▲ ページ上へ



















小諸高校音楽科 第20回定期  2014 定演


小諸高校音楽科 第21回定期演奏会  2015/10/31 , 11/03 記事はこちらから。



 小諸高校音楽科 第20回定期演奏会 長野県小諸高等学校 音楽科 2014 定演

2013.11.03 ホクトホール



長野県小諸高等学校 音楽科  第20回 定期演奏会



横山 潤子   共演者

鈴木 輝昭   女声合唱とピアノのための組曲 『 女に 』 より
            こぶし 、 なめる   ( 第1集 )
            ともに 、 ここ     ( 第2集 )

寺嶋 陸也   女声合唱とピアノのための 『 女の象 』 より
            めぐってくる五月には

  高木 房雄   指揮
  水嵜 真衣   ピアノ


P.A. グレインジャー    リンカンシャーの花束
            Ⅰ リスボン
            Ⅱ ホークストー農場
            Ⅲ ラフォード・パークの密猟者
            Ⅳ 元気な若い水夫
            Ⅴ メルボルン卿

  中村 幸司   指揮


L.v. ベートーヴェン    交響曲第7番 より 第1楽章

  池内 宏明   指揮


P.I. チャイコフスキー   交響曲第5番 より 第4楽章

  渡辺 隆太   指揮


G.F. ヘンデル        オラトリオ 『 メサイア 』 より

1. Symphony (Sinfonia)
2. Comfort ye my people …   慰めよ、私の民を慰めよ …
   レチタティーヴォ・アコンパニャート ( 以下、アコンパニャート ) ( テノール独唱 )
3. Every valley shall be exalted …   もろもろの谷は高くせられ …
   アリア ( テノール独唱 )
4. And the glory of the Lord …   こうして主の栄光があらわれ …
   合唱
8. Behold, a virgin shall conceive …   見よ、おとめがみごもって …
   レチタティーヴォ ( アルト独唱 )
9. O thou that tellest good tidings to Zion …   よきおとずれをシオンに伝える者よ …
   アリア ( アルト独唱 )   合唱
12. For unto us a Child is born …   ひとりのみどり子が、私たちのために生れる …
   合唱
13. Pifa ( Pastoral Symphony )   ピファ ( 田園交響曲 )
   オーケストラ
14a. There were shepherds abiding in the field …   羊飼いたちが夜、野宿しながら …
   アコンパニャート ( ソプラノ独唱 )
14b. And lo. The Angel of the Lord came upon them …  すると 御使いが彼らのところに来て …
   アコンパニャート ( ソプラノ独唱 )
15. And the angel said unto them …   御使いは彼らに言った …
   レチタティーヴォ ( ソプラノ独唱 )
16. And suddenly there was with the angel …   すると たちまち その御使いと共に …
   アコンパニャート ( ソプラノ独唱 )
17. Glory to God in the highest …   いと高きところでは、神に栄光があるように …
   合唱
18. Rejoice greatly, O daughter of Zion …   シオンの娘よ、大いに喜べ …
   アリア ( ソプラノ独唱 )
19. Then shall the eyes of the blind be opened …   その時、見えない人の目は開かれ …
   レチタティーヴォ ( アルト独唱 )
20. He shall feed His flock like a shephard …   主は羊飼いのようにその群れを養い …
   アリア ( アルト、ソプラノ独唱 )

24. Surely He hath borne our griefs …   まことに彼は私たちの悩みを負い …
   合唱
25. And with His stripes we are healed …  その打たれた傷によって 私たちは癒されたのだ …
   合唱
26. All we like sheep, have gone astray …   私たちはみな羊のように迷って …
   合唱
40. Why do the nations so furiosly rage together …  なにゆえ もろもろの国びとは騒ぎたち …
   アリア ( バス独唱 )
42. He that dwelleth in heaven …   天を王座とする方は笑い …
   レチタティーヴォ ( テノール独唱 )
43. Thou shalt break them with a rod of iron …   おまえは鉄の杖をもって彼らを打ち破り …
   アリア ( テノール独唱 )
44. Hallelujah …   ハレルヤ …
   合唱

47. Behold, I tell you a mystery …   ここで、あなたがたに奥義を告げよう …
   レチタティーヴォ ( バス独唱 )
48. The trumpet shall sound …   ラッパが響いて …
   アリア ( バス独唱 )
53. Worthy is the Lamb that was slain … Amen …   ほふられた子羊こそは … アーメン …
   合唱


  高木 房雄    指揮

  竹内 直美    ソプラノ
  穴澤 ゆう子   アルト
  岡本 泰寛    テノール
  田島 達也    バス

  寺島 都志子   チェロ
  宮澤 雅希     ハープシコード


木下 牧子 ( 三好達治 詩 )       『 鴎 』



【 合唱 】

ソプラノ ( Soprano )

