▲ ページ上へ

















川崎妃奈子 ヴァイオリンリサイタル

プロコフィエフ・ピアノ・チクルス 番外編 in 大門ホール 2016/02/21 記事はこちらから。
川﨑妃奈子 ヴァイオリン・チクルス in 大門ホール 2014/11/30 記事はこちらから。




川﨑妃奈子 Violin Recital
   ( 川﨑妃奈子 ヴァイオリン・リサイタル in 佐久 )



 川﨑妃奈子 川崎妃奈子 かわさきひなこ ヴァイオリン奏者 ヴァイオリニスト

クライスラー     愛の喜び
            愛の哀しみ
ヴィターリ      シャコンヌ
サン = サーンス  ハバネラ
シマノフスキ     『 神話 』 より  " アレトゥーサの泉 "
プロコフィエフ    ヴァイオリンソナタ第2番


川﨑 妃奈子  ヴァイオリン
大森 晶子    ピアノ


制作・お問い合せ : リモージュコンサート株式会社   080-4658-5588 ( 当公演 専用 )


05月31日 (土)  14:00

於 : 佐久勤労者福祉センター ホール   ≫ アクセス
〒385-0029 長野県佐久市佐久平駅南 4-1    0267-67-7451

 川崎妃奈子 ヴァイオリンリサイタル

 川﨑妃奈子 ヴァイオリン・リサイタル


 コンサート ご感想ページ へ



【 館主敬白 】 大森晶子さんのピアノ、気になりますよね。 5/6 、須坂で行われたグリーグのピアノ協奏曲も素晴らしかったようです。

伴奏と言えば、ジェラルド・ムーアディスカウの 『 白鳥の歌 』 。 不確かですが EMI の録音が懐かしいです。 私にとっては子守歌のような一枚です。 小林道夫さんは、チェンバロの独奏もですが、ピアノでの伴奏も印象深いです。 ムーアとは また異なり、演奏者にぴったり寄り添っていながら、高原から流れ出す鮮烈な清流のような、手が切れそうなくらい透明で清々しく 爽やかな伴奏でした。 そして まだ聴かせて頂いた事は無いのですが、森島英子さんのピアノも、今に生きる者の一人として 一度は聴かせて頂きたいものです。 名立たる演奏家の皆さんが、どうして彼女にばかり伴奏してもらいたがるのか、どうして森島英子なのか、そこを感じてみたいです。 森島さんが登場したので、ぜひ 瀧田亮子さんもご紹介したいです。 その超絶技巧は感動的ですらあります。 ま、今さら私が何か言わなくても、皆さんすでに充分ご承知の事ですが。


さて、大森晶子さん。 例えば このサイトを編集していると頻繁にお目にかかる方です。 教育者、及びプロデューサーとしての彼女の実力と実績、社会への貢献は それだけでも かなり把握できるのですが、残念ながら 私はまだそのピアノ演奏に接した事がありません。 私の周囲には大森さんの演奏を何度も聴いているはずの人間が結構いるのですが、問い合わせてみても何故か皆 曖昧な口ぶりで、私をすっきり納得させてくれるような回答は得られておりません。 そもそも 自分で聴いてもいないのに 何か書くのは、このサイトに来て頂いたお客様、そして大森さんご本人にも失礼ですよね。 やっぱり 聴かせて頂かなくては。 今回は 伴奏ですが、ピアノのソロ演奏も ぜひ聴かせて頂きたいです。 機会があれば また取り上げさせて頂きます。

もう一点、今回の会場のピアノは けっこう個性的な音色がします。 演奏曲目や演奏者とのマッチングがうまく合えば なかなか良く響きます。 昨年 ( 2013 ) 、アマチュアの方の 『 月の光 』 を省略版の楽譜で聴かせて頂く機会があったのですが、 私の人生の中で 一・二を争う素晴らしい演奏で、ピアノも とびっきり の響きで鳴っており、もう 身震いさえ覚えてしまいました。 冒頭の部分など まだ頭の中に漂っているような気さえします。 このピアノ、結構やるなぁ、と、思いました。
ただ、やはり 扱いにくいピアノである事は確かで … 例えばオーボエのような楽器の伴奏ならともかく、 今回のように弦楽器の伴奏に使うには このピアノが適しているとは とても思えません。 大森さんが このピアノをどうさばくのか、 このコンサートの聴きどころの一つだと思っています。 ピアニストは楽器を選べません。 与えられた条件の中で死力を尽くすのみです。 大変ですよね。

ここまで書いていて思ったのですが、例えば相手が弦楽器でも ピアノ三重奏とか ピアノ五重奏だったら 趣きが変わるかもしれません。  んー 、 でも やはり難しいか。
それなら … オーボエ や コールアングレ、ファゴット のような 二枚舌の楽器の伴奏なら、何か面白い事が起こりそうな予感もします。 あ、伴奏の枠を超えて、例えばファゴットとのフリー・セッション 。 タンギングという香辛料を 、粗挽 ( 弾 ) き設定のハンド・ミルで ガツン! と効 ( 聴 ) かせたやつ。 大森さん、こういうの お得意でしょうか。 いっその事プロデューサーに徹して頂いてもいいですよね。 なんか、夢は拡がり 、 この会場が うんと 楽しみになってきたなぁ。


川﨑妃奈子さん、ごめんなさい。 私には川﨑さんの情報が何も無く 書く事が出来ません。 大森さんが伴奏をするのだから、それなりの方なんだろうなぁ、と思うくらいです。 でも 応援している気持ちだけは分かって下さいね。 今回、このページを作っていて、沢山の方々が川﨑さんを応援しているのにも立ち会わせて頂きました。 いつか川﨑さんの演奏に出会える日が来る事を とっても楽しみにしております。 頑張って!


関連記事
[ 2014/05/31 14:00 ] 公演予定・元 終了公演 | TB(-) | CM(-)