▲ ページ上へ



















コバ スペシャルライブ 2016 in 長野市芸術館


coba スペシャル・ライブ 2016 at NCAC (長野市芸術館 )



ダッタン人の踊り / リベルタンゴ / 亡き王女のためのパヴァーヌ
SARA / 過ぎ去りし永遠の日々

   … ほか


coba ( コバ )    アコーディオン
伊丹 雅博       ギター
田中 晋吾       ベース
山内 陽一朗     ドラムス
押尾 コータロー   ギター ( アコースティック・ギター 特別出演 )


主催 : 一般財団法人 長野市文化芸術振興財団
     ( 長野市芸術館 NCAC = Nagano City Arts Center )


2016年06月25日 (土)  18:00


於 : 長野市芸術館 ( NCAC ) メインホール   ≫ アクセス
〒381-0000 長野県長野市鶴賀緑町 1613 長野市芸術館 ( NCAC )
☎ 026-219-3100

 コバ スペシャル・ライブ 2016 in 長野市芸術館 ( NCAC )

 コバ スペシャル・ライブ 2016 in NCAC ( 長野市芸術館 )


 コンサート ご感想ページ へ


【 館主敬白 】 一昨年 ( 2014/10/02 ) 、上田市に サントミューゼ が開館したばかりのような気がしていたら、今度は長野市に新しいホールが出来たのだそうです。 ホール・ラッシュ って感じです。 まぁ、上田市、長野市の市民会館は老朽化してきており、そろそろ建て替えの頃合いになってきていて、たまたま その時期が重なった って事なので 仕方ない面もあると思うのですが、とくに 長野市には既に立派なホールが沢山あり、供給過剰で ちょっと もったいない気がしないでもありません。 ともあれ ホール・フェチの私としましては、一度聴かせて頂きたいのではありますが、いっその事 アコースティック な コンサート・ホールではなく、ギンギン に デッド で 2.22 マルチ・チャンネル みたいな音響だと、差別化が出来て面白かったかもしれません。 ライブ会場だけでなく 録音スタジオとしての需要も見込めたと思います。 っても、今頃そんな事言っても 遅過ぎますけどね。 ^^;

というわけで長野市芸術館 ( NCAC )の公演予定欄を拝見させて頂くと …

ナガノ・チェンバー・オーケストラ ( NCO = Nagano Chamber Orchestra 長野室内交響楽団? ) ってのが 小屋付き、つまりこのホール専属のプロ・オーケストラが新しく編成されたみたいです。 長野市の近くでは須坂市メセナホール須坂メセナホールオーケストラ という やはりプロのオーケストラがありますが、だいたい同じような仕組みなのでしょう。 既に当館に登録されている演奏家の方としては、齋藤澪緒 ( Vn ) さん、加藤大輔 ( Va ) さんが参加されているようです。

ただ、長野市に隣接しながら規模の小さい須坂市が、なんとかそのアイデンティフィケーションを保とうと頑張っているのに、同じ事をして 結果的に須坂市を霞ませてしまう事に何の意味があるのでしょうか。 長野市さん、そんな事して楽しいですか?

さらには 上記 メセナホールオーケストラ に加え、長野には アンサンブル・ノヴァ ( ensemble NOVA ) という優秀でキャリアもあるプロ・オーケストラがあり、人的 にも予算的 にもパワーが分散してしまいそうで もったいない気がしてしまう私です。 ノヴァの皆さんや須坂市に協力してもらうとか、ほかにやり様は無かったのでしょうか。 お隣を尊重し 皆んなで盛り上がっていく工夫を考える、格上の長野市の器量が問われる部分ですよね。

えっとー、coba さんのコンサートが目に飛び込んできました。 世界的には小澤征爾さんより知名度があるかもしれない 郷土の大スターです。 一度は生演奏で聴かせて頂きたいですよね。 一点 、松代出身の coba さんを、間違いではないとはいえ 半ば強引に 長野市出身にしてしまったところが、松代の方は ちょっと 割り切れない思いをされているだろうなぁ って点を除けば、ちょっと中途半端感が否めないこのホールに ぴかぴか 光るものを感じさせてくれる、最高のコンサートだと思います。 旧・松代町 ( 現・長野市松代 ) 出身 って、どうして書けないんだろ。

coba さんのコンサート、coba さんと関係ないところでケチが付いてしまい、大変残念です。

関連記事
[ 2016/06/25 18:00 ] 公演予定・元 終了公演 | TB(-) | CM(-)