  髙橋 美妃   星野 萌   増田 彩音   窪田 佐紀   吉澤 有沙
  倉石 美優   芳賀 茉莉

メゾ・ソプラノ ( Mezzo-soprano )

  小池 祐香   小玉 理央   塚田 未紗   小林 綾音   斉藤 優香
  髙橋 京伽   宮島 玲美   日置 千裕   宮下 秋奈   横内 日菜子

アルト ( Alto )

  池田 綾乃   竹前 沙南   篠原 可帆   林 晃史
  松坂 綾花   北沢 彩乃   松下 紗弓


【 管楽 】

フルート ( Flute )

  山崎 千咲   荻原 理子   毛見 朱里   西澤 雪乃
  降籏 綺澄   久保田 菜月

オーボエ ( Oboe )

  笹平 幸那

クラリネット ( Clarinet )

  小山 香緒里   両角 恋子   上野 円香   江原 優月

サキソフォン ( Saxphone )

  藤沢 美雪   宮川 優理   柳沢 知香   月岡 穂南
  石黒 歩実   竹下 晶世

トランペット ( Trumpet )

  戸谷 美沙樹   福島 由也   内田 いぶき   佐々木 晶子
  田中 滉恭   米持 美穂   井上 優希   梅本 莉子
  菅島 果歩   那須野 太郎   古川 美歩   武藤 向日葵

ホルン ( Horn )

  一之瀬 恵   青木 夏帆   井上 愛望   霜村 萌

トロンボーン ( Trombone )

  古市 樹   藤井 雪帆

ユーフォニューム ( Euphonium )

  大島 美里   春原 佑香

チューバ ( Tuba )

  荻原 妃奈   石井 智渉   板倉 恵実

パーカッション = 打楽器 ( Percussion )

  倉﨑 千恵   戸谷 風太   永池 真美   荻原 瑠惟
  小野 悠   増田 ちひろ


【 弦楽 】

第一 ヴァイオリン ( 1st Violin )

  角田 楓   林 萌美   櫻井 亮輔

第二 ヴァイオリン ( 2nd Violin )

  黒岩 麻衣   竹村 美奈   鈴木 彩加

ビオラ ( Viola )

  小林 莉歌   塩川 優紀   腰原 茉美

チェロ ( Cello )

  茂手木 香衣   土橋 玲   湯澤 美神 ( 神は 示に申 )

コントラバス = ダブルベース ( Contrabass )

  岡部 まり子   安藤 直弥   神田 優人


【 吹奏楽部 】

オーボエ ( Oboe )

  荻原 智美   藤田 伽耶乃   松村 菜々子

ファゴット = バスーン ( Fagotto )

  笠原 侑真   齊藤 莉夏   福島 優花

クラリネット ( Clarinet )

  柳沢 美帆   竹内 亜希世   竹鼻 ひとみ   古田 あゆ美   土屋 美森

サキソフォン ( Saxphone )

  水口 早央利

ホルン ( Horn )

  黒柳 麻衣子

トロンボーン ( Trombone )

  下 悠太   川尻 麻由   田中 小夏

コントラバス = ダブルベース ( String Bass )

  林 健一   林 深愛


【 職員 】

  穴澤 ゆう子   岡本 泰寛   大工原 加奈子   有賀 ひとみ
  高木 房雄   依田 潤子   石橋 京子   北原 めぐみ
  寺島 都志子   池内 宏明   中村 幸司   渡辺 隆太
  上原 恭子   小林 祐治   中川 直子   須江 さやか   新津 尚治


【 卒業生 】

  加藤 大輔   竹内 直美   永瀬 惟   中山 友希   三矢 憲幸   吉田 飛鳥
  小池 真理   長瀬 佳音   中村 裕之   松谷 明日香   宮澤 雅希


【 賛助出演 】

  伊藤 椒太郎   大井 俊恵   小林 信子   清水 孝雄   鈴木 健二
  田中 剛   村上 あゆ美   今井 洋幸   北島 綾乃   近藤 玲   庄村 茂
  瀧澤 裕子   田中 美恵子   柳沢 宗一   岩下 不三夫   小島 遼子
  島田 一男   白石 一雄   田島 達也   宮坂 裕子   横山 弘


【 スタッフ 】

  井出 愛希子   樋沢 早帆美   浅川 睦   黒澤 ほのか   櫻本 佳奈
  須江 香奈   髙瀬 美桜   依田 円佳   助川 裕輝   宮澤 尚樹
  上原 百華   小林 ほのみ   島田 実佑   鈴木 都月   古畑 夏美


