▲ ページ上へ


















館主・近況  まとめ


【 2017/08/22 】 フォト蔵、緊急メンテナンスのお知らせ。

よだっと音楽館 、画像のデータベースとして利用しております 『 フォト蔵 』 サイトが、只今サーバ不具合によるメンテナンス中とのアナウンスがありました。

その間、継続 して当館の主な画像の一部、及び フォト蔵関連のリンクの一部等をご利用頂く事が出来ない状態となっております。

お客様には大変ご迷惑をおかけ致しますが、復旧まで しばらく お待ち願います。

その他の機能は通常どおり稼働しておりますので、引き続きご利用いただけます。


     ≫ フォト蔵公式 Twitter
     ≫ フォト蔵からのお知らせ

     ≫ よだっと音楽館は、脱・フォト蔵対策を徐々に実施しております。


注 ) 一部の画像は facebook でもご覧頂けます。


フォト蔵、また止まっちゃってます。 いつまで続くのでしょうか。 いつかみたいに、具体的な顧客への説明は一切無く、このまま1週間以上放置 ってのは勘弁してもらいたいです。 今回の運営側の対応も、とても顧客に寄り添っているとは感じられません。 オフィシャルの twitter では まるで 予定されていたメンテナンスのように書かれておりますが、今回も事前に予告されていたものではありませんでした。 さらには、いつ終了予定なのかさっぱり説明がされておりません。 顧客の最大の希望はシステムが早々に回復する事ですが、それが叶わないなら、いつ回復するのか、1週間? 10日? 1ヶ月? おおよその説明くらい頂けないのでしょうか。 それすら見当がつかないのでしょうか。 Web は時々刻々です。 このアナウンスは1時間おきぐらいに更新して頂きたいです。 というか、最初 に書かれていた予定時間どうりに終了して頂きたいです。

目安を立てる事が出来ない? もしくは 現場から上司へありのままの報告をしづらい? 状況があるんだろうなー って様子が想像できる事が、フォト蔵への不信感をさらにつのらせます。 たぶん 運営側 に、事態が充分理解出来、責任が取れる方がいらっしゃらないのでしょう。 フォト蔵とは、そういう企業が運営するサイトのような気がします。

以前は友人知人に盛んに勧めていたサイトです。 もう10年を超えてお世話になり、使い勝手の良さも熟知し、古き良き時代の素晴らしさも知っているだけに、ここ数年のフォト蔵のあり方は本当に悲しく残念です。


08/30 、やっとフォト蔵より、少し具体的なアナウンスがありました。 「 専門業者との提携にて全社員で作業を進めている状況でございます。 進捗がわかり次第お知らせして参ります 」  … が、 フォト蔵って専門業者じゃなかったんでしょうか。 あまり つっ込むと いじめ になっちゃうのかもしれませんが、これって、フォト蔵のサーバ・メンテナンスの担当者は専門家じゃないって事なのでしょうか。 それとも、サーバは複数のミラーリングがされていなかった? データのバックアップが取れていなかった って事? 分かりませんが、なんとも不可解です。


09/06 、追記します。 09/04、フォト蔵より 「 一部画像の NO PHOTO 表示が解消致しました。 」 というアナウンスがありましたが、当館関連の画像は全て元のままです。

① 完全復旧はいつ頃になるのでしょうか。
② そもそも完全復旧するのでしょうか。
③ 完全復旧出来ない事が判明し、善後策を検討されているのでしょうか。

最初のトラブルが発生したのは8月22日でした。 まだ見とおしが立たないって事なのでしょうか。 顧客に寄り添った説明を頂きたいです。



【 2017/08/08 】 サイドバーにランキング・サイトの投票ボタンを設置してみました。

 ブログ村 クラシック 投票ボタン   blogram 投票ボタン   FC2 投票ボタン   人気ブログランキング クラシック 投票ボタン

投票ボタン、出したり入れたり せわしなくて申し訳ありません。 せっかく押して頂いてもその効果が実感出来なかったり、投票ボタンを押すため ( だけ? ) に わざわざご来館頂く方もいらっしゃったり … それでは申し訳ないと設置は控えていたのですが、お客様から 「 せっかく よだっと音楽館 に行っても投票ボタンが無く、張り合いが出ない。フラストレーションがたまってしまう。」 というコメントを2件も頂いてしまいました。 どうしたものかと思案しつつ、類似するボタンと併せ半年ぶりくらいに再表示させて頂きました。 投票して頂いたからといってお礼に伺うような時間も限られてしまいますが お気の済むようにして頂 ければと思います。 でもせっかくなので、この際 片っ端から思いっきし投票して頂けたら とも思います。 お手数をおかけし誠に恐縮の限りです。


コンサートご関係の皆さま。 いいね! ボタン 等、投票関係のボタンを一ヶ所にまとめました。 twitter や facebook へのボタンは各コンサートページの下段にも表示させて頂いております。 なるべく沢山のボタンを押して頂くと当館の宣伝 になる? やもしれず、結果として皆さまのコンサートのアピールに繋がるかもしれません。 よろしければ ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。


