▲ ページ上へ


















佐藤久成 ヴァイオリン 2018 in サントリー大ホール

 佐藤久成 ヴァイオリンリサイタル 2018 in サントリーホール  佐藤久成 ヴァイオリンリサイタル 2018 in サントリーホール  佐藤久成 さとうひさや ヴァイオリン奏者 ヴァイオリニスト

佐藤久成 ヴァイオリン・リサイタル in サントリー・ホール
~ 宇野功芳メモリアル 2018 ~ 



ベートーヴェン     ヴァイオリン・ソナタ 第5番 ヘ長調 Op. 24  『 春 』
シューマン        ヴァイオリン・ソナタ 第2番 ニ短調 Op.121
ラフマニノフ      ジプシー・ダンス
モーツァルト      『 ハフナー・セレナーデ 』 より  “ ロンド ”
プロコフィエフ     マーチ
ヴィエニアフスキ   華麗なるポロネーズ 第1番
ラヴェル         ツィガーヌ

   … ほか


 佐藤久成 さとうひさや ヴァイオリン奏者 ヴァイオリニスト 佐藤 久成     ヴァイオリン、弦楽器製作家 坂本忍 さかもとしのぶ イタリア・クレモナ在住 ヴァイオリン
岡田 将     ピアノ


主催・お問合せ : コンサートイマジン   ☎ 03-3235-3777


2018年05月25日 (金)  19:00

於 : サントリーホール 大ホール   ≫ アクセス
〒107-0052 東京都港区赤坂 1-13-1   ☎ 03-3505-1001

 佐藤久成 ヴァイオリン・リサイタル 2018 in サントリー・ホール  佐藤久成 ヴァイオリン・リサイタル 2018 in サントリー・ホール

 コンサート ご感想ページ へ


【 館主敬白 】 佐藤さん、心機一転 とか、何か心境の変化でもあったのでしょうか。 これまで会場のほとんどが上野の文化会館だったのですが、今年 ( 2018 ) 2月のコンサートは五反田文化センター でしたし、今度はサントリーの大ホールなのだそうです。

サントリー?  大ホール?  ん?

コンチェルト? って思ったら ソロ の リサイタルみたいで。 これ、凄げぇーです!

ただし、『 凄げぇー 』 から 『 良い 』 って言ってるわけじゃないですよ。

客席数を一般的に キャパ ( キャパシティー = 収容量 ) と呼んだりするのですが、サントリーの大ホールとか、東京文化会館の大ホールのキャパは おおよそ 2,000 。 個人的にアコースティックなクラシックのコンサートには この大きさが限界だと思っているのですが、その限界のホールでのソロ・リサイタルなのです。 しかもサントリーはアリーナ型と言って … 文化会館のような、演奏者を背後で反響板が支える仕組みを持つプロセニアム型ホールとは異なります。 一応、ホールの天井付近に申し訳程度に反響板はありますが、実質的には高音域に多少効果がある、そのくらいだと思っております。 まぁ、聴衆といたしましては、天空から さらさらと降り注ぐ高域はアリーナ型独特のもので、それはそれで美しいんですけどね。

という訳で 佐藤さん、野原でヴァイオリンを弾く、そんな感じだと思うのです。 人間の体は音を吸収しますから、観客が入ればなおさらです。 『 凄げぇー 』 と申し上げているのは、その事なのです。

パリ国立高等音楽院首席という、当館のアイドルでもあるヴィオラ奏者の吉瀬弥恵子さんは、彼女のブログの中で 「 サントリーでは少し長めに弾く 」 と書かれていらっしゃいます。 また、( オーケストラとしての ) ベルリンフィル は ( アリーナ型ホールとしての ) ベルリンフィルに最適化した演奏をしているのだと、どこかで読んだ記憶があります。 この 『 最適化 』 とか 『 長く弾く 』 という意味が素人の館主にはさっぱりなのですが、とにかく 佐藤さんは、こういう条件の中で演奏されるんです。 凄いです。 その実力があるって事でもあり、もちろん そこも凄いんですよ。

もう一点。 今回のコンサート、プログラムの雰囲気がいつもとちょっと違う感じを受けます。 いつもは もっと耳慣れない、いかにも佐藤さんって感じの演目なのですが … 私としては、観客に寄り添ったと言うより お客さんに媚びたチョイスになってしまったような気がして チョッピ 残念ではあります。 佐藤さんが佐藤さんである事を全うして欲しかったような。 でも、考えようによっては … 『 初めての佐藤久成 』 『 佐藤久成入門 』 って意味では ちょうどいい機会かもしれません。 佐藤久成ファンの方は応援に、佐藤久成をご存知なかった方、まだ聴いた事が無い って方にも ぜひ お出かけ頂きたいコンサートです。 サントリーの大ホールを満席にし、皆んなで音を吸収し、佐藤さんに響きの無さを実感して頂くのも一興だと思います。

関連記事
[ 2018/05/25 19:00 ] 公演予定・元 終了公演 | TB(-) | CM(-)