▲ ページ上へ



















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

きらら会 第11回 こもろニューイヤーコンサート 2018

 きらら会 第11回 こもろニューイヤーコンサート 2018

きらら会 』  ( 小諸高校音楽科 卒業生グループ )
   第11回 こもろ ニューイヤー・コンサート  2018
             ( 長野県小諸高等学校 音楽科 OB )


小諸高校音楽科関連 ( きらら会 ) まとめ



ピアノ独奏

  ショパン   バラード1番 Op. 23


三重奏 ( Ob Vn Pf )

  モーツァルト      キラキラ星による変奏曲 より

  J. シュトラウスⅡ    美しく青きドナウ

                日本の四季メドレー


チェロ四重奏

  レスピーギ   リュートのための古風な舞曲とアリア3番

  ガルデル     ポル・ウナ・カベーサ ( Por una cabeza )


フルート二重奏

  ベーム   メンデルスゾーンとラハナーの主題による3つの二重奏曲 Op. 43


ソプラノ独唱

  R. シュトラウス    献呈 / ツェツィーリエ / セレナーデ


 今井麻耶 いまいまや ピアノ奏者 ピアニスト 今井  今井麻耶 いまいまや ピアノ奏者 ピアニスト 麻耶     ( ピアノ )
 北原めぐみ きたはらめぐみ ヴァイオリン奏者 ヴァイオリニスト 北原 めぐみ    (  ヴァイオリン、弦楽器製作家 坂本忍 さかもとしのぶ Shinobu Sakamoto ヴァイオリン
 柳沢実花 やなぎさわみか オーボエ奏者 柳沢 実花     ( オーボエ )
小林 真純     ( ピアノ )
 松谷明日香 まつやあすか チェロ奏者 チェリスト 松谷 明日香   (  チェロ、弦楽器製作家 坂本忍 さかもとしのぶ Shinobu Sakamoto チェロ
 長瀬佳音 ながせかのん チェロ奏者 チェリスト 長瀬 佳音     ( チェロ )
 永瀬惟 ながせゆい チェロ奏者 チェリスト 永瀬 惟       ( チェロ )
 三矢憲幸 みつやのりゆき チェロ奏者 チェリスト 三矢 憲幸     ( チェロ )
 羽生田聖子 はにゅうだせいこ フルート奏者 フルーティスト 羽生田  羽生田聖子 はにゅうだせいこ フルート奏者 フルーティスト 聖子   ( フルート )
 山浦知実 やまうらともみ フルート奏者 フルーティスト 山浦 知実     ( フルート )
 宮崎晶子 みやざきあきこ ピアノ奏者 ピアニスト 宮﨑 晶子     ( ピアノ )
 竹内直美 たけうちなおみ 声楽家 オペラ歌手 ソプラノ 竹内  竹内直美 たけうちなおみ 声楽家 オペラ歌手 ソプラノ 直美     ( ソプラノ )
清水 真沙子   ( ピアノ )


主催       : きらら会 ( 小諸高校音楽科 卒業生グループ )

お問い合わせ : ☎ 📠 0267-23-6257   📱 080-1339-3741  

全席自由   一般 ¥1,000 ( 中学生以下 無料 )


2018年01月21日 (日)  14:00

於 : 小諸市文化会館  小諸市文化会館 ホール ホール     ≫ アクセス   ≫ G map
〒384-0801 長野県小諸市甲1275番地2 小諸市文化センター ( 乙女湖公園内 )
☎ 0267-23-8880

 きらら会 第11回 こもろニューイヤーコンサート 2018

 コンサート ご感想ページ へ


【 館主敬白 】  まず最初。 パンフレット、演奏曲目 最下段に

  ツェツィーリエ 作曲    セレナーデ

とあるのですが、何かの間違い、行き違いではないでしょうか。 おそらくは

  R. シュトラウス 作曲    献呈 / ツェツィーリエ / セレナーデ

と … ツェツィーリエ はシュトラウスの作曲した歌曲の曲名 ( もちろん女性の名前ですが ) ではないかと思います。 ツェツィーリエ がもし作曲家さんだとしたら メンデルスゾーンのお姉さん、ピアニストであり 女性作曲家の草分け、ツェツィーリエ さんの事ではないでしょうか。 今は主催者さんもご出演の方々もご多忙で 、問い合わせるのは控えさせて頂きますが、興味のある方は当日 会場で配られる ( はずの ) プログラムでご確認頂ければと思います。 館主個人といたしましては ツェツィーリエ さんのセレナーデを聴かせて頂けるのなら、そっちの方がありがたいかもです。

