
[ 2016/08/07 14:00 ] 公演予定・元 終了公演 | TB(-) | CM(-)