▲ ページ上へ


















軽井沢 夏・コンサート in 三笠ホテル 2014


軽井沢・夏 リゾートコンサート in 三笠ホテル 2015/08/20 記事はこちらから。



スーパー コンパクト オペラ シアター 「 モーツァルトの巻 」
杉原桐子 田中美恵子 尾尻雅弘、サマーコンサート in 三笠ホテル
軽井沢の歴史的文化遺産で聴く リゾート コンサート 2014 ⑥



モーツァルト   オペラ 『 魔笛 』 K.620 より     A. ロイエ編 ( Trio 版 ) 以下同
          オペラ 『 コジ・ファン・トゥッテ 』 K.588 より
          オペラ 『 ドン・ジョバンニ 』 K.527 より

≫ わかる!オペラ情報館 ( オペラ あらすじ )  『 魔笛
コジ・ファン・トゥッテ 』 『 ドン・ジョバンニ

    ヴァイオリン     ≫ facebook
田中 美恵子   ヴィオラ
尾尻 雅弘     ギター        ≫ オフィシャル・ウェブサイト


フランス人 ギタリスト 兼 作曲家のアントワーヌ・ド・ロイエ ( 1768 ~ 1852 ) 編曲による、ヴァイオリン、ヴィオラ、ギターのトリオ編成による、モーツァルトの歌劇 『 魔笛 』 『 コジ・ファン・トゥッテ 』 『 ドン・ジョバンニ 』 から名曲を厳選してお贈りする演奏会です。

※ 入場無料ですが、施設の入館料 ( 大人 ¥400 、子供 ¥200 ) がかかります。 ( 6館共通券 あり )


主催 : 軽井沢町教育委員会  ( お問合わせ ☎ 0267-45-8695  平日 8:30 ~ 17:15 )
企画制作 : 公益財団法人軽井沢大賀ホール

 ※ 詳細は 分かり次第、順次 掲載いたします。     ≫ 軽井沢 大賀ホール twitter


08月14日 (木)  11:00   14:00     ( 2回公演 1公演 約30分 )

於 : 軽井沢 旧三笠ホテル     ≫ アクセス
〒389-0100 長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢1339-342   ☎ 0267-42-7072

 スーパー・コンパクト・オペラ・シアター in 軽井沢 旧・三笠ホテル

 コンサート ご感想ページ へ


【 館主敬白 】 昨年のジブリ・アニメ 『 風立ちぬ 』 は、気ばかり若い 大妄想じいさんの佳品でした。 宮崎駿ファンの私としては、 『 ナウシカ 』 『 豚 』 『 ラピュタ 』 、別枠で 『 トトロ 』 、 さらに別枠で 『 風 』 、 番外でNHKの連続アニメ 『 未来少年コナン 』 、そんなのが心に残っています。

『 風 』 では黒川夫人が素敵でした。 ヒロイン・菜穂子の覚悟を支える、肝の据わった女性でした。 わがままを言わせて頂けば、大竹しのぶさんより、もう少し澄んだ声の方にしてもらいたかったかな、とも思います。 本当に肝の据わった女性は、肝の据わった声ではなく、凛とした声であって欲しいと思うからです。 が、それでは あの演技が出来たかという 自信もなく …

やはり 、 『 風 』 で最高に素敵だったのは あの妄想じいさんなんでしょうね。 よくあそこまで 自我を通したなぁ。 周囲も協力したなぁ。 あきらかに とりとめが無くなってしまいそうなのを、よくまとめたなぁ。 宮崎さん、あなたは偉大で、素敵です。

というわけで、じいさんの妄想に便乗させて頂くのですが、 以下、本当に妄想ですからね。


 風立ちぬ ( 菜穂子 in 軽井沢 草軽ホテル )

主人公の堀越二郎と、ヒロイン は、軽井沢の三笠ホテルで再会します。 出会いは かなり以前、関東大震災の際 たまたま乗り合わせた列車の中なのですが、やはり たまたま 2人が同じホテルに泊まっていたことで、徐々に親しくなっていきます。 二郎が飛ばした紙飛行機を 二階のテラスから つかみ取ろうと が手を伸ばすシーン 、 あの舞台は三笠ホテルです。


 旧・三笠ホテル

さらに妄想じじいは ホテル内の食堂で、ゾルゲとおぼしき人物に 『 Das gibt's nur einmal 』 まで歌わせます。 あの歌声、アップライト・ピアノの くすんだ音色 、タングステン照明の色温度の低さが、 戦争が迫ろうとしている中、ゾルゲと二郎 2人の方法はそれぞれ違っても、祖国を守ろうという熱く重く、化膿して手が付けられなくなった腫れ物みたいな熱狂を、私に暗示させるのです。


 風立ちぬ 草軽ホテル

さて、今宵 『 よだっと音楽館 』 にお集まりの お客様各位。 今回のコンサートは、宮崎駿監督作品、 『 風立ちぬ 』 の追体験ツアーも兼ねているのであります。 駅を出て徒歩3分 というわけにはまいりませんが、だからこそ 会場が近づく歓び、皆様の想いも熱く 深くなっていくんですね。 気分が徐々に高揚していく気分も 併せてお楽しみ頂ければ幸いです。   チャンチャン!     ^^;




