▲ ページ上へ



















小諸高校音楽科 第23回定期  2017 定演

 小諸高校音楽科 第23回 定期演奏会 2017 定演  長野県小諸高等学校 音楽科  長野県小諸高等学校 音楽科

2014.11.03 ホクトホール


小諸高校 音楽科 ( 関連 ) まとめ


長野県小諸高等学校 音楽科 第23回 定期演奏会 2017 定演



三善 晃       生きる

ブラームス      『 女声のための3つの宗教的合唱曲 』 作品37

               1) O bone Jesu
               2) Adoramus te, Christe
               3) Regina, coeli laetare

ヘス          『 イーストコートの風景 』

ベートーヴェン   交響曲 第5番 ハ短調 作品67 『 運命 』 より 第4楽章

ヘンデル       オラトリオ 『 メサイア 』 より

   … ほか


柳沢 亜紀     ソプラノ
牧野 真由美   アルト
兎束 康夫     テノール
田島 達也     バス

長野県小諸高等学校 音楽科   職員・生徒・卒業生・賛助出演


主催 長野県小諸高等学校
お問い合わせ ( 音楽科 )   ☎ 0267-22-1696


2017年10月29日 (日)  13:30
於 :  小諸市文化会館 ホール 小諸市文化会館 ホール   ≫ アクセス   ≫ G map
〒384-0801 長野県小諸市甲1275番地2 小諸市文化センター ( 乙女湖公園内 )
☎ 0267-23-8880

2017年11月03日 (金・祝)  17:30
於 : ホクトホール 大ホール   ≫ アクセス
〒380-0928 長野県長野市若里1-1-3 ホクト文化ホール ( 長野県県民文化会館 )
☎ 026-226-0008

 小諸高校音楽科 第23回 定期演奏会 2017 定演

     ≫ 中央大学音楽研究会混声合唱団 『 メサイア精読 』 『 メサイア対訳
     ≫ メサイア につきましては、下記、館主敬白 なども参照して頂けます。
        『 小諸高校音楽科 第19回定期演奏会 』 『 啓声会 メサイア 2013
        『 レチタティーヴォ・アコンパニャート とは? 』

 コンサート ご感想ページ へ


【 館主敬白 】 今年もこの季節がやってまいりました。 当館お客様の小諸高校定期のイメージと言えば、やはり メサイア = ハレルヤ・コーラスなのでしょうか。 今年のソリストはどなたなのだろうか、とか、楽しみですよね。 私も大変楽しみではあるのですが、定期と聞いてどうしてもイメージしてしまうのは … 最初の … プログラムには載っていない … 校歌斉唱でしょうか。 大変素敵な曲で大好きなのですが、コンサートの冒頭 、「 さぁ、始めるよ! 」 という生徒さんたちの気合がこちらまで伝わって来て、「 あぁ、始まるんだなぁ 」 という、私とステージとのコミュニケーションと言うか、以心伝心みたいなものの瞬間がたまらなく嬉しいのであります。 校歌、素敵ですよね。

あぁ、そして … 私にとってはコンサートの情報集めに苦労する季節でもあるのです。  申し訳ありません。 適当なパンフレット画像が入手できず継ぎはぎとなってしまいました。 これでも画像4枚を組み合わせ、合成、修正、補正と、けっこう苦労したのであります。 コンサートも迫っており、やむなくこうなっておりますが、どなたか、もう少しましな画像をお持ちでしたら提供して頂けるとありがたいです。 コンサート終了後でも受け付けます。 また、12/03 の卒業生演奏会の画像も入手に難航しております。 併せてご協力のほど、よろしくお願い致します。 極端な言い方をさせて頂けば、携帯で撮った画像でも結構です。 街角でポスター等見かけられましたら、なるべく丁寧に撮って頂き、送って頂ければありがたいです。 まずは、サイドバー、メールフォームより、ご連絡お待ち申し上げております。

10/23 、無加工で、そのまま使える画像データを送って頂きました。 ありがとうございました。 ソースは明かさない方がいいと思いますので控えさせて頂きますが、もしかしたら継続して送って頂けそうな雰囲気です。 お礼申し上げると共に、以降もよろしくお願い致します。