注1 ) 当館を支持して頂いているお客様、及び お時間を持て余しているお客様に申し上げます。 ブログ村 など、表示してある四つのランキン・グサイトは、お手持ちの端末 ( PC 、スマホ等 ) 1台につき、1日1回投票して頂けるようです。1日に2回投票して頂いても1回としか見なされないようです。 もし そのようなエネルギーがございましたら 翌日に持ち越して頂くとありがたく、効率的だと思います。

注2 ) よだっと音楽館をさらに応援してもよいとお考えのお客さま、1日1回の投票では物足りないとお感じのお客様にご案内致します。 ランキン・グサイトの投票ボタンをクリックして頂 くと 該当するサイトの画面に移動するのですが、そのページのどこかに当館の名前が表示されている部分がございます。 例えば ブログ村 など、対象サイトがランキング順に上位から並べられているサイトにおいて、当館はだいたい30位くらいのところにおります。 本当にご面倒で申し訳ないのですが、その、どこかにある当館を探して頂き 『 よだっと音楽館 』 をクリックして頂くと、さらにランクがアップする仕組みになっている? らしいです。


本来 ランキン・グサイトのあるべき姿とは 『 そのサイトがお客様に支持されているか 』 という事で、それを 『 何回クリックして頂いたか 』 というかたちで数値化し、一般的に分かりやすくしょうと試みた って事なのでしょうが、たぶんランキング上位で競っている方々は本来の意義とは異なり 『 自サイトが支持されているか 』 より 『 自サイトのランキングが上位であるか 』 に重点を置き、知恵と知識と経験と手間と情熱とテクを駆使し、個人の枠を越えてグループとか組織的に順位を上げる工夫をされ、Web を楽しまれているような気がします。 どこか、音楽コンクールに似ているような気もします。

まぁ、それはそれで楽しそうですし、自慢にもなり、やりがいもあり、モチベーションも上がり、否定とか非難とかの対象ではないのですが … 当館が真に目指すところとは別のところにあり、最初 に述べさせて頂いたとおり その効果も あまり実感できておりません。 館主個人と致しましては結果に一喜一憂する事なく、惑わされず、引き続き 全国の素敵なコンサートを探し出し、お客様にお届けし、楽しんで頂く事を最優先して参りたいと考えておりますが、それにしても いつも 30位 だったのが 今日は 29位 だったら嬉しい! みたいな … ちょっとした励みとか目安にはなりますし、今まで当館をご存知なかった方の目に止まりやすくなるかもしれません。 ご協力、ご支援を賜れば大変ありがたく、謹んでお願い申し上げる次第であります。



【 2017/07/07 】 おりなす八女様、今回の水害に際し 何かお手伝いさせて頂ける事はありませんか?   ≫ 続きを読む


【 2017/06/26 】 中学生プロ棋士 藤井聡太四段の29連勝達成の日、livedoor blog に大変な欠点を見つけてしまいました。   ≫ 続きを読む


【 2017/06/19 】 お世話になりっぱなしのフォト蔵。感謝の念に堪えないのですが、相変わらずシステムが不安定、ユーザー対応が不誠実、経営基盤がぜい弱、以上3点の理由により このままフォト蔵に依存していていいものかどうか不安でもあるのです。 で、代替サイトにならないか、livedoor blog を試してみております。

試作奮闘記はこちらから。


【 2017/05/31 】 おりなす八女 ピアノの名器体験 をサイドバー、掲示板ににアップしました。 ぜひお立ち寄り下さい。


【 2017/02/06 】 02/05、アクセス・カウンターがいきなり 100 を超えてしまいました。今までのピークが 70 くらいだったので、ちょっとびっくりしました。 調べてみると、その半分くらいのお客様が カルメン にいらして下さってました。 ありがとうございます。 感謝です。

メジャーな演奏家、メジャーな演目は今さら当館で取り上げなくてもいいのでは? って気持ちがあるのですが、このカルメンで初めて当館にお越し頂いた、初めて当館を認識して頂いたお客様もいらっしゃると思います。 だとすれば よだっと音楽館 の認知度を上げるために、もう少しメジャーなコンサートを採り上げてもいいのかなぁ とも思いました。

ただ、最も重要なのは、質の高い、お客様に寄り添った 喜んで頂けるページを作り続けていくのを忘れない事ですけれど、じゃ、当館はそれが出来ているのでしょうか。


【 2017/02/02 】 最近、フォト蔵へのアクセスが極端に増えており、あぁ また 障害が起きているんだなぁ って思っていて、たぶんその通りだと思うのですが …

時を同じくして facebook への いいね!も微増していて、しかもハンマメットなどという北アフリカから中東、インド、東南アジア、中米のボコタまで、さすがにグローバルだわい。 はっきり営業目的なのもありますが、とてもそうとは思えないご来館も多く、どうしてこんな事が起きているんだろう、この人たちは極東のクラシック・コンサート、しかもあまりメジャーじゃないものばかり並べているこの弱小零細サイトに、どうして いいね! するんだろう。 日本語、どう対応してるんだろ。 不思議なのであります。

館主は、海外で頑張っている邦人のコンサートも日本の皆様に紹介させて頂きたいと強く想っており、これはいい機会かも とも思うのですが、なにしろ英語も珍文漢文なのにタイ語、アラビア語とか …

   ね。   ^^;


関連記事
[ 2012/10/28 02:00 ] 補助ページ | TB(-) | CM(-)