もう一点。 チェロ四重奏の中の ガルデル さんの曲について。 パンフレットを拝見していると 『 ポル 』 『 ウナ 』 『 ガベサ 』 という3曲を演奏されるような印象を受けてしまうのですが、これ、『 ポル・ウナ・カベーサ 』 もしくは 『 ポル・ウナ・カベサ 』 と呼ばれるタンゴの名曲です。 こちらのほうは明らかに間違いです。 しかも カベサ であるものを ガベサ と、『 カ 』 に濁点までづげでじま゙ だ というおまけまで付いてます。 今年のパンフ どこかちぐはぐで、印刷所さん側がクラシック系の曲名を良くご存知ではない、調べてない、確認もされてない という事も感じますが、何より主催者さんがしっかり校正していない、主催者側のご担当者と印刷所との情報の共有が出来てないような気がしました。 安易な電話のやり取りだけで済ませてしまったのでしょうか。 このコンサート、昨年は記念の第10回、アニバーサリー・イヤーでしたが、その弊害としての 慣れ 、気の緩み みたいなものを チョッピ 垣間見てしまったような気がします。 コンサート本番がそうでない事を願うばかりです。

慣れて益々その技が冴え渡る ってのがいいですよね。 当館もそうありたいものです。


という訳で、気持ちも新たに 第11回   

今年は若い男の子が きらら会デビュー するようです。 『 きらら会こもろニューイヤーコンサート 』 、当館では第7回 ( 2014 ) から採り上げさせて頂いておりますが、それ以前の情報は無く、もしかしたら過去にご出演されてるかもしれませんが、まぁ 今回が初めてだと思います。 ご出演のお姉ぇさま方は きっと うきうき されてる事でしょうね。 たぶん三矢クンに声をかけた松谷さんには周囲から羨望と軽い嫉妬の混じった熱い視線が集中し、真冬の小諸なのにポカポカ状態になってるのではないでしょうか。 いつも述べさせて頂いてるとおり 館主は解剖学的にも動物行動学的にも人間の ♂ なので、しかもジジイなので、どちらかと言うと興味は もう少しお年を召された お姉ぇさま方に向いてしまう傾向があるのですが、そんな私でも三矢クンのきらら会デビューは嬉しいです。 フルートの 山浦知実 さんなども、たぶん三矢クンと同期だと思うのですが、こうしてどんどん若い人たちにも参加して頂きたいです。 あ、お姉ぇさまたちにも 引き続きご活躍頂きたいと思ってますよ! いつの日か、3世代に亘るコンサートみたいなものが開かれる時代がやって来て、そんな会場に足を運ぶことが出来たら幸せだなぁ。

まずは … 目指せ、2世代!   そのくらいまでは生きてられるかもしれない。

今年の竹内直美さんは R. シュトラウス を披露して下さるようです。 実は、たまたま このコンサートの2日前 、芸文 ( 兵庫県立芸術文化センター ) でのコンサートを採り上げさせて頂いた小林沙羅さんも、 何んかこの シト ( 石峠ことば ) シュトラウス 好きだよねー って、かねてから感じていたのですが … 考えてみると この お二人は大学の先輩と後輩で … 小林さんは、今も竹内さんが所属され ご活躍されている Jソロイスツ という ビジュアル系クラシカル・ユニットの かつてメンバーであったようにも記憶しております。 お二人が大学でお世話になった先生の中にシュトラウス好きな方がいらっしゃった? 憧れの先輩で、とくにシュトラウスが格好いい方がいた? この、ぼんやりとした相似形の原因は もしかしたらそんなところにあるのかもなぁ、なぁ~んて思ったりもしました。 ちなみに Jソロイスツ は 来月 ( 2018/02/17 ) も コンサートを控えております。 もちろん竹内さんも重要なポジションでご出演されるようです。

あ、今 思い出した。 私、以前 三矢クンと食事をご一緒させて頂いた事があるかもしれません。 なぜ、どういう経緯でそうなったかは残念ながらアルコールの彼方に遥か霞んで … どこかのファミレスみたいなシチュエーションで、対面 ( といめん ) で会話させて頂くという光栄を得たような記憶があります。 んー、自信ないなぁ、妄想かもしれませんけれど。



【 館主つぶやき 】  信州チェロ界と国立音楽大学。

長野県出身、在住、ゆかりのチェリストさんは、何故か国立音楽大学をご卒業されてる方が多いような気がしております。 今回ご出演の4名の方も、長瀬佳音さんだけ別の大学ですが、他の3名の方はいずれも国立音大のご出身です。

