▲ ページ上へ



















日生劇場 ファミリー アリスのおんがく旅行 2017

 鵜木絵里 声楽家 オペラ歌手 ソプラノ 日生劇場 ファミリー フェスティバル 2017 ベートーヴェンと行くアリスのおんがく旅行  加藤昌則 かとうまさのり 作曲家 ピアノ奏者 ピアニスト 岩村力 いわむらちから 指揮者  Chikara Iwamura 岩村力 いわむらちから 指揮者

ベートーヴェンと行く 日生ファミリー 日生劇場ファミリーフェスティバル 2017 ベートーヴェンと行くアリスのおんがく旅行 アリスのおんがく旅行
 日生ファミリー ベートーヴェンと行くアリスのおんがく旅行 2017 日生劇場  日生ファミリー ベートーヴェンと行くアリスのおんがく旅行 2017 愛知 ファミリー  日生ファミリー ベートーヴェンと行くアリスのおんがく旅行 2017 福岡 フェスティバル 2017
アリスのクラシックコンサート


愛知 ( 名古屋 ) 公演 2017/07/29 記事はこちらから。
福岡公演 2017/08/05 記事はこちらから。




ベートーヴェン   交響曲 第9番 第4楽章

モーツァルト / 加藤昌則   きらきら星変奏曲 ( ベートーヴェン風 / ショパン風 )

モーツァルト   オペラ 『 魔笛 』 より  “ パパパの二重唱 ”

ショパン   革命のエチュード

ロッシーニ   オペラ 『 セヴィリアの理髪師 』 より  “ 今の歌声は ”

ビゼー   オペラ 『 カルメン 』 より  “ 闘牛士の歌 ”

チャイコフスキー   バレエ 『 くるみ割り人形 』 より  “ 金平糖の踊り ”

J.ウィリアムズ   映画 『 スター・ウォーズ 』 より  “ メイン・タイトル ”

シャーマン兄弟   イッツ・ア・スモールワールド

加藤 昌則   ピアノ協奏曲 ( 新作・即興演奏 )

   … ほか



 鵜木絵里 うのきえり 声楽家 オペラ歌手 ミュージカル・シンガー ソプラノ 鵜木 絵里     アリス ( ソプラノ )
宮本 益光     ウサギ ( バリトン )
宮谷 理香     ショパン ( ピアノ )
加藤 昌則     加藤先生 ( ピアノ )
長谷川 初範    ベートーヴェン
清水 愛恵     バレエ ( 東京シティ・バレエ団 )
岩間 凛       モーツァルト ( 22・土 )
原田 礼       モーツァルト ( 22・土 )
伊集院 茉衣    モーツァルト ( 23・日 )
河野 ゆり      モーツァルト ( 23・日 )


岩村力 いわむらちから 指揮者  Chikara Iwamura岩村 力     指揮
宮本 益光   構成
粟國 淳     演出
 加藤昌則 かとうまさのり 作曲家 ピアノ奏者 ピアニスト 加藤 昌則   作曲・編曲

神奈川フィルハーモニー管弦楽団


清水 彩果   脚本 ( 日生劇場 )
tamako☆    装置
大島 祐夫   照明 ( ASG )
増田 恵美   衣裳 ( MOMA WORKSHOP )
安達 悦子   振付 ( 東京シティ・バレエ団 )
星野 具典   音響 ( 日生劇場 )
村山 悦子   ヘアメイク ( 丸善 )

川嶋 雄介     副指揮
鈴木 恵里奈   副指揮
伊藤 美佐     コレペティトゥア
経種 美和子   コレペティトゥア
小貝 俊一     サウンド・デザイナー
伊奈山 明子   演出助手
中嶋 恭子     舞台監督 ( 日生劇場 )


お問い合わせ : 日生劇場   ☎ 03-3503-3111


2017年07月22日 (土)   11:00  15:00   ( 2回公演 )
2017年07月23日 (日)   11:00  15:00   ( 2回公演 )

於 : 日生劇場     ≫ アクセス
〒100-0006 東京都千代田区有楽町 1-1-1   ☎ 03-3503-3111

 ベートーヴェンと行くアリスのおんがく旅行 2017  ベートーヴェンと行くアリスのおんがく旅行 2017 in 名古屋 ベートーヴェンと行くアリスのおんがく旅行 2017 in 福岡

   ≫ 小諸高校 音楽科ニュース

 コンサート ご感想ページ へ


【 館主敬白 】 鵜木絵里さん、今年も いい味 出してますよね。 惚れ惚れしてしまいます。 額 に付いている白いものが何なのかちょっと気になりますが、このままギャングのボス役でもいけそうです。 という訳で、鵜木さんと加藤昌則さんについては過去にも度々書かせて頂 いておりますので、今回は指揮者の岩村力さんについて少々。  なお、鵜木さんと加藤さんにつきまして、過去に当館がどのようコンサートを採り上げ、どのような ( 偉そうな ) 事を書かせて頂 いてきたかにつきましては、画面左上、サイドバーの一番上に サイト内検索 という仕掛けを FC2 から用意して頂 いておりますので、せっかくですのでご活用頂ければ幸いです。 四角い枠の中に 鵜木絵里 もしくは 加藤昌則 と記入し、右横の 検索ボタン を押してみて下さい。

