▲ ページ上へ


















演奏家の卵たち 3 in こだまホール 2015

 坂口あかり さかぐちあかり クラリネット奏者  傳田実咲 でんだみさき ソプラノ  梨本卓幹 なしもとたくみ ピアノ奏者 ピアニスト  蓬田奈津美 よもぎだなつみ トランペット奏者  早川愛 はやかわまな ピアノ奏者 ピアニスト  前島眞奈美 まえじままなみ メゾソプラノ

信州発 『 演奏家の卵たち 』 vol.3 in 信州国際音楽村 こだまホール
地元出身、期待の新人演奏家6人によるコンサート 2015



坂口 あかり    クラリネット    ( ピアノ 町田 莉佳

   プーランク   クラリネットとピアノのためのソナタ

傳田 実咲     ソプラノ      ( ピアノ 堀内 実和子 )

   ウェーバー      歌劇 『 魔弾の射手 』 より “ 亡き叔母が見た夢 ”
   R.シュトラウス    黒い髪をひらいて Op.19 - 2
                万霊節 Op.10 - 8
   中田 喜直      髪
   プッチーニ      歌劇 『 ラ・ボエーム 』 より “ わたしが街を歩くと ”

梨本 卓幹     ピアノ

   ラベル   高雅で感傷的なワルツ

蓬田 奈津美   トランペット    ( ピアノ 腰原 菜央

   ベーメ   トランペット協奏曲 ヘ短調

早川 愛      ピアノ

   ブラームス    『 6つの小品 』 Op.118 より   “ 2. 間奏曲 ”   “ 3. バラード ”
   ラフマニノフ   『 楽興の時 』 Op.16 より     “ 3 ”   “ 4 ”

前島 眞奈美   メゾソプラノ   ( ピアノ 渡辺 香花 )

   モーツアルト   歌劇 『 フィガロの結婚 』 より “ 恋とはどんなものかしら ”
   ドニゼッティ    真夜中に
              一滴の涙
   西條八十・詩 橋本國彦・曲     お菓子と娘
   島崎藤村・詩 弘田龍太郎・曲   小諸なる古城のほとり


主催 : 『 音の卵 』   お問い合わせ  ☎ 0268-64-1164 ( 大森 )      ≫ ブログ

プレイガイド : 信州国際音楽村琴光堂楽器店平安堂上田店ヒオキ楽器佐久平店


2015年03月28日 (土)  14:00

於 : 信州国際音楽村 ホールこだま ( こだまホール )     ≫ アクセス
〒386-0411 長野県上田市生田 2937-1   ☎ 0268-42-3436

 信州発 演奏家の卵たち vol.3

 信州発 演奏家の卵たち vol.3



 コンサート ご感想ページ へ


【 館主敬白 】  このコンサートをご紹介するのも2度目となりました。 2月21日 の 『 浅草・うた散歩 』 同様、昨年と違うところ、同じところなど、なかなか興味深いです。 それにしても 大森さん、良い仕事 ( 道楽? ) をされてますね。 ご迷惑は承知で、当館は当館なりの応援をさせて頂きます。

詳細は クオーレ・ド・オペラ の ボエーム公演ページをご覧頂くとして、私、ムゼッタ・ワルツ 大好きなのであります。 って事は 評価も厳しくなってしまうって事ですが … まあいいです。 大学生、と言う事で大目に見ます。 なにも Ainhoa Arteta さんや Netrebko さんのように歌ってくれとは申しません。 でも、2012年、東京音大105周年記念 『 ボエーム公演 』 で歌った鈴木玲奈さんに負けないくらいの強い気持ちと緊張感で臨んでほしいですけれど!   ( この公演には、パーカッション奏者の池田恭子さんがバンダで出演されています。 フル映像あります。 )

※ 補遺。 強い気持ち、と言う意味では、2013年、軽井沢でのメリー・ウィドウ公演におけるヴァランシエンヌ役の小林さや香さんも素晴らしかったです。 ソロ・コンサートも ぜひ拝聴したいです。


早川愛さんには、昨年暮れ、コンサートの掲載依頼を頂き、当館でも紹介させて頂きました。 ありがとうございました。 頑張って下さいね。 引き続き 応援させて頂きますね。

前島眞奈美さん。 知り合いの女性 ( おばさん ) が絶賛しています。 このひと、好き嫌いがはっきりしていて こだわりもあり、 “ 惚れ込んだら一途 ” みたいな … 恋人にするには勇気のいる方なのですが、当館のエージェントとしては超・優秀で信頼も出来ます。 このおばさんが言うんだから確かだと思います。 私としては、いつも プログラムの中に日本の歌が入っている事が最高評価です。 今年は出身地の小諸の歌もあるようです。 小澤征爾さんも、海外公演では 武満徹さんをはじめとする 日本の作曲家の作品を盛んに取り上げていらっしゃいます。 「 私は日本の、長野県の小諸で育ちました。 根っこには まだ小諸の土が いっぱい付いてます。 」 って気持ち、ぜひ、いつまでも忘れないで頂きたいです。 根っこには土が付いていた方がいいです。 前島さんの未来が、豊かに大きく開かれていきますように!


あまり話題に取り上げられる機会がないですが、小諸高校からは伝統的 に優秀な管楽器奏者の方も多数巣立っています。 ささやかな私の体験を言わせて頂くと、クラリネットの厚く太い低域の音色、トランペットの超絶タンギングと明るく華やかな高音、これらは特筆できると思います。 どなたの演奏を聴かせて頂いても そうなので、これは指導者が素晴らしい、プラス 伝統と言うやつなのでしょう。 指導者と言えば 東信地区には浅野先生と言う小学校の吹奏楽では全国的に有名な指導者がいらっしゃいます。 浅野先生が頑張って来られた道のりが、陰に日向に、長野県の若い管楽器奏者たちに与えた影響も忘れてはいけないと思います。

と、そんな事を想っていたら …  今年はしっかり クラリネット と トランペット が プログラムに載っているではないですか。 やっぱ なー。 すっごく楽しみですよねっ! 特に蓬田さんは、昨年暮れ、ホクトの大ホールでオーケストラをバックにトランペット協奏曲を演奏されています。 ( 蓬田さんの演奏ではありませんが ) 小諸高校の定期演奏会で、メサイアのピッコロ・トランペットを忘れられない私は、いつか 蓬田さんのソロの演奏も聴かせて頂きたいと常々思っておりました。 まさか こんなに早く その機会が訪れるとは。

関連記事
[ 2015/03/28 14:00 ] 公演予定・元 終了公演 | TB(-) | CM(-)