【 館主つぶやき 】 このコンサートは 1回30分程度と規模も小さく、また6月5日に こだまホール で行われた コンサート と内容が重複しますので、当初 掲載するつもりはありませんでした。 ただ、上記コンサートページで併せて紹介した 練馬でのコンサート が、チケット完売、キャンセル待ちらしいではないですか。 という事で、チケットが取れなかったお客様に、でも どうしても聴きたいっていうお客様に、ささやかではありますがコンサートを楽しんで頂き、併せて菜穂子と再会し、軽井沢を満喫して頂こうと思った次第なのです。 ただし 当日は お盆の軽井沢。 車の大渋滞が予想されますので、予め対策を考えてからお越し頂いた方が無難かと思います。

大雑把なコンサート内容は6月5日の記事に、出演者の詳細は本文のリンク・ページ、その他に譲るとして、 このメンバーは かなりの時間をかけて ロイエ編のモーツァルトに取り組んできており、 息も ピッタシ! かなり 食べ頃!  おっと …  お聴き頂くのに ちょうど手ごろな状態まで しっかり熟してきている頃だと推察いたします。 会場も、先ほど述べさせて頂いたとおり 申し分ありません。  いかがです?  行ってみたくなってきませんか?


 スーパーコンパクトオペラシアター モーツァルトの巻

練馬でのチケットが手に入らないお客様で、30分では物足りないと感じていられる方には、練馬公演の2日前、7月11日ですが、軽井沢大賀ホール 演奏者ラウンジでのコンサートも用意されているようです。 併せてご検討頂ければ幸いです。


スーパー・コンパクト・オペラ・シアター 「 モーツァルトの巻 」

07月11日 (金)  19:00
於 : 軽井沢大賀ホール 演奏者ラウンジ   ≫ アクセス
〒389-0104 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢東 28-4
☎ 0267-42-0055



さん・追記Ⅱ 】 前回、6月5日記事 ( 追記 ) の追記です。

 杉原桐子 すぎはらきりこ ヴァイオリン奏者 ヴァイオリニスト

杉原さんの演奏を 私は過去2回ほど聴かせて頂いております。 あと、1回だけ お話しさせて頂く幸運も得た事があると記憶しているのですが、場所がどこだったのか、何をしゃべったのか、見とれていただけだったのか …  まぁ、まぼろし だったと言われれば、そうかもしれません。 また、2回聴いたと言っても、初回は10年以上前ですし、2回とも慌しく作業をしている中で ほんの一部分だけ耳に入ってきた程度なので、 ゆっくり集中して聴かせて頂いたわけではないのですが …

杉原さんのヴァイオリンは 厚く豊かに響きます。 高音の鋭さ、煌めきも それは見事なのですが、私は彼女の力強い低域も捨てがたいです。 とくにG線 ( 4本あるうちの一番低い音を受け持つ弦。 開放では低い の音を担当する。 ) やD線 ( より高い を担当する。 ) でのハイ・ポジション、つまり左手をグッと手前に引き寄せて奏でる音色など、素晴らしいです。 ダイナミックなヴィブラートも、音色ばかりでなく 視覚的にも華を添え、「 この太い音、 只者ではないぞ 」 と 思わせる瞬間です。


これは中学の物理の話ですが、例えば線の材質と長さが同じだった場合、一般的には弦が太くなるほど 音は低くなりますが艶は失われていきます。 線が太くなるほど 複雑に振動するのが難しくなるからです。 逆に 太さが同じだった場合、振動する弦の長さが短くなると、( 音は高くなっていくのですが ) 同様に音の豊かさが損なわれていきます。 弦メーカーの方は、特に低域弦の製造ノウハウに永年ご苦労されている事と思いますし、 演奏する側も その部分に多大の知恵と工夫とエネルギー、血と汗と涙、努力と研鑽を 重ねていらっしゃるのでしょうね、たぶん。

で、で、 この 低音域でのハイ・ポジション。 独特の音色がして、上手な方が弾くと それは素晴らしく響くのであります。 更科蕎麦ではなく、浅間山麓の黒く太い田舎そば。 江戸深川、新橋の三味線ではなく、津軽の太棹。 そんなイメージでしょうか。 これはイメージ = つまり 妄想なのであって 杉原さんのヴァイオリンが新蕎麦の芳醇な香り、三味線の厚い響きがするわけではなく、そうではなく …  きちんと ヴァイオリンの狂気と熱気、 高品質な松ヤニの薫りの話なのですが、 でもきっと、 杉原さんも太棹、それから信州蕎麦、お嫌いではないと思いますけれど。

今回はモーツァルトのオペラという事で、ヴァイオリンの華は 『 夜の女王のアリア 』 とか (?) そういった趣向になるのでしょうし、それはそれで大変楽しみな事なのですが、 きららかに空から降りそそぐ高域の輝きばかりに気を取られ うっとりしているのではなく、彼女の低域もしっかり受け止めないと もったいない、 と、 強く念ずる館主なのでありますっ!      お楽しみに。


関連記事
[ 2014/08/14 11:00 ] 公演予定・元 終了公演 | TB(-) | CM(-)