主催 長野県小諸高等学校
お問い合わせ ( 音楽科 )   ☎ 0267-22-1696


2014年11月02日 (日)  13:30
於 : 小諸市文化会館 ホール   ≫ アクセス   ≫ G map
〒384-0801 長野県小諸市甲1275番地2 小諸市文化センター ( 乙女湖公園内 )
☎ 0267-23-8880

2014年11月03日 (月・祝)  13:30
於 : ホクトホール 大ホール   ≫ アクセス
〒380-0928 長野県長野市若里1-1-3 ホクト文化ホール ( 長野県県民文化会館 )
☎ 026-226-0008

 小諸高校 音楽科  第20回 定期演奏会 ( 2014 定演 )

 小諸高校 音楽科  第20回 定期演奏会 ( 2014 定演 )


     ≫ 小諸高校 音楽科 第18回 卒業生演奏会 2014 卒演
     ≫ 小諸高校 音楽科 ( 関連 ) まとめ

     ≫ 中央大学音楽研究会混声合唱団 『 メサイア精読 』 『 メサイア対訳
     ≫ メサイア につきましては、下記、館主敬白 なども参照して頂けます。
        『 小諸高校音楽科 第19回定期演奏会 』 『 啓声会 メサイア 2013
        『 レチタティーヴォ・アコンパニャート とは? 』


 コンサート ご感想ページ へ



【 館主敬白 】 いよいよ始まりました。 音楽科の季節 到来です。 文化祭、夏合宿、クラスマッチとか競歩大会とか … それなりの盛り上がりはあったと思いますが、さぁ 本番。 1年生にとっては わけが分からないうちに過ぎてしまった半年だったかもしれませんし、3年生にとっては受験が目前に迫っています。 高校生活なんて @ いう間ですよね。 というか ( 高校生には信じられないかもしれませんが ) 、半世紀をはるかに越えて生きていても 人生なんて @ いう間です。 ^^

小諸公演もですが、長野の会場は収容人員が多く 毎年 客席が淋しいです。 昨年の画像を見て頂いてもお分かりかと思いますが、合唱付き管弦楽の演奏をするわけですし、けっして ステージが広すぎるとは思いません。 長野県下 唯一の音楽科の定期演奏会ですし、生徒の皆さんにも 客席数 2,000 人規模で、しかも優れたホールを 体験して頂きたいです。 ( 個人的に こよなく愛してやまない ) 東京上野の文化会館での デヴュー公演だって、ホクトホールと同じ規模だと分かっていれば、いくらかは心が落ち着くというものです。  たぶん。   ^^;

皆様にお願いです。 小諸公演もですが ( 強調のリフレイン ) 、『 皆さま お誘いあわせの上 』 で はな く っ!  一族郎党引き連れ、私のように逝きかけてる ジジイ は戸板に乗せて、見ず知らず、すれ違う 通りすがりの方にも縄をかけ、 皆さま 本気で 心から応援して頂きたいです。 これは、松本山雅の応援にスタジアムに行くのと同じ事です。 演奏は文句なく素晴らしいです! 頑張っている若者たちに 盛大な拍手を!  よろしくお願いいたします。

     *     *     *     *     *

第20回定期演奏会、聴かせて頂きました。 昨年は重厚、今年は軽快! 華やか! 毎年 微妙に違うのですが、それぞれ素晴らしいです。

まず、合唱が良かったです。 透き通った、峻烈な高原の石清水。 これ、たしか昨年も書いたと思いますけれど、今年はさらに 磨きがかかったなー と、 思いました。 女声の中に男声が一人。 たぶん ( 基本的に ) 女声三部なのでしょうが、 つまり 和音が響いてくるのですが、まるで一つの声が連れ添っている風情で こちらに届いて来ます。 全体のプログラムの中で 確かに華やかさには欠ける存在なのかもしれませんが、絶対 聴き逃す事は出来ません。

この合唱を昨年まで伴奏で支えていたM先生が他校へ移られてしまい、あぁ、今年はM先生のピアノ 聴けないなぁー、と 残念に思っていたのですが、今年は今年で 別のM先生が伴奏をされてました。 昨年のM先生をベートーヴェンに例えるなら、今年のM先生はショパンの響きで … また 来年の楽しみが増えました。

ちなみに 昨年のM先生、しっかりメサイアのチェンバロで参加されており、やっぱりM先生の音色が響いて来て 私は大満足でした。 アンコールの時などは チェンバロを弾きながら 一緒に歌を口ずさんだりして、楽しそうでした。 あの 『 ドングリまなこ 』 が 何とも可愛いのであります。 ^^


メサイアは、昨年いなかったアルトのソリストが加わりました。 その影響で曲数も3つ増えていました。 個人的には竹内直美さんを初めて聴かせて頂きました。 アルトのお母さんと元気なお嬢さん、って感じの、とても分かりやすいデュオで、好印象でした。 竹内さん、Web の画像でしか拝見してなかったのですが、小顔の美少女で、ますます応援したくなってしまいました。