さて。 岩村力 いわむらちから 指揮者  Chikara Iwamura岩村力さん、早稲田の理工学部ご出身なのだとか。 古くは岡村喬生さんなども早稲田のご出身でしたが 文系、政経学部新聞学科なので、私としては米ハーバード大、物理学科ご卒業の五島龍さんとなどと同じ理系ってカテゴリーの方です。 これ、ある意味 藝大・桐朋を超えて凄い! とも言えますが、人脈的ハンディもあるでしょうし、なにも わざわざ ご苦労な道を選ばなくてもいいのにどして? 音楽、素晴らしいし、大好きなんだろーなぁ って、その気持ちを信じる事が出来る方だと思ってます。 館主自身 ( 出来のほどはともかくとして … ) 一応 理系のつもりでおり、やっぱ 応援したくなっちゃう っつうのもあります。  ^^

岩村さん、実は10年以上前 ( 2004年 ) 、長野県で唯一音楽科を有する長野県小諸高等学校音楽科、第10回定期演奏会に客演され、指揮をして頂 いた方でもあります。 時が経つのは早く、岩村先生が指揮をされた時 まだ高校2年生、山奥の女子高生で合唱団の一人としてメサイアを歌っていた小巻風香さんが、昨年 ( 2016年 ) は同校 第22回定期 において 同じメサイアのソリストを務められました。 彼女、今ではすっかり素敵なお嬢さんに成長され、バッハ・コレギウム・ジャパンの声楽メンバーとして活躍されてます。 小巻さんばかりではありません。 当時高校生だった若者たちが、そろそろ 日本ばかりでなく世界のクラシック界に続々と切り込み始めてます。 もし どこかですれ違うような事がありましたら、ぜひ声をかけて頂きたく、よろしくお願 い申し上げます。


で、先日、当時の高校生に話を聞く機会がありました。

「 岩村力 って、どんな指揮する人? 」

「 とっても分かりやすい指揮だった。 」

岩村先生、田舎の高校生に 気配り 心配り、ありがとうございました。 このページ最上段右側に貼っておきました指揮者、岩村力の吠えている画像を拝見するにつけ、岩村先生の分かりやすい指揮とは どんなものであったのか 逆に興味が湧きますが、オーケストラの人たちにとって分かりやすいというのはけっこう重要な事みたいです。 当館のアイドル、マスコット的存在になっているヴィオラ奏者、パリ・コンセルヴァトワール首席卒業という吉瀬弥恵子さんなども、彼女のブログの中で指揮者への褒め言葉として盛んに使われている言葉です。 そうですよね、分かりやすいって、現場の人たちにしてみれば とってもありがたい事なのでしょう。

岩村さんについて付け加えたい件は さらに いくつかあるのですが、彼の役者としての技量も特筆に値するようです。 「 あの人、役者さんとして指揮者やってるの? 」 そういった書き込みを多々お見かけします。 館主はいつか 岩村力 が振る 兵庫芸術文化センター管弦楽団、通称 PAC オーケストラを採り上げさせて頂こうと 虎視眈々と狙っているのですが、たぶんその際 には岩村さんの演技力に触れる事にはならないだろうと思い、今年のアリスを採り上げさせて頂きました。

あ、役者さんといえば … 今年はハートの女王様、というか … 小関明久さん、金子あいさん、お出ましにならないんですね。 なんとも残念だなぁ。



【 館主つぶやき 】 今回のプロモーション・ビデオ ( PV ) を日生劇場のページで見かけましたので貼っておきます。 1点、まだ PV の段階なので仕方ないかもしれないのですが ショパン が どこかぎこちなくて残念です。 毎回素晴らしいステージ、伝統ある公演なのですから、お子さんたちが息をのむような … ここは格好良く決める場面でしょ! って思います。 ピアニストの方には申し訳ないですが、私のイチオシはズーラシアン、弦うさぎのベスちゃんの 幻想即興曲 とか ムーンコンチェルト でしょうか。 ラフマニノフ の冒頭なども どこかに あったと思うのですが 見つかりませんでした。 ベスちゃん、本業はヴィオラなのだそうです ( ホントに? ) が、かぶり物や手袋まではめてるのに見事な演奏、すっごく かっこいい です。




日生ファミリー アリスのおんがく旅行 2017 愛知公演



お問い合わせ : 愛知県芸術劇場   ☎ 052-971-5609

2017年07月29日 (土)   11:00  15:00   ( 2回公演 )

於 : 愛知県芸術劇場 大ホール     ≫ アクセス
〒461-8525 愛知県名古屋市東区東桜 1-13-2 愛知芸術文化センター内 ☎ 052-971-5511


日生ファミリー アリスのおんがく旅行 2017 福岡公演



お問い合わせ : アクロス福岡チケットセンター   ☎ 092-725-9112

2017年08月05日 (土)  14:00

於 : 福岡シンフォニーホール     ≫ アクセス
〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1丁目 1-1 アクロス福岡   ☎ 092-725-9111


関連記事
[ 2017/06/21 20:16 ] 公演予定・元 公演予定 | TB(-) | CM(-)