▲ ページ上へ

















小諸高校音楽科 第18回卒業演奏会  2014 卒演


小諸高校音楽科 第19回卒業生演奏会 2015/12/06 記事はこちらから。



長野県小諸高等学校 音楽科  第18回 卒業生演奏会 2014
   平成26年度、卒業予定者による ソロ・演奏会



岡部 まり子   ピアノ
   C.ツェルニー      『 ツェルニー 50番練習曲 』 より   “ 第11番 ”
   L.v.ベートーヴェン   ピアノソナタ第6番 ヘ長調 Op.10-2   第1楽章

荻原 妃奈    チューバ     ( 水嵜 真衣  ピアノ )
   A.レベデフ   チューバ協奏曲第1番

小池 祐香    ピアノ
   J.ブラームス   2つのラプソディー Op.79-1

小山 香緒里   クラリネット     ( 吉田 千佳子  ピアノ )
   C.サンサーンス   クラリネットソナタ 変ホ長調 Op.167   第1、第4楽章

戸谷 美沙樹   トランペット     ( 水嵜 真衣  ピアノ )
   V.ブラント   演奏会用小品第2番 Op.12

小玉 理央    ピアノ
   M.ラヴェル   『 クープランの墓 』 より
          “ Ⅰ プレリュード ”  “ Ⅲ フォルラーヌ ”  “ Ⅳ リゴドン ”   

池田 彩乃    声楽 ( アルト )     ( 窪田 佐紀  ピアノ )
   團 伊玖磨    秋の野
   R.シューマン   『 ミルテの花 』 より   “ 1 献呈 ”
   C.W.グルック  歌劇 『 オルフェオとエウリディーチェ 』 より  “ エウリディーチェなしに ”

藤沢 美雪    サクソフォン     ( 水嵜 真衣  ピアノ )
   C.A.ドビュッシー   アルトサクソフォンとピアノのためのラプソディー

     *     *     *     *     *

倉﨑 千恵    打楽器 ( パーカッション )
   L.グラソック   モーション

小林 莉歌    ピアノ
   S.プロコフィエフ   ピアノソナタ第6番 ヘ長調 Op.82   第1楽章

笹平 幸那    オーボエ     ( 水嵜 真衣  ピアノ )
   J.W.カリヴォダ   サロンのための小品 Op.228

福島 由也    トランペット     ( 安藤 直弥  ピアノ )
   T.ハンセン   コルネットソナタ Op.18

髙橋 美妃    ピアノ
   C.A.ドビュッシー   『 ピアノのために 』 より   “ 3 トッカータ ”

角田 楓     ヴァイオリン     ( 櫻井 亮輔  ピアノ )
   W.A.モーツアルト   ヴァイオリン協奏曲第3番 ト長調 K.216   第1楽章

竹前 沙南    ピアノ
   L.v.ベートーヴェン   ピアノソナタ第3番 ハ長調 Op.2-3   第1楽章

宮川 優理    サクソフォン     ( 水嵜 真衣  ピアノ )
   R.ビンジ   アルトサクソフォンとオーケストラのための協奏曲

     *     *     *     *     *

戸谷 風太    打楽器 ( マリンバ )     ( 朝倉 真奈美  ピアノ )
   P.クレストン   マリンバ小協奏曲   第1、第2楽章

塚田 未紗    ピアノ
   F.シューベルト   『 4つの即興曲 D935 』 より   “ 第2番 変イ長調 Op.142-2 ”

古市 樹     トロンボーン     ( 安藤 直弥  ピアノ )
   E.ウエィゼン   バストロンボーン協奏曲   第1楽章

星野 萌     ピアノ
   L.v.ベートーヴェン  ピアノソナタ第17番 ニ短調 『 テンペスト 』 Op.31-2  第3楽章

柳沢 知香    サクソフォン     ( 水嵜 真衣  ピアノ )
   P.クレストン   サクソフォンソナタ Op.19

増田 彩音    声楽 ( ソプラノ )     ( 小林 莉歌  ピアノ )
   G.ロッシーニ   『 音楽の夜会 』 より   “ 1 約束 ”
   中田 喜直    むこう むこう
   W.A.モーツアルト   歌劇 『 ドン・ジョバンニ 』 より   “ ぶってよ、マゼット ”

茂手木 香衣   ピアノ
   L.v.ベートーヴェン  ピアノソナタ第17番 ニ短調 『 テンペスト 』 Op.31-2  第3楽章

山崎 千咲    フルート     ( 水嵜 真衣  ピアノ )
   F.マルタン   バラード



長野県小諸高等学校 音楽科   平成26年度 担当職員

学校長  木内 清
教頭   金井 修一

音楽科主任  池内 宏明 ( ピアノ、音楽理論、ソルフェージュ、重奏、合奏 )

有賀 ひとみ  ( ソルフェージュ、音楽理論、重唱、合唱 )
高木 房雄   ( 声楽、音楽史、和声、ソルフェージュ、重唱、合唱 )
中村 幸司   ( 演奏法、ソルフェージュ、重奏、合奏 )
依田 潤子   ( ソルフェージュ、重奏、合奏 )
渡辺 隆太   ( 音楽史、音楽理論、ソルフェージュ、重奏、合奏 )
須江 さやか  ( 合唱、器楽 )


専任講師

声楽
  穴澤 ゆう子   岡本 泰寛   髙原 亜希子   徳武 雪子
  古市 善子   牧野 真由美   柳沢 亜紀

ピアノ
  朝倉 真奈美   大島 優子   大森 晶子   小澤 英世
  御邊 典一   高坂 朋聖   寺田 智子   深沢 雅美
  三村 隆文   水嵜 真衣   村上 直行   吉田 たまき   吉田 千佳子