まぁ、小諸高校音楽科の場合は長年講師を務められ、チェロ・パートの発展と充実に大きく貢献された寺島都志子先生が国立出身である事の影響が大きいかと思われますが、その他、当館に登録させて頂いた演奏家で小諸高校関係でない信州出身のチェリストさんを調べても、小島遼子寺島志織宮坂俊一郎宮澤等さんなど、国立の方が大勢いらっしゃいます。

なかなか興味深い現象ですよね。


さて、きらら会 から少し外れてしまいますが 宮坂俊一郎 さんなのであります。 宮坂さんはアンサンブル・ノヴァにも参加されてるチェリストです。 当館では最近、宮坂さんのプロフィールを登録させて頂いたばかりなのですが、その登録の際、当館編集室がサイトの裏側で大いに盛り上がりましたので、せっかくですので 今回、この場をお借りし、事の顛末をご報告させて頂きたいと思います。

宮坂さんのプロフィールを調べさせて頂いている過程で … 宮坂さんてなかなかの愛されキャラのようで、楽しい文章をけっこう目にしました。 その内の2件です。

   ≫ 実名シリーズ第3弾。 宮坂俊一郎くん
   ≫ #16 宮坂俊一郎という人
( 上記ページに移動 したら #16 宮坂俊一郎という人 という文字をクリックして下さい。 )

これを宮坂さんのプロフィール・ページの片隅に掲示させて頂いたところ、いくつか投稿を頂きました。 その内の一つは

「 宮坂君の名誉のために申し上げますが、私は彼がフィンランドの田舎町で美少女を ゲット! しているのを目撃しました。 二人並んでタバコを吸ってました。 彼と同行していた弦楽四重奏の女子たちとは別の女の子でした。 美少女でした。 」

そして、ついに衝撃の投稿も。

「 学生時代、私、宮坂クンにナンパされましたぁ ^^ 」   わぉー!

宮坂さんのキャラは、とくに国立のチェロ科の中で代々の申し送り事項として語り継がれ、例えば今回 きらら会にご出演の三矢クンの世代でも、有名な神話伝説として継承されてるんでしょうね。 まさに古事記の世界ですね。 国立風土記、宮坂つ巻? 宮坂の条?

上記、リンクを貼った2つのページ、そして多少脚色を加えさせて頂いたいくつかの投稿も、どこか人の後をまったり付いていく といった風情の ゆるキャラだった宮坂さんの名誉挽回、失地回復を訴えたもので、決して からかったり おちょくったり したものでは無い、温かいものばかりでした。 宮坂さん、今も人に愛され、応援されているんだなぁ と思いました。 現在、宮坂家は音楽一家、宮坂さんはお嬢さんにべったりの、良きパパだそうです。



この場をお借りし、少々宣伝を。

2018 くにたちコンサート  ~ 国立音楽大学四年生と同調会員による ~

2018年02月18日 (日)  13:30

於 : サントミューゼ上田市交流文化芸術センター ) 小ホール   ≫ アクセス
〒386-0025 長野県上田市天神三丁目15番15号   ☎ 0268-27-2000

当館では、各音大の同窓会、長野県支部のコンサートを過去にいくつか採り上げさせて頂いてまいりました。 たまたま目にした東京音大を何故か3年続け、昨年は藝大、桐朋と紹介させて頂きました。 先日、国立音大の記事を見かけたのですが、データが全くありません。 仕方なく主催者のご担当者様に直接お電話をし、パンフレット画像を送って頂くようお願いしてみたのですが、「 内部で検討します 」 という返事を頂いたまま連絡を頂いておりません。 きっと 怪しげなサイトだと思われてしまったのだと思います。 胸に手を当て よぉ~く 考えてみるに、いえ、よぉ~く 考えなくとも 確かにそうかもしれないと、思い当たるふしは多々あるのですが ^^;  ただこのままでは先に進まず、国立音大のご紹介が出来ません。 サントミューゼのページに詳細が載ればいいのですが、時間だけが過ぎていく状態です。 きらら会のページの欄外の、しかも一番下では宣伝になるのかどうか心もとないですが、チェロに限定してはおりますが国立音大の事を書かせて頂いた事でもあり、ほんの僅かだとしても見て頂ける可能性はあります。 っつうわけで チョッピ ではありますが宣伝させて頂きました。 皆さんで拡散して頂けると助かります。

関連記事
[ 2018/01/21 14:00 ] 公演予定・元 終了公演 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。