ひとつだけ 残念だったのは、コンサート・マスターの男の子。 名簿を見るとまだ一年生? ヴァイオリンは副科かもしれません。 まだ 弓のアップ・ダウンを そろえるだけでも大変だった様子。 ベートーヴェンやチャイコフスキー、ヘンデルの大曲がどんどん続きますしね。

合唱は中学時代の校内合唱コンクール、楽器は縦笛くらいしか持った事の無い私なので、 これはヴィジュアルだけの話ですが … もっと堂々とやってほしかったです。 弓の手元の方、15㌢程をほとんど使っておらず、 基本のポジションも15㌢先っぽに片寄ってました。 あれでは 激しい音、大きい音は出ないと思います。 何より 演奏全体が小さく見えてしまいます。 横でアシスタントを務めていた先生 ( たぶん 担当の先生なのでしょう。 譜めくり だけではなく、彼を暖かく見守り、サポートする様子が美しかったです。 ) が颯爽と弾いているだけに、どんなに応援して見ているからといっても、どうしても 残念な想いが残ってしまいました。

コンサート・マスターって、例えば指揮者が破たんして2小節消滅してしまった時とか、 そうでなくても信用できない指揮者の時など、オーケストラ全体がコンサート・マスターを見て演奏する存在です。 頼れるキャプテン。 一生に、もう二度と味わえないかもしれない、ビッグ・チャンスですよ! しかも、客席まで含めて 皆が暖かく応援しているのです。 評論家や試験官なんて どこにもいません。 多少の 勇み足 は全然平気、恐れる事なんて何もないです。 そんな事より 振りだけでも堂々としていて下さい。 曲全体、演奏全体、オーケストラ全体が数倍ダイナミックに美しく聴こえる事間違いなしですっ! 指揮者に握手を求められて 「 え゙? 私でいいんですか? 」 みたいなそぶりは厳禁。 オーケストラの仲間、応援してくれている沢山の方々に失礼です。

君のこれからの人生、とくに演奏家としての人生の中に、こんな修羅場は いくらでもやってきます。 ひるまず、怖気づかないで頑張って下さい。

昨年のコンサート・マスターは 生徒さんではなかったように見受けられました。 今年も どうしたものかと、指導者の先生方は悩まれたかもしれません。 でも、私は この教育的配慮と英断に、プレッシャーの中で頑張った本人と共に 大拍手を送らせて頂きたいです。


最後に。 今年もたくさんの方が応援にかけつけて来られてました。 卒業生、移動された先生方ばかりではありません。 地域の音楽家の方々。 男声合唱では、地元の合唱団の方の応援はバランス的に大変大きいです。 オーケストラでは、アンサンブル・ノヴァ を中心とした方々、ありがとうございました。 これからも よろしくお願い致します。

微力ですが、当館も 小諸高校音楽科を ますます盛り上げていかねば! と、思った次第です。



【 館主つぶやき 】 今年のパンフレットは、華やかな黄金のデザインでした。 昨年の、青を基調としたものも 清々しくて素敵でしたが、今年のものは 豪華さが加わりました。

ただ、1点 気になってしまうのは、画像の両端が切れている事です。 演奏してたのに、画面に入っていない方が いらっしゃいます。 それから、作曲家の鈴木輝昭さんの 『 昭 』 の字も 『 明 』 になってます。 校正漏れですね。

本当は、登壇していない 舞台裏のスタッフも含め、多くの方が協力してステージを創っています。 そこには、作曲家や ポスターやプログラムを作るデザイナーさんも、印刷会社も運送の方も含まれているのです。 そこのところの デリカシーが、もう少し欲しかったかなぁ、 と 思いました。

映画を見ても、プログラムを渡されても、
最後のクレジットまで しっかり見届けて頂きたいものです。

        *        *        *        *        *

よだっと音楽館 最初の記事は、1年前、前回の小諸高校音楽科 第19回定期演奏会でした。 コンサート前日の深夜になって、たまたまパンフレットを見かけ、あわててスキャナーにかけ、作り始めたのを覚えています。 アップしたのは、たしか もう当日になっていたような。   おぅ、ようやく 一巡しました。 これから二巡目に入ります。 現在、コンテンツ数 55。 補助ページ 11。

当面の目標、100コンテンツ。 10,000 ユニーク。 ドメイン・エイジ 3年。

質を下げる事なく 達成させていきたいです。 引き続き ご協力、お願いいたします。 館主。


関連記事
[ 2014/11/02 13:30 ] 公演予定・元 終了公演 | TB(-) | CM(-)