弦楽器
  石川 めぐみ   大工原 加奈子   中川 直子   北原 よし子   ( ヴァイオリン )
  上原 恭子   ( ヴィオラ )
  寺島 都志子   ( チェロ )
  石橋 京子   當仲 絵理   ( コントラバス = ダブルベース )

管楽器
  粟生田 直樹   ( クラリネット )
  上田 仁   閏間 健太   ( トランペット )
  荻原 松美   ( 打楽器 = パーカッション )
  小林 祐治   ( ホルン )
  小山 弦太郎   ( サクソフォーン )
  棚田 和彦   ( トロンボーン )
  田渕 哲也   ( オーボエ )
  西田 紀子   ( フルート )
  沼山 紘史   ( ユーフォニューム )
  山上 貴司   ( ファゴット = バスーン )
  松下 裕幸   ( チューバ )

電子オルガン
  赤塚 博美   米山 恵美


主催 長野県小諸高等学校
お問い合わせ ( 音楽科 )   ☎ 0267-22-1696


2014年11月30日 (日)  11:00     ( ※ 昼食休憩あり。 )

於 : 小諸市文化会館 ホール   ≫ アクセス   ≫ G map
〒384-0801 長野県小諸市甲1275番地2 小諸市文化センター ( 乙女湖公園内 )
☎ 0267-23-8880

 長野県小諸高等学校 音楽科  第18回 卒業生演奏会 2014 卒演

 長野県小諸高等学校 音楽科  第18回 卒業生演奏会 2014 卒演


 長野県小諸高等学校 音楽科 第18回 卒業生演奏会 2014 卒演

     ≫ 小諸高校 音楽科 ( 関連 ) まとめ

 コンサート ご感想ページ へ


【 館主敬白 】 奏者が登場する前、客席から拍手が起こる前に 舞台裏から 低く鈍く 拍手が響いて来ます。 これから一人でステージに立つ若者を、仲間たちが皆で応援しているのです。 このコンサートならではの光景です。 ぜひ お聴き逃しなく。

音楽科の華が定期演奏会だとするなら、真髄はこの卒業生演奏会にあると思っています。 奏者は一人でステージに立ち、誰も助けてくれません。 というか、誰も助けてあげられません。 つまづいても 滑っても やり直しはききません。 しかも、このコンサートは 実技の卒業試験も兼ねているのだとか。 大変です。

でも、これから彼ら、彼女たちが演奏家として生きていこうと思うなら、これは避けて通れない道なのです。 このコンサートは、もしかしたら その第一歩、というか、第一歩のための肝試し みたいなものかもしれません。 どうか 怯まずに、果敢に立ち向かっていって頂きたいです。

若者たちの 本気の演奏です。 私も 心を込めて 応援させて頂きます。



【 館主つぶやき 】 お約束どおり、心を込めて応援させて頂きに行ってまいりました。 心を込めて行ってまいりましたので、僭越ながら書かせて頂きます。

ちょっと残念な、詰めの甘い演奏会でした。 中にはそうでない人も いた と書きたいのですが、そういう人は見当たりませんでした。 一番 気になったのは、ピアノのミスタッチ。 割と平易な曲の演奏も含め、全員が必ずミスしてました。 ミスタッチも 勢い余ってのもの、上手にごまかしてくれた時、そんなのは許せるし、場合によっては ブラボー! ですらあるのですが、そうではありませんでした。 それから、ピアノの人は 演奏曲や作曲者による音色の使い分け なども、もっと意識して欲しいです。 ヴァイオリンとトロンボーンは 音程が甘いです。 全ての音符を ピタ! っと決めて下さい。 不安定もですが 曲の途中で音程を探らないでください。 聴いていて悲しくなってきます。 それから管楽器の皆さん、とくにこの季節、楽器は温め続けていなければ。 控室を出る前からステージ上に出るまで、息を吹き込み続けていなければ。 以上、なんかコンクール前の中学生に言うような事ですよね。 音楽科の生徒が今頃言われるような内容ではないですよね。

人間が演奏するのですから、何故かうまくいっちゃう人、どうしてこんなところでつまづくの? って人、そういう演奏が正規分布曲線どおりに現れるのは、ある意味 仕方のない事かもしれません。 ただ、この日の演奏が正規分布曲線どおりだったと言われると、私は大不満です。 これは指導する先生方の問題です。 なにか、物分かりのいい、優しい先生方ばかりなのかなぁ。 音楽の厳しさの その先にある歓びを伝え、嫌われ者に徹した鬼軍曹はいらっしゃらないのかなぁ。 それから、音楽を愛し 真摯に努力をしており 周囲に積極的な影響力も持つ、そんなリーダーシップを持つ生徒さんの育成も重要だと思います。
若者たちの将来のために、先生方の本気の猛省をお願いしたいです。

     Va, pensiero, sull'ali dorate

トランペットの戸谷さん、ソプラノの増田さん、もう一度演奏を聴かせて頂きたいです。 機会がありましたら ぜひ、よだっと音楽館まで ご連絡ください。 よろしくお願い致します。

     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

2015/04/26 追記させて頂きます。

心に沁みるページを見かけました。

吉瀬弥恵子さんという、ヴィオラ で パリのコンセルヴァトワールを首席で卒業された方のブログです。 ぜひ、参考にして頂きたいと思います。

そのページに貼ってあった動画ですが、こちらにも貼らせて頂きました。



関連記事
[ 2014/11/30 11:00 ] 公演予定・元 終了公演 | TB(-) | CM(-)