小諸高校音楽科、今年の定期演奏会は、小諸と長野では開催時刻がそれぞれ異なるようです。 開演の時間を間違えないよう、ご確認をお願い致します。

2017年10月29日 (日)   13:30  小諸市文化会館
2017年11月03日 (金・祝) 17:30  ホクト文化ホール


ブラームスの合唱曲、楽しみです。 小諸高校の合唱、あの高原からほとばしる泉のような峻烈とした透明感は聴き応え抜群です。 10年ほど前、近藤玲 先生がご指導されていた頃の手の切れるような鋭さも忘れられませんが、最近はそこに しなやかさも加わってきたように感じております。 近藤先生がお持ちのイメージは完璧で、孤高の、他者を寄せ付けない崇高さがあり、そここそが近藤先生の真骨頂で その 妥協しない姿勢こそ 捨てがたいと感じていたのですが、現在の触り心地の良さも なかなか艶やかで、それはそれで素晴らしいものを感じて頂 けるはずです。 合唱は吹奏楽や管弦楽の陰で あまり目立たないかもしれませんが 大いに評価されるべきだと思っており、あの、ブラームスの美しい小品 をどのように演奏して頂けるのか、心から楽しみに思っております。 一応3曲って事になってますが、演奏が始まったら すぐ終わってしまいます。 心して聴いて頂きたいです。

『 運命 』 の第4楽章。 今回 、小諸高校の皆さんは、この4楽章を どの部分から始めるのか分かりませんが、3楽章との繋ぎの部分があって、遠雷のようなティンパニーの音がだんだん盛り上がって来て … いよいよ4楽章 って事になる訳なのですが … ヴァイオリンやトランペットが高らかに、颯爽と旋律を奏でている横でヴィオラが必死に刻んでいるのにもご注目頂きたいです。 とくに このオーケストラは人数的にヴィオラが弱いですから、皆さん額から汗が飛び散る熱演をされているはずで、聴衆に元気を与えて頂 ける事間違い無し! です。 ぜひ、見逃さないようお願いしたいです。

ヴィオラ・パートと言えば、以前は加藤大輔さんばかり探していた私ですが、最近は前列のほうで弾かれている若い女性のボウイング = 弓さばき が格好良く … 今年もいらっしゃるかなぁ。 とても気になる存在の方です。  なお、加藤さんって楽天の加藤大輔選手ではないですよ。 小諸市出身、小諸高校音楽科第2期生のヴィオラ奏者 加藤大輔 さんです。 最近は NHK の 『 らららクラシック 』 などでも 頻繁にヴィオラのパート・リーダーを努められており、今、日本で一番の売れっ子、露出度抜群のヴィオラ奏者のお一人です。 長野県関係では、ナガノ・チェンバー・オーケストラ、アンサンブル・ノヴァ等にも参加されており、ご存知の方も多いと思います。 また、軽井沢大賀ホールでの東フィルの定期演奏会などでもお目にかかれるはずです。 加藤さん、たぶん大変お忙しく、今年の定期をお手伝い頂 いているか不明ですが、もしよろしければリモコンの電源ボタンを押 してみて下さい。 毎週金曜日 21:30 、NHK 、Eテレ 『 らららクラシック 』 です。 番組のテーマがオーケストラだったりすると大概お見かけします。 『 ららら … 』 は当館を始めた頃から、偏向しきっている私の中のクラシックを補完するため なるべく見るようにしてまいりました。 まぁ、一種のネタ帳 ってわけです。 今年の3月までは毎週土曜日の設定で、その癖が抜けず、最近は見逃してしまう事が多いです。 MC が変わってしまった事に、いつまでたっても慣れて来ない って事情もあるかもしれません。

もう一点。 バス・ソリスト田島達也さんは、今年2月 ( 2017/02/04 ) の藤原歌劇 団 『 カルメン 』 公演にご出演されていました。 また、テナー・ソリスト兎束康夫さんですが、上記 近藤玲先生と同じ頃、音楽科の講師をされていた兎束先生だと思うのですが … 裏付けが取れておりません。

関連記事
[ 2017/10/29 13:30 ] 公演予定・元 終了公演 | TB(-